不破彦麿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

不破 彦麿(ふわ ひこまろ、1865年11月21日(慶応元年10月4日[1] - 1919年大正8年)9月2日[2])は、日本の農商務内務官僚。官選佐賀県知事、山口県下関市長[3]。族籍は福岡県士族[3][4]

経歴[編集]

筑前国福岡(現在の福岡県福岡市)荒戸町で、福岡藩士・不破国雄の長男として生まれる。1892年7月、帝国大学法科大学を卒業[1]。同月、農商務試補に任官し参事官室に配属された[5]

以後、農商務参事官農商務大臣秘書官、同省特許局審判官、佐賀県事務官兵庫県事務官・第一部長兼第三部長[6]東京府事務官・内務部長[7]などを歴任[1]

1911年10月、佐賀県知事に就任[1]1914年6月9日、知事を休職[8]1917年10月、下関市長に就任[9]。小学校の整備、市営火葬場の建設、下関駅-唐戸間臨港線の着工、竹崎魚菜市場の開場などに尽力。また1918年8月の米価大暴騰時に、困窮者のため朝鮮米を買付けて安価で販売を行った[10]。1919年9月、在任中に死去した。

家族・親族[編集]

不破家

山口県下関市上田中町[3]、福岡市荒戸町[4]

  • 父・國雄(福岡士族、岩永源八の二男)[3][4]
1846年 -
  • 母・マツ(祖父・嘉右衛門の長女)[3][4]
1846年 -
1871年 -
  • 一氣(妻・節は大阪平民、黒田吉三郎の二女)[3][4]
1879年 -
1877年 -
1873年 -
  • タマ男爵・黒田一義の大叔父・八十雄の妻)[3][4]
1881年 -
  • サダ(福岡士族、宮井虎三郎の妻)[3][4]
1867年 -
1879年 -
1904年 -
1900年 -
  • 二女・ハナ[4]
1901年 -
1906年 -
1909年 -
1911年 -
  • 四男・修平[3]
1915年 -

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』992頁。
  2. ^ 「李家隆介山口県下関市長就任ノ件」
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『人事興信録 第5版』ふ1頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年2月11日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『人事興信録 第4版』ふ1頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年3月31日閲覧。
  5. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』155頁。
  6. ^ 『官報』第6925号、明治39年7月30日。
  7. ^ 『官報』第8410号、明治44年7月5日。
  8. ^ 『官報』第557号、大正3年6月10日。
  9. ^ 「不破彦麿山口県下関市長ニ就任ノ件」
  10. ^ 『日本の歴代市長』第3巻、157頁。

参考文献[編集]

  • 東京帝国大学編『東京帝国大学一覧 從大正2年 至大正3年』東京帝国大学、1913-1924年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第3巻、1985年。
  • 内閣「不破彦麿山口県下関市長ニ就任ノ件」大正6年。国立公文書館 請求番号:本館-2A-019-00・任B00824100
  • 内閣「李家隆介山口県下関市長就任ノ件」大正8年。国立公文書館 請求番号:本館-2A-019-00・任B00901100