不可触民の娘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
不可触民の娘
Achhut Kannya
Poster de Achhut Kannya (1936).jpg
監督 フランツ・オステンドイツ語版
脚本 ニランジャン・パル英語版
製作 ヒマンシュ・ラーイ英語版
出演者 アショーク・クマール英語版
ディヴィカ・ラーニ英語版
音楽 サラスワティ・デーヴィ英語版
撮影 ジョゼフ・ウィルシング
公開 1936年
上映時間 136分[1]
製作国 イギリス領インド帝国の旗 イギリス領インド帝国
言語 ヒンドゥスターニー語
テンプレートを表示

不可触民の娘』(ふかしょくみんのむすめ、原題:Achhut Kannya)は、1936年に公開されたインドの映画フランツ・オステンドイツ語版が監督を務め、アショーク・クマール英語版ディヴィカ・ラーニ英語版が出演している。ボリウッドの初期におけるヒット作品であり、不可触民の少女の社会的地位を題材にしている。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

  • カストゥリ - ディヴィカ・ラーニ英語版
  • プラタプ - アショーク・クマール英語版
  • メーラ - マノラマ英語版
  • アンワル - マンヌ
  • プラミラ - カジャリ英語版
  • ドゥキア - カムタ・プラサード
  • カルヤニ - クスミ・クマリ
  • モハン - P・F・ピタワラ英語版
  • バブラル・ヴァイド - キショーリ・ラル英語版
  • 警部 - N・M・ジョシ

出典[編集]