不正知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

不正知(ふしょうち、: asaṃprajanya[1]: asampajañña[2])は仏教の用語で、理解力の欠如を指す[2]

不正知は、知ってはいるものの、間違って知ることである。『発智論』では「非理所引のである」と説明される[1]

不正知は『大乗百法明門論』によれば随煩悩位に分類され、そのうち大随煩悩である。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]