不動寺 (安中市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

不動寺(ふどうじ)は、群馬県安中市松井田町にある真言宗豊山派寺院である。山号は龍本山。院号は松井田院。本尊は千手観音。 通称は松井田不動尊

歴史[編集]

1243年寛元元年)、下野国国司にして「留興長老」の号を賜った慈猛上人によって開山された。戦国時代元亀天正年間には武田信玄より寺領を賜り、徳川氏の治世となってからは三代将軍家光公の帰依が篤かったため、朱印地89石余を拝領し、本山移転寺、常法談林として栄え、往時は成就院、正法寺など脇寺9ヶ寺、末寺8ヶ寺の計17ヶ寺を有する大寺であった。

参道を登りきった正面の不動堂に安置されている不動明王は、鎌倉時代初期、中央仏師の作と推定される。元禄15年に奈良唐招提寺の塔頭蔵松院より寄付されたものと銘あり。総高26.2cmの小さい座像であるが、優秀精巧な技法のため、その小ささを感じさせない迫真力を持っている。

寺宝[編集]

  • 不動明王(木彫) 県重文
  • 仁王門 県重文
  • 不動明王像3幅対
  • 石塔婆3基 県重文
  • 葵紋付護摩器一式
  • 弘法大師筆心経
  • 武田家書状
  • 徳川家御朱印状10通
  • 他、古文書多数

札所[編集]

所在地[編集]

  • 安中市松井田町松井田甲987

座標: 北緯36度18分58秒 東経138度48分2秒