不活化ワクチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

不活化ワクチン: Inactivated vaccine)は、細菌ウイルスを殺して毒性をなくし、免疫をつけるために必要な成分を取り出してワクチン化したもの。

概要[編集]

死菌ワクチンとも呼ばれ、狭義の不活化ワクチンは化学処理などにより死んだウイルス細菌リケッチアを使用する。取り扱いや効果において同様である抗原部分のみを培養したものを総称して、不活化ワクチンとされる場合もある。

不活化ワクチンは、異物として認識されるのみで感染はしないから、感染細胞が出来ないため細胞性免疫は誘導されず、抗体が産生される液性免疫のみが誘導される[1]

生ワクチンより副反応が少ないものの、体内で細菌やウイルスは増殖せず、液性免疫のみの獲得で、免疫の続く期間が短いことがあるので、アジュバントを用いて抗体価を上げる、一定の間隔で2~3回接種して、最小限必要な免疫をつけたあと、約1年後に追加接種をして十分な免疫をつけるものが多い[2]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版 1991年 ISBN 4-88500-610-4
  • 東匡伸、小熊惠二編集 『シンプル微生物学 改訂第3版』 南江堂 2000年 ISBN 4-524-22057-7
  • Michael T. Madigan他著 室伏きみ子他監訳 『Brock微生物学』 オーム社 2003年 ISBN 4-274-02488-1

脚注[編集]