下須崎詔一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
下須崎 詔一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県
生年月日 (1944-09-08) 1944年9月8日(74歳)
身長
体重
174 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1963年
初出場 1964年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

下須崎 詔一(しもすざき しょういち、1944年9月8日 - )は、鹿児島県出身の元プロ野球選手。ポジションは外野手

来歴・人物[編集]

鹿児島商業高校では1962年、3年生の時に中堅手として第44回高校野球選手権に出場を決めるが、練習中に足を骨折し欠場を余儀なくされる。チームは同期の左腕エース浜崎正人の好投もあり準々決勝に進出するが、木俣達彦林俊宏のいた中京商業高校に11-2で敗れた[1]。他の高校同期に三塁手中原勝利、2年下のチームメートに控え投手の秋葉敬三がいる。

1963年西鉄ライオンズへ入団。1965年にはジュニアオールスターにも出場している。左打者の多い西鉄で貴重な右の代打として活躍、1968年には主に中堅手左翼手として43試合に先発出場を果たしている。その後も準レギュラーとして起用されるが、段々と出場機会が減り1971年限りで引退した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1964 西鉄 10 15 15 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .133 .133 .133 .267
1965 22 38 33 2 5 0 0 1 8 4 0 0 2 2 1 0 0 6 4 .152 .176 .242 .419
1966 57 85 81 4 18 4 0 2 28 6 2 0 2 0 2 0 0 17 0 .222 .241 .346 .587
1967 31 46 44 4 13 2 0 0 15 3 3 0 1 0 1 0 0 8 0 .295 .311 .341 .652
1968 96 212 191 17 44 10 1 3 65 18 8 2 3 3 14 0 1 25 4 .230 .286 .340 .627
1969 56 92 85 6 18 2 0 1 23 4 0 1 1 0 5 0 1 13 1 .212 .264 .271 .534
1970 74 89 82 9 20 0 0 4 32 14 1 0 2 1 4 0 0 14 1 .244 .279 .390 .669
1971 31 35 34 3 4 0 0 0 4 2 0 0 0 1 0 0 0 3 2 .118 .118 .118 .235
通算:8年 377 612 565 45 124 18 1 11 177 51 14 3 11 7 27 0 2 87 13 .219 .258 .313 .571

背番号[編集]

  • 59 (1963年 - 1964年)
  • 35 (1965年 - 1967年)
  • 25 (1968年 - 1971年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]