不思議の国のアリスの映像作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1915年の映画『不思議の国のアリス』のタイトル・フレーム

児童小説『不思議の国のアリス』(1865年)は、著者ルイス・キャロルの死後5年経った1903年に初めて映像化された。内容はモノクロ・無声の8分の短編である[1]。以後技術や媒体の発達にともない、長編化(1915年)、有声化(1931年)、カラー化(1949年)、長編アニメーション(1951年)、実写ミュージカル1972年)、そして近年のCGを駆使した作品として、さまざまな映画/テレビ映画/テレビシリーズが制作されている。

以下の一覧では原作の物語に沿った翻案ばかりでなく、既存のアニメキャラクターによるパロディ作品も記載しているが、作中で引用・言及されているというだけのものや題名のみのパロディ、また「アリス的」な雰囲気があるのみにとどまっている作品は除外している。また『不思議の国のアリス』はしばしばその続編『鏡の国のアリス』(1871年)と組み合わされて映像化が行われており『鏡の国のアリス』単独の映像化作品は少ないため、併せて扱っている。

劇場映画[編集]

  • 不思議の国のアリス (1903年イギリス) 原題:Alice in Wonderland
    • 監督:セシル・ヘプワース英語版、パーシー・ストウ
    • 主演:メイ・クラーク英語版アリス
    • 『不思議の国のアリス』の最初の映画作品。無声・モノクロで、時間も8分ほどしかない。物語の各場面が紙芝居のように流れるイメージ映像に近い作品[2]
『不思議の国のアリス』(1910)より、アリス役のグラディス・ヒューレット

テレビ映画・単発テレビ放映[編集]

  • Alice in Wonderland英語版1966年イギリス
    • 監督:ジョナサン・ミラー英語版(アリス)
    • 出演:アン=マリー・マリック英語版
    • BBC製作のテレビ映画。あえてモノクロで撮られており、静謐な画面のなかで淡々と物語を進行させていく。アリスは無表情で、作中の動物もすべて生身の人間がそのまま演じるなど、独特の世界観によって作られている[6]
  • 不思議の国のアリス英語版1985年アメリカ合衆国)原題:Alice in Wonderland
    • 監督:ハリー・ハリス (映画監督)英語版
    • 出演:ナタリー・グレゴリー英語版(アリス)、レッド・バトンズ(白ウサギ)ほか
    • アーウィン・アレン製作による、オールスターのテレビ映画。前後編のミュージカル仕立てで、前編が『不思議の国のアリス』、後編が『鏡の国のアリス』になっている。幼いナタリー・グレゴリーがオレンジ色の衣装を着てアリスを演じた[2]
  • アリス・イン・ミラーランド (1998年、イギリス)原題:Alice Through the Looking-Glass
    • 監督:ジョン・ヘンダーソン英語版
    • 出演:ケイト・ベッキンセイル(アリス)、イアン・ホルム(白の騎士)ほか
    • 『鏡の国のアリス』をもとにしたテレビ映画。子供に本を読み聞かせていた母親が、その本の物語に入り込んでしまう、という異色の設定で、25歳のベッキンセイルがアリスを演じている。また原作では出版前にカットされた部分である「かつらを被った雀蜂」の場面がはじめて映像化された[2]。なお『アナザーワールド 鏡の国のアリス』の訳題もある。
  • 不思議の国のアリス英語版 (1999年、アメリカ合衆国)原題:Alice in Wonderland

テレビシリーズ[編集]

OVA[編集]

  • 不思議の国のアリスロシア語版(1981年、ソ連(現:ロシア))
  • 鏡の国のアリスロシア語版(1982年、ソ連(現:ロシア))
  • 鏡の国のアリス英語版(1987年、オーストラリア)Burbank Films製作、Andrea Brescianiほか監督
  • 不思議の国のアリス英語版(1988年、オーストラリア)Burbank Films製作、Rich Trueblood監督
  • 不思議の国のアリス英語版(1995年、日本・アメリカ合衆国)ジェットラグプロダクション製作

パロディ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Mikado Koyanagi 「映画の国のアリス」『Milk』 No.7、エクスナレッジ、2008年10月、156-157頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 「Alice in Movie Land」『Dollybird』 vol.14、ホビージャパン、2010年7月、58-63頁。
  3. ^ Histry of the Film Industry in Fort Lee, Fort Lee Film Commission. 2013年2月閲覧。
  4. ^ Jim Beckerman (2009年10月14日). “Curiouser and curiouser”. NorthJersey.com. 2012年9月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年2月閲覧。
  5. ^ Hal Erickson. “Alice in Wonderland:Overview”. 2013年2月閲覧。
  6. ^ a b c 夏目康子「表現者をひきつけるアリス」『Switch』 No.5、Switch Publishing、2008年5月、 68-69頁。
  7. ^ a b 「アリス映画・DVDコレクション」『spoon.』 No.71、プレビジョン、2010年2月、28-29頁。
  8. ^ 長澤國雄 「映像の国のアリス」 『翻訳の世界』 1996年6月号、日本翻訳協会、28-29頁。