下野新聞模擬テスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

下野新聞模擬テスト(しもつけしんぶんもぎてすと)は、下野新聞社が行っている中学生を対象にした栃木県立高等学校一般入試対策の模擬試験である。別名「下野模試」と呼ばれる[1]

下野新聞模擬テストの問題用紙・解答解説集

概要[編集]

中学生を対象に実施され、1年生は3月、2年生は8月と3月、3年生は6月と8月、10月、11月、12月、1月に受験することができる[2]会場は中央会場として指定される私立大学や私立高等学校の校舎3〜5ヶ所に加え[2]、協力関係にある学習塾がある[1]。また一部中学校では校内での受験を導入している他、郵送による海外受験も可能となっている。出題形式は栃木県立高校一般入試に準じたものとなっており、受験時点での進行度を考慮した問題が出題される[3]

(栃木県立高校一般入試は英語リスニングを含め、すべて筆記試験である。マークシート形式ではない。)

下野新聞模擬テスト個人成績表

採点後、順位や選択した高等学校の合格可能性などの情報と共に成績が返却される[3]。なお、県内国私立学校・一部の県外公私立高校を含め1・2年生は最大2校、3年生は最大4校のデータを得ることができる。なお、中高一貫校である宇都宮東高校矢板東高校佐野高校は特例を除き特色選抜のみを行うが、志望校として記入することが可能となっている。

また問題の解説を動画形式で公開している。(※ただし、下野新聞社が提供している中学生サポートクラブ「中サポ[4]」会員のうち特別会員[=下野新聞の定期購読]を必要としている。)

2018年12月の中学3年生向けの回では約1万2千人が受験した[5]。当時の栃木県内の中学3年生は18,121人であり[6]、そのうち6割超が受験していることになる。

歴史[編集]

1957年に第1回が実施された[3]。過去には栃木新聞社の提供する「栃木模試」を含め2種類の模擬試験が存在したが、栃木新聞が下野新聞社へ合流したことから現在は下野新聞模擬テストのみとなっている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 下野模試に中3生6000人 苦手部分把握し、今後に生かす」『下野新聞』、2019年6月24日。2019年11月6日閲覧。
  2. ^ a b 日程・会場”. 2019年11月6日閲覧。
  3. ^ a b c 下野模試とは…”. 2019年11月6日閲覧。
  4. ^ 中サポ | 下野新聞中学生サポートクラブ” (日本語). 2019年11月7日閲覧。
  5. ^ 志望校目指し腕試しに1万2000人 栃木県内500カ所で第5回下野新聞模擬テスト」『下野新聞』、2018年12月11日。2019年11月6日閲覧。
  6. ^ 平成30年度学校基本統計(学校基本調査報告書)”. 2019年11月6日閲覧。