不文律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

不文律(ふぶんりつ)とは、

  1. 明文化されていない法。成文法の逆。不文法に同じ。→慣習法判例法
  2. 明言されていない規則しきたりのこと。暗黙のルール、暗黙の掟と言うこともある。「規則」とまではいえないが口にせずともなされる了解のことは暗黙の了解と呼ばれる。以下は例。一般的にはこちらの意味で使われることが多い。