下蒲刈町営バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
町営バスのバス停
(1998年当時)

下蒲刈町営バス(しもかまがりちょうえいバス)は、広島県安芸郡下蒲刈町にてかつて運行していた自治体バスである。

概要[編集]

  • 町内の交通弱者の交通手段確保のため、運行開始した[1]
  • 運行形態は、道路運送法の規定に基づく自家用自動車(白ナンバー車)による有償運送(いわゆる80条バス)であった。

沿革[編集]

路線[編集]

以下1路線があった。 

  • 見戸代桟橋 - 大地蔵西

車両[編集]

町営バスの車両(1998年当時)


その後[編集]

  • 呉市への編入後、町営バスは民間委託化され、現在はひまわり交通が受託運行している。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『下蒲刈町史 図説通史編』(呉市)P438
  2. ^ 第4回呉市・下蒲刈町合併協議会 協議事項 協議第32号 バス運行事業の取扱いについて(呉市公式HP) (PDF)