不空金剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
不空金剛
神龍元年(705年) - 大暦9年(774年
Portrait of Amoghavajra, 14 century, National Museum, Tokyo.jpg
諡号 不空三蔵
生地 インド南部もしくは唐の涼州
宗旨 密教
善無畏金剛智
弟子 恵果

不空金剛(ふくうこんごう、サンスクリット語: अमोघवज्रAmoghavajra、アモーガヴァジュラ、神龍元年(705年) - 大暦9年6月15日774年7月28日))は、の高僧、訳経僧金剛智善無畏によってもたらされた密教を唐に定着させた。真言宗では三蔵法師の一人である事から「不空三蔵」と尊称し、真言八祖の「付法の八祖」では第六祖、「伝持の八祖」では第四祖とする。また「不空」とも略称される。四大訳経家の1人。弟子には含光・慧超恵果[注釈 1]・慧朗・元皎・覚超(六哲)がいる。

生涯[編集]

四大訳経家[編集]

110部143巻もの経典を漢訳し、鳩摩羅什真諦玄奘三蔵とともに、四大訳経家と呼ばれる。宿曜道の所依の教典『宿曜経』なども、不空が翻訳したものである(著者説もあり)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 空海の師であり、長安青龍寺で密教を空海に伝法した。

出典[編集]

関係論文[編集]

関連項目[編集]