不空院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
不空院
Fukuin02ds3200.jpg
所在地 奈良県奈良市高畑町1365
位置 北緯34度40分35.5秒
東経135度50分48.0秒
座標: 北緯34度40分35.5秒 東経135度50分48.0秒
山号 春日山
宗派 真言律宗
本尊 不空羂索観音
別称 福井之大師
札所等 大和北部八十八ヶ所霊場第77番
文化財 木造不空羂索観音坐像(重要文化財)
公式HP 南都春日山 不空院
法人番号 7150005000395
テンプレートを表示

不空院(ふくういん)は、奈良県奈良市高畑町にある真言律宗の寺院。山号は春日山(しゅんにちさん)。 本尊は不空羂索観音。かつては「かけこみ寺」であった歴史から縁切り寺として知られる。

歴史[編集]

菅家本『諸寺縁起集』などによると、不空院は鑑真の住坊跡に建立された寺院と伝え、弘仁年間(810 - 824年)には空海が興福寺南円堂(八角円堂)建立に先立ち、その雛形を当寺に建てたという[1]

鎌倉時代には西大寺叡尊、興福寺の円晴、唐招提寺覚盛西方院(唐招提寺子院)の有厳が当院で戒律を講じたという[2]室町時代には興福寺の二大院家の1つの大乗院の末寺となっていた。近世は本堂に弁才天が安置されていること、また院号の不空院が転じて福院とも呼ばれたことで、「かけこみ寺」として奈良町の芸妓達の信仰を集めていた[3]

1854年安政の大地震で堂宇が倒壊。大正年間に三谷弘厳によって再興された[4]

境内[編集]

文化財[編集]

重要文化財
  • 木造不空羂索観音坐像 - 寄木造、漆箔、玉眼。像高103,9cm。鎌倉時代。興福寺出身の僧円晴が、興福寺南円堂を模して八角円堂を建て、本尊としてこの不空羂索観音像を安置したとの伝承がある[5]

所在地[編集]

〒630-8301 奈良県奈良市高畑町1365

交通アクセス[編集]

  • 奈良駅から市内循環バスで10分、「破石町」下車、徒歩10分

周辺情報[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本歴史地名大系 奈良県の地名』、p.523
  2. ^ 『仏像めぐりの旅 2 奈良(奈良公園・西ノ京)』、pp.58 - 59
  3. ^ 『日本歴史地名大系 奈良県の地名』、p.523
  4. ^ 『仏像めぐりの旅 2 奈良(奈良公園・西ノ京)』、pp.58 - 59
  5. ^ 「新指定の文化財」『月刊文化財』273号、第一法規、1986

参考文献[編集]

  • 『日本歴史地名大系 奈良県の地名』、平凡社、1981
  • 毎日新聞社編『仏像めぐりの旅 2 奈良(奈良公園・西ノ京)』、毎日新聞社、1992