下鴨中通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

下鴨中通(しもがもなかどおり)は京都市左京区の南北の通りの一つ。北は北山通から、南は下鴨本通御蔭通の交差点まで。北大路通から御蔭通の間は南行一方通行である。沿道は住宅街で、北大路通以南の一部区間は商店街となっている。北山通から北大路通に至るまでは資料館、コンサートホール、大学など文化施設が並ぶ。

京の七口の1つとして挙げられる「鞍馬口」から延びる東鞍馬口通以北は、鞍馬へ至るかつての鞍馬街道にあたる。かつては下鴨を南北に貫くメインストリートであり、「下鴨本通」を名乗っていた[1]1928年昭和3年)5月10日植物園前から出町[2]の間で運行が始まった市バスはこの通りを走った[1]が、現在は京都市区改正設計の路線として昭和10年代に開通した下鴨本通にメインストリートとしての地位を譲っている。

沿道の主な施設[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 沖中・福田『京都市電が走った街』40頁
  2. ^ 出町は鴨川右岸(上京区)の地名である。駅名などに掲げられる出町柳の地名は、この出町と鴨川(高野川)左岸の柳という地名を合成して出来たものである。詳しくは出町柳の記事を参照。
  • 沖中忠順・福田静次 『京都市電が走った街 今昔:古都の路面電車 定点対比』 JTB。ISBN 4-533-03421-7。
京都市内の南北の通り
西隣の通り
下鴨西通
北は
北山通
まで
東隣の通り
下鴨本通
下鴨中通
南は
下鴨本通
まで