不破重則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
不破重則
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
別名 市之丞(通称)
主君 斎藤道三斎藤義龍斎藤龍興
織田信長
氏族 不破氏
父母 父:不破重純
石川小四郎(明智光秀の家臣)の娘
不破重正

不破 重則(ふわ しげのり)は、戦国時代武将

美濃斎藤氏の家臣で、西美濃四人衆の一人・不破光治の縁戚と言われる。斎藤龍興が美濃を追われると、織田信長に50石与えられたという。妻は明智光秀家臣・石川小四郎の娘で、その姪にあたる見性院山内一豊の妻)を養女にしたという。実子には不破重正がおり、やはり山内家に仕えている。

演じた俳優[編集]