下高野橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
大阪府道26号標識

下高野橋(しもこうやばし)は、大阪市東住吉区大和川に架かる

概要[編集]

下高野橋 (旧橋:2009年10月撮影)

府道大阪狭山線旧道(旧下高野街道)の大和川を越える位置に架かる橋で、現在の橋は2013年(平成25年)に架け替えが竣工している。

架け替え前の橋は1927年(昭和2年)竣工の鋼板桁橋で、橋脚一脚につき細いコンクリート柱が3本用いられていた。14脚15径間は21世紀に存在していた大和川の橋の中では際立って多かった。1970年(昭和45年)に歩道部分の拡幅がおこなわれた。 下流にバイパス橋(行基大橋)が架けられており交通量は少ないものの橋自体の老朽化が進行し、2002年(平成14年)から上流側に新しい橋を架け替える事業が行われていた[1]

主要諸元(架け替え後)
  • 形式:桁橋(連続桁3径間)
  • 橋長:188.2m
  • 幅員:14m
  • 位置:大阪市東住吉区矢田5丁目(右岸)、矢田7丁目(左岸)
主要諸元(架け替え前の旧橋)
  • 形式:単純I型桁
  • 橋長:180.4m
  • 幅員:7.86m (車道5.22m+歩道1.33m×2)
  • 径間数・支間:12.2m+13×12.0m+12.2m

脚注[編集]

関連項目[編集]