下野六太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
下野 六太
しもの ろくた
生年月日 (1964-05-01) 1964年5月1日(55歳)
出生地 日本の旗 福岡県北九州市八幡西区
出身校 島根大学教育学部
前職 中学校教員
現職 参議院議員
所属政党 公明党
公式サイト しもの六太オフィシャルサイト

選挙区 福岡県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2019年7月29日 - 現職
テンプレートを表示

下野 六太(しもの ろくた、1964年5月1日 - )は、日本の政治家、元教諭公明党所属の参議院議員

来歴[編集]

北九州市八幡西区出身。太宰府市立学業院中学校福岡県立筑紫高等学校を経て、1987年3月に、島根大学教育学部を卒業。2018年に、福岡教育大学大学院の修士課程を修了。

1989年4月に、公立中学校保健体育科教諭地方公務員)として採用。2018年6月に退職。

中学校教員の在職中に、第59回読売教育賞(保健体育の教員部門)最優秀賞・文部科学大臣優秀教員表彰を受賞したり、ニュースウオッチ9や、世界一受けたい授業に出演などもした[1]

2019年7月21日執行の第25回参議院議員通常選挙福岡県選挙区に公明党公認・自由民主党推薦で出馬し、2位で初当選した[2][3]

政策[編集]

  • 憲法改正問題については「どちらかと言えば変える必要はない」とている[4]
  • 消費税増税には「やむをえない」[4]
  • 同性婚ついて「どちらかと言えば賛成」[4]
  • 女性天皇に「どちらかと言えば賛成」[4]

役職[編集]

公明党[編集]

  • 教育改革推進本部事務局次長
  • 国会対策副委員長
  • 遊説局次長

脚注[編集]

  1. ^ 先生プロフィール 下野六太先生【保健体育】”. www.ntv.co.jp. 日本テレビ 世界一受けたい授業. 2019年7月24日閲覧。
  2. ^ 自公 危なげなく2議席 松山氏、大差でトップ 新人下野氏2位当選” (日本語). 西日本新聞ニュース. 2019年7月24日閲覧。
  3. ^ 公明の下野六太氏が初当選…福岡選挙区” (日本語). 読売新聞オンライン (2019年7月21日). 2019年7月24日閲覧。
  4. ^ a b c d 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2019参議院選挙:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年7月25日閲覧。