不発橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

不発橋(うたずばし)は、愛知県小牧市にあるである。「宇田津橋」または「歌津橋」と表記する場合もある。大山川に架かっており、その上を愛知県道25号春日井一宮線が通っている。なお現在の橋は、1993年平成5年)8月に完成したものである。

名称の由来[編集]

名称の由来は、昔この地にあった同名の橋に由来する。そしてその橋の名前には、以下の2つの由来が残っている。

  1. 1584年天正12年)の小牧・長久手の戦いの折り、家康軍に属していた兵士が敵(秀吉軍)の動きを知らせる為に、家康が布陣する小牧山へと向かっていた。しかしその途中、この地で鉄砲で打たれて死んでしまった。その際「敵を"撃たず"(うたず)に死ぬのは残念」と言ったことから、この名称が付いた。
  2. 昔この地に、作りの名人である「宇田津」(うたづ)と言う名前の男が住んでいた。その男が名古屋城築城の際、城下へと移住することとなり、その時このほかに自らの祖先の霊を祭り、「宇田津明神」と崇めたことに由来する。

所在地[編集]

  • 愛知県小牧市東4丁目地内

交通手段[編集]

関連項目[編集]