不老町 (横浜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 中区 > 不老町
不老町
—  町丁  —
横浜文化体育館
不老町の位置(横浜市内)
不老町
不老町
不老町の位置(神奈川県内)
不老町
不老町
不老町の位置
座標: 北緯35度26分32.7秒 東経139度38分15.7秒 / 北緯35.442417度 東経139.637694度 / 35.442417; 139.637694
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
中区
面積[1]
 - 計 0.060km2 (0mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 1,024人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 231-0032[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

不老町(ふろうちょう)は神奈川県横浜市中区町名[5]。現行行政地名は不老町1丁目から不老町3丁目(字丁目)で、住居表示未実施[6]郵便番号は231-0032[3]。面積は0.060km2[1]

地理[編集]

中区北西部に位置し、北西は万代町、南西は長者町、南東は翁町、北東は新横浜通りを挟んで港町および横浜公園に接する。横浜市庁舎に近い北東側が1丁目となる。街のほぼ中央を、みなと大通りから伸びる幹線道路が貫く。1丁目はJR根岸線関内駅南口周辺の繁華街として飲食店等が多く出店している。不老町は正しくは関内地区ではないが、関内駅が最寄りであることから店舗名を「関内店」としている例も見られる[7]。2丁目には1962年横浜文化体育館が開館し、付帯施設の平沼記念レストハウスが隣接する。3丁目は、UR都市機構のアーベインルネス長者町をはじめ集合住宅が多い[5]。町内に鉄道は通っていないが、至近距離に根岸線関内駅南口(所在地は港町1丁目)および横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅(最も近い出入口は万代町3丁目)がある。

歴史[編集]

江戸時代に、掘割川を開削して生じた土砂で沼地を埋め立てた吉田新田の一部として開墾された。1873年明治6年)に現在の町名となる。当初は1~4丁目に分かれていたが、のちに1~3丁目に改められた。1889年に横浜市、1927年昭和2年)に横浜市中区の一部となる。1874年に一部を長者町に編入、1898年に埋立地を編入、1909年に一部を長者町・万代町に編入するとともに翁町の一部を編入したため、町域は当初より若干異なる[8]。地名は不老不死の地とされる霊山蓬莱にちなんだ瑞祥地名である。小泉八雲は、1894年の著作『Glimpses of Unfamiliar Japan』の「At the Market of the Dead.」において、不老町を「 the Street Everlasting.」と紹介している[9]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
不老町1丁目 124世帯 145人
不老町2丁目 44世帯 64人
不老町3丁目 663世帯 815人
831世帯 1,024人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[10]

丁目 番地 小学校 中学校
不老町1丁目 全域 横浜市立南吉田小学校 横浜市立横浜吉田中学校
不老町2丁目 全域
不老町3丁目 全域

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ a b 『角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p1014
  6. ^ 横浜市中区の町名一覧(横浜市役所) (PDF) 2016年7月30日閲覧
  7. ^ なか卯関内店
  8. ^ 『角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p779
  9. ^ 『横浜の町名』p71
  10. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』 角川書店1984年6月8日、779,1014頁。
  • 横浜市市民局総務部住居表示課 『横浜の町名』、1996年12月、71頁。
  • 『県別マップル14 神奈川県道路地図』 昭文社2016年、第6版、5頁。ISBN 978-4-398-62683-7。