不知火 (東雲型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
艦歴
計画 1896年度[1]
起工 1898年1月[1]
進水 1899年3月15日[1]
就役 1899年5月13日[1]
その後 1905年12月12日駆逐艦に種別変更[1]
1912年8月28日三等駆逐艦[1]
1922年4月1日特務艇編入、二等掃海艇類別[1]
1923年6月30日二等掃海特務艇に類別変更[1]
1923年8月1日雑役船編入、運貨船指定、公称第2526号に改称[1]
除籍 1923年8月1日[1]
廃船 1925年2月25日認許[1]
性能諸元
排水量 常備:322トン
全長 63.6m
全幅 6.0m
吃水 1.7 m[2]
機関 2軸推進、5,475shp
最大速力 30ノット
航続距離
乗員 58人[3]
兵装 8.0cm単装砲1基
57mm単装砲5基
45cm水上発射管2門

不知火(しらぬい / しらぬひ)は、大日本帝国海軍駆逐艦で、東雲型駆逐艦の4番艦である。同名艦に陽炎型駆逐艦の「不知火」があるため、こちらは「不知火 (初代)」や「不知火I」などと表記される。

艦歴[編集]

1899年5月13日、イギリスソーニクロフト社で竣工し、水雷艇(駆逐艇)に類別[1]。同年11月10日、横須賀に到着[1]1900年6月22日、軍艦に編入され、駆逐艦に類別[1]

1904年日露戦争が勃発した際には第2艦隊第5駆逐隊に所属していた[4]旅順口攻撃黄海海戦日本海海戦樺太の戦いなどに参加した[1][4]

1922年4月1日、特務艇(二等掃海艇)に編入。1923年6月30日、二等掃海特務艇に類別変更。同年8月1日、雑役船(運貨船)に編入され、公称第2625号に改称。1925年2月25日、廃船認許。

東京都墨田区両国4丁目の区立両国小学校に設置されている[5]

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

回航委員長
  • 矢島純吉 少佐:1898年6月28日 - 1898年10月19日
  • 笠間直 少佐:1898年10月19日 -
艦長
  • 村松亥四松 大尉:1900年6月22日 - 1900年7月28日
  • 隅元通純 大尉:1900年7月28日 - 1900年9月25日
  • 小林恵吉郎 少佐:1900年9月25日 - 1903年6月22日
  • 小黒秀夫 少佐:1903年6月22日 - 1903年9月26日
  • 西尾雄治郎 少佐:1903年9月26日 - 1904年3月10日
  • 渡辺仁太郎 大尉:1904年3月10日[6] -
  • 桑島省三 大尉:1904年9月11日 - 1905年12月12日
駆逐艦長
  • 桑島省三 少佐:1905年12月12日 - 1906年1月25日
  • (兼)田代巳代次 少佐:1906年1月25日 - 1906年3月20日
  • (兼)堀江鶴彦 大尉:1906年3月20日 - 1906年4月23日
  • 猪山綱太郎 少佐:1906年4月23日 - 1907年4月27日
  • 横地錠二 大尉:1907年4月27日 - 1907年9月28日
  • (兼)斎藤温海 大尉:1907年9月28日 - 1907年10月10日
  • (兼)野田為良 大尉:1907年10月10日 - 1908年1月15日
  • 阿部真一郎 大尉:1908年1月15日 - 1908年1月16日
  • (兼)野田為良 大尉:1908年1月16日 - 1908年2月1日
  • 副島村八 大尉:1908年2月1日 - 1909年5月25日
  • 和田健吉 大尉:1909年5月25日 - 1910年1月15日
  • 阿部恒雄 大尉:1910年1月15日 - 1911年5月23日
  • 米原末男 大尉:1911年5月23日 - 1912年2月1日
  • 中山鞆信 大尉:1912年2月1日 - 1912年11月13日
  • 小川正冬 大尉:1912年11月13日 - 1913年5月24日
  • 加島次太郎 大尉:1913年5月24日 - 不詳
  • 丸山半三郎 少佐:不詳 - 1916年6月8日
  • 森田弥五郎 大尉:1916年6月8日 - 1917年4月1日
  • 松川晃 大尉:1917年4月1日 - 1917年12月1日[7]
  • 奥野晃 大尉:1917年12月1日[7] - 1918年12月1日[8]
  • 戸須賀千之 大尉:1918年12月1日[8] - 1920年7月1日[9]
  • 早川定三 大尉:1920年7月1日[9] - 1921年11月10日[10]
  • (兼)須賀彦次郎 大尉:1921年11月10日 - 1922年2月1日
  • (兼)大島信哉 大尉:1922年2月1日[11] -

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『日本海軍史』第7巻、286頁。
  2. ^ 『日本海軍史』第7巻、182頁。
  3. ^ 『写真日本海軍全艦艇史』資料編「主要艦艇要目表」51頁。
  4. ^ a b 『聯合艦隊軍艦銘銘伝』普及版、406頁。
  5. ^ レファレンス協同データベース レファレンス事例詳細(Detail of reference example) 2018年3月28日閲覧
  6. ^ 明治三十七年辞令通報 3月』 アジア歴史資料センター Ref.C13071937600 
  7. ^ a b 『官報』第1601号、大正6年12月3日。
  8. ^ a b 『官報』第1900号、大正7年12月3日。
  9. ^ a b 『官報』第2375号、大正9年7月2日。
  10. ^ 『官報』第2784号、大正10年11月11日。
  11. ^ 『官報』第2849号、大正11年2月2日。

参考文献[編集]

  • 『写真日本海軍全艦艇史 Fukui Shizuo Collection』資料編、KKベストセラーズ、1994年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』普及版、光人社、2003年。

関連項目[編集]