不惑のスクラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
不惑のスクラム
著者 安藤祐介
発行日 2016年3月30日
発行元 KADOKAWA
ジャンル 長編小説
スポーツ小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製本
ページ数 280
公式サイト www.kadokawa.co.jp
コード ISBN 978-4-04-103902-1
ISBN 978-4-04-107012-3(文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

不惑のスクラム』(ふわくのスクラム)は、安藤祐介による長編小説2016年3月30日KADOKAWAより刊行された。40歳以上の選手による「シニアラグビー」を題材に、社会の中でそれぞれ問題を抱えながらも週末にラガーマンとして集う年代も多様な大人たちが、仲間と心を通わせつつ自らの人生を見つめ直していく姿を描く[1][2]2018年8月24日角川文庫より文庫化された。

ラグビーワールドカップ2019」の日本開催を翌年に控えた2018年9月に、NHK大阪放送局の制作により[3]NHK総合テレビの「土曜ドラマ」枠にてテレビドラマ化された[4][5]

概要[編集]

ラグビーワールドカップ2015」に先立つ2014年1月、前作『テノヒラ幕府株式会社』の執筆に向けてベンチャー企業の社長を取材していた著者は、本作にも登場するニュー新橋ビル内の蕎麦店へと誘われて、仕事の話は差し置いて「それよりラグビーの話は書かないの?」「今度練習来いよ」と「シニアラグビー」への勧誘を受ける。以来約2年間にわたり、ラグビー経験もなくもとより「球技は超苦手」と語る著者は「鬼ごっこ味噌っカス」のような形で練習に参加し、試合後の飲み会(ファンクション)に参加する中で、体力も経験も異なるメンバーがラグビーが好きという一点のみで集うシンプルさ、休日に別の顔を持つという面白さに惹かれ、「来る者は拒まず」という懐の深さから「ここにもし過去に罪を犯した人間がいたら?」と本作の着想に至る[6]。「ラグビーワールドカップ2015」を経て、現実に即して作中の物語や描写に手を加えつつ、本作を完成させた[2]

2016年3月の刊行後まもなくより多くの書店員から「共感した」「泣きながら読んだ」などと支持を得て、同年5月の重版出来時にはラグビー日本代表選手の大野均も賛辞を寄せている[2]

あらすじ[編集]

6年前、通勤電車の中で痴漢と疑われ犯人扱いした男性客を蹴ってしまった丸川良平は、相手が打ち所悪く死亡したことで傷害致死罪により懲役6年の刑を受ける。妻へ離婚を申し出て、当時2歳だった娘とも別れる。

出所後の日雇いで食い繋ぎインターネットカフェで寝る日々に疲弊し、死に場所を求めて江戸川河川敷に辿り着いた丸川の目前に、近くで練習していた中年男たちのラグビーチームのボールが転がってくる。高校時代にフルバックとして活躍した丸川が蹴り返したボールはきれいな弧を描き、立ち去ろうとした丸山は「一緒にラグビーやりませんか」と老ラガーマンの宇多津貞夫に呼び止められ、宇多津が23年前に創設した40歳以上のシニアラグビーチーム「大江戸ヤンチャーズ」に加わることとなる。

丸川がラグビーをやめ、家族と別れ、命を絶とうとするまでに至る秘密が次第に明かされる一方で、チームメイトたちがそれぞれ社会の中で抱える事情が次々に浮き彫りとなり、丸川の変化とともにチームメイトたちの人生にも新たな変化が訪れる[6][7]

登場人物[編集]

書誌情報[編集]

  • 不惑のスクラム(2016年3月30日、KADOKAWA、ISBN 978-4-04-103902-1)
  • 不惑のスクラム(2018年8月24日、角川文庫、ISBN 978-4-04-107012-3)

テレビドラマ[編集]

不惑のスクラム
ジャンル テレビドラマ
原作 安藤祐介
脚本 櫻井剛
演出 東山充裕
鈴木航
出演者 高橋克典
渡辺いっけい
村田雄浩
徳井優
上杉祥三
松尾諭
高橋光臣
中村ゆりか
戸田菜穂
竹中直人
夏木マリ
萩原健一
製作
製作総指揮 三鬼一希
城谷厚司
プロデューサー 長谷知記
制作 NHK大阪放送局
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2018年9月1日 - 10月13日
放送時間 土曜20:15 - 20:43
放送枠 土曜ドラマ (NHK)
放送分 28分
回数 7
公式サイト

NHK大阪放送局の制作により[3]NHK総合の「土曜ドラマ」枠にて2018年9月1日から10月13日まで放送された。全7回。10代のころにラグビーのプレー経験がある高橋克典が主演を務めた[4][5]

2019年3月に死去した萩原健一の遺作となった[8][9]

原作から舞台は大阪に移され、チーム名も「大阪淀川ヤンチャーズ」である。

キャスト[編集]

主要人物[編集]

その他[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

放送回 放送日 サブタイトル 演出
第1回 09月01日 老いてなおヤンチャであれ! 東山充裕
第2回 09月08日 オヤジの居場所
第3回 09月15日 シャドウ・キャプテン 鈴木航
第4回 09月22日 命のパス
第5回 09月29日 トライのある人生 東山充裕
第6回 10月06日 ワンフォーオール・オールフォーワン 鈴木航
最終回 10月13日 グラウンドで会いましょう 東山充裕

関連商品[編集]

CD

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 不惑のスクラム 安藤 祐介:文芸書”. KADOKAWA. 2018年8月7日閲覧。
  2. ^ a b c “ラグビー日本代表・大野均選手、絶賛!! 今話題のラグビー小説、安藤祐介著『不惑のスクラム』重版出来!!” (プレスリリース), KADOKAWA, (2016年5月26日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002363.000007006.html 2018年8月7日閲覧。 
  3. ^ a b “萩原健一さんら出演で土曜ドラマ”. 関西 NEWS WEB (日本放送協会). (2018年7月30日). https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20180730/0004747.html 2018年8月7日閲覧。 
  4. ^ a b 高橋克典さん主演『不惑のスクラム』制作開始!”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2018年7月3日). 2018年8月7日閲覧。
  5. ^ a b c “高橋克典が“中年ラガーマン”に!「かっこ悪くてカッコいいオヤジたちの青春群像ドラマ」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年7月3日). https://thetv.jp/news/detail/153031/ 2018年8月7日閲覧。 
  6. ^ a b 橋本紀子 (2016年5月4日). “【著者に訊け】安藤祐介氏 ラグビー小説『不惑のスクラム』”. NEWSポストセブン (小学館). https://www.news-postseven.com/archives/20160504_406852.html 2018年8月8日閲覧。 
  7. ^ 宇田川拓也 (2016年4月). “安藤祐介『不惑のスクラム』 いまもっとも社会人の涙腺を熱く弛ませ得る傑作”. カドカワストア. カドナビ 新刊ブックレビュー. KADOKAWA. 2018年8月8日閲覧。
  8. ^ “高橋克典「たまらなく人をひきつける」萩原さん追悼”. 日刊スポーツ. (2019年3月29日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201903290000167.html 2019年3月29日閲覧。 
  9. ^ “夏木マリ、萩原健一さん遺作ドラマで共演「憧れていたショーケン」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年3月29日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190329/geo19032905020016-n1.html 2019年3月29日閲覧。 
  10. ^ a b “高橋克典主演『不惑のスクラム』 追加キャストに萩原健一”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年7月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2116595/full/ 2018年8月7日閲覧。 
  11. ^ クラージュキッズの2018年9月8日のツイート2018年9月8日閲覧。
  12. ^ HIRATA BEANS (2018年8月31日). “根本真陽 出演情報”. HIRATA BEANS Official Blog. ヒラタオフィス. 2018年8月31日閲覧。
  13. ^ クラージュキッズの2018年9月1日のツイート2018年9月1日閲覧。
  14. ^ 不惑のスクラムの登場人物(キャスト)一覧”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2018年8月28日閲覧。

関連項目[編集]

  • 『おじゃまんが山田くん』 - 物語は東京の江戸川沿いであるが、舞台のモデルは作者の過ごした大阪の淀川沿いである。
NHK総合 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
バカボンのパパよりバカなパパ
(2018年6月30日 - 7月28日)
不惑のスクラム
(2018年9月1日 - 10月13日)
フェイクニュース
(2018年10月20日 - 27日)