不純物準位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

不純物準位(ふじゅんぶつじゅんい、: Impurity state)は、物質中の不純物が作る準位のこと。特に、半導体バンドギャップ中にこの不純物準位が出来る場合が非常に重要。バンドギャップ中に出来る準位の位置により、n型半導体p型半導体を形成できる可能性がある(深い準位、例えばバンドギャップの真ん中に準位を形成してしまうこともある)。準位の位置は、その半導体と不純物の種類によって決まりP型半導体になる場合がアクセプタ準位、N型半導体になる場合がドナー準位と呼ぶ。

関連項目[編集]