下野上田藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

下野上田藩(しもつけかみだはん)は、江戸時代中期の下野に短期間存在した藩。藩庁は都賀郡上田(現在の栃木県下都賀郡壬生町大字上田)に置かれた。

藩史[編集]

元禄5年(1692年)2月7日、徳川綱吉の寵臣であった安房東条藩主・西郷寿員は、下野国都賀郡・河内郡芳賀郡に所領を移された。これにより、下野上田藩が立藩した。

だが、寿員の養父で隠居西郷延員が、不行状の咎を受けて寿員預かりの蟄居の身になると、寿員もその余波を受ける。翌元禄6年(1693年)11月、寿員は養父と同じく不行状・勤務怠慢などの罪を咎められて所領の半分を没収され、下野上田藩は2年足らずで廃藩となった。以後、西郷家は5,000石の交替寄合となった。

歴代藩主[編集]

西郷家[編集]

譜代。1万石。

  1. 寿員

関連項目[編集]