下郡信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
下郡信号場
豊肥本線の列車内から見た構内
豊肥本線の列車内から見た構内
しもごおり
Shimogōri
所在地 大分県大分市大字下郡
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
電報略号 シコ
駅構造 地上
開業年月日 1967年昭和42年)8月13日*
乗入路線
所属路線 日豊本線
キロ程 135.1km(小倉起点)
大分 (2.2km)
(1.1km)
所属路線 豊肥本線
キロ程 145.8km(熊本起点)
滝尾 (2.9km)
(2.2km) 大分
* 初代は1914年大正3年)4月1日開業、1963年(昭和38年)3月20日廃止。
テンプレートを表示

下郡信号場(しもごおりしんごうじょう)は、大分県大分市大字下郡にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線豊肥本線信号場である。

構造[編集]

下郡信号場の配線図(概略)

大分駅より鹿児島方約2.2 kmの地点にあり、大分鉄道事業部大分車両センターでの列車回送(入出庫)のために設置されている。単純な単線分岐型の信号場であるため、列車の交換・待避はできない。

鹿児島方より大分車両センターからの入出庫線が、日豊本線に属する回送線(運転士時刻表上では「中通路線」と呼称)および豊肥本線に合流する。この回送線は2014年3月14日までは日豊本線の本線であったが、日豊本線の貨客用新線を大分駅 - 牧駅間に設置し、それまでの本線線路を回送線とした。そのため、大分駅と当信号場間は3本の線路が単線並立の形で設置されている。またこれに伴い、日豊本線の本線から大分車両センターへの入出場はできなくなった。

豊肥本線の閉塞方式は当信号場を境にして変わり、大分方面が自動閉塞式(単線)、熊本方面が特殊自動閉塞式(軌道回路検知式)となる。

周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1914年大正3年)4月1日 - 豊州本線・犬飼軽便線開業に伴い両線の分岐点に下郡連絡所開設(初代)。
  • 1922年(大正11年)
    • 4月1日 - 下郡信号場に改称。
    • 9月2日 - 線名改称 犬飼軽便線→犬飼線(軽便線の呼称廃止)。
  • 1928年昭和3年)12月2日 - 犬飼線延伸開業・全通に伴い豊肥本線に線名改称。
  • 1932年(昭和7年)12月6日 - 豊州本線延伸開業・全通に伴い日豊本線に線名改称 。
  • 1963年(昭和38年)3月20日 - 大分-下郡信号場間での日豊本線・豊肥本線の線路分離に伴い初代信号場廃止。
  • 1967年(昭和42年)8月13日 - 大分電車区(当時)への分岐点として初代と同場所に信号場開設(2代目)。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により九州旅客鉄道に継承。
  • 2006年平成18年)3月18日 - 大分駅周辺高架化工事の進捗に伴い、日豊本線の大分駅・大分車両センター間に信号場を設置。
  • 2014年(平成26年)3月15日 - 大分駅周辺高架化工事の進捗に伴い、日豊本線の大分駅・牧駅間に新線を設置。かつての線路を「中通路線」と改称。この日を境に日豊本線への分岐および日豊本線からの車両センター入場ができなくなる。

隣の施設[編集]

九州旅客鉄道
日豊本線
大分駅 - 下郡信号場 - 牧駅
豊肥本線
滝尾駅 - 下郡信号場 - 大分駅