与論島方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
与論島方言
与論語
ユンヌフトゥバ
話される国 日本
地域 与論島鹿児島県奄美諸島
話者数 950 (2004年) [1]
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 yox
Glottolog yoro1243[2]
テンプレートを表示

与論島方言(よろんじまほうげん)または与論方言(よろんほうげん)は鹿児島県奄美諸島与論島で話される琉球語方言である。現地では「ユンヌフトゥバ」と呼ばれる。エスノローグでは与論語(よろんご)(Yoron language) としている。

分類的位置[編集]

与論島方言の分類的位置は議論があり、沖永良部島方言沖縄北部方言と共に沖永良部与論沖縄北部諸方言として括られている区分[3]が一般的だが、沖永良部方言喜界島方言南部と共に「南奄美方言」[4]として括る区分もある[5]。エスノローグでは中央沖縄語(沖縄方言)、沖永良部語(沖永良部島方言)、国頭語(沖縄北部方言)とともに「南部奄美・沖縄語群」と括っている。

与論島方言は上述のように分類が定まらないことがある。この方言の音韻は奄美・徳之島と異なっており沖縄南部方言に近い一方で、終止形を2つ有するなどの点でその文法は奄美方言との共通点を持っているという[6]

下位分類[編集]

与論島内には9つの集落があるが[7]、その方言差は小さい。地元の研究者である菊千代によれば、与論島方言は以下のように分類できるという[8]

  • 茶花
  • 朝戸、城、立長、叶、那間
  • 麦屋西区、麦屋東区、古里

茶花は与論島西部の地域で港や役場などがあり、麦屋と古里は島の反対側に位置する。北岸~島中央部~南岸にかけて広く、朝戸・城・立長・叶・那間方言が分布するということになる。

音韻・音声[編集]

音韻・音声[編集]

与論島方言には以下の音素が認められる[9]

  • 子音音素/p, b, m, w, t, d, n, s, ɾ, c, ɟ, j, k, g, ʔ, h/
  • 短母音音素/a, i, u/
  • 長母音音素/aː, eː, iː, uː, oː/
  • 特殊音/N, Q/
子音表
両唇音 歯茎音 硬口蓋音 軟口蓋音 声門音 モーラ
鼻音 m n Q

N

閉鎖音 p b t d k ɡ ʔ
破擦音 c ɟ
摩擦音 s h
接近音 w j
弾き音 ɾ

注釈

  • /p/の音声は、[p]のほか、無声両唇摩擦音[ɸ]で発音されることもある[9]
  • 子音がない/∅/こともある。声門音/h/ および /ʔ/と対立する。
  • /h/は /i/の前で無声硬口蓋摩擦音[ç]、/u/の前で[ɸ]となる[9]
  • /si/、/se/はそれぞれ [ɕi](日本語のシと同じ)、[se]〜[ɕe](セ〜シェ)となる[9]
  • /c/、/ɟ/の音声はそれぞれ[t͡ɕ]、[d͡ʑ]である[9]
  • /N/と/Q/ は成音節要素である。(それぞれ鼻音と促音である)

日本語共通語との対応[編集]

主な対応のみリストアップする。

  • 共通語の/e/は/i/に合流した[9]
  • 共通語の/o/は /u/に合流した[9]
  • 与論島方言の/eː/は共通語の/ai/、/ae/に対応する[9]
  • 与論島方言の/oː/は共通語の/aw/、/au/、/ao/に対応する。例えば、ʔoː(粟)、soː(竿)など(古里・那間・叶地区の例)[9]
  • 共通語で/h/になったものについて、与論島方言は /p/を保存している[9]
  • 与論島方言の/d/は、共通語の/d/と/z/に対応している[9]
  • 共通語の/ci/(チ)と/cu/(ツ)はどちらも与論島方言で/ci/に合流している[9]
  • 共通語の/si/、/su/、/se/はどれも与論島方言で/si/に合流している[10]
  • 共通語の/ka/、/ke/、/ko/は、与論島では子音がhになり、それぞれ/ha/、/hi/、/hu/が対応している。ただし少数の語に対して共通語/ka/に/ka/、/ko/に/ku/が対応しているほか、共通語の/ke/に対し麦屋では/si/になる。/ki/と/ku/はそれぞれ/ki/と/ku/が対応している[9]
  • 共通語の/ni/は与論島方言では/mi/が対応している[11]
  • 与論島方言の/r/は母音と/i/に囲まれていると脱落する。
  • 共通語の/o/のうち古い時代の/wo/に対応する部分は、麦屋では/hu/になる[12]

アクセント[編集]

与論島方言のアクセントは、ピッチの上昇位置を弁別する体系で、昇り核//によって弁別される。また、語の拍数(n)が増えるに従い型の数(Pn)も増える多型アクセントである。麦屋東区方言が島内で最も多いPn=n+1の型の数を持ち、体系も安定している。4拍以下の語で東区方言の体系を示すと以下の通りである[13]

麦屋東区方言のアクセント体系[13]
昇り核の位置 1音節名詞
(2拍)
2拍名詞 3拍名詞 4拍名詞
0(無核) /paː/(葉) /miɟi/(水) /tatami/(畳) /mucigumi/(餅米)
-1(語末核) /paː/(歯) /jama/(山) /pasaN/(鋏) /haNnjai/(雷)
-2 /paː/(外) /nabi/(鍋) /hatana/(刀) /purusiki/(風呂敷)
-3   /macigi/(松) /hubaNka/(叔母)
-4   /karatai/(唐竹)

東区方言の場合、拍音素(N、ː)は語末かつ文末にあるときのみ、昇り核を担うことができる[14]。すなわち語中の拍音素に昇り核があることはない。またその後に他の要素が続くときは、核が1拍後ろへずれる[14]。また拍音素に限らず、語末の昇り核の後に2拍以上の付属語(助詞kara「から」等)が付くときや、付属語をつけずに次の文節が続く場合にも、核が1拍後ろへずれる[14]。ただし/aQcaː/「明日」などが副詞的に使われる場合は核は動かない[14]

一方、茶花方言では東区方言の語末核(-1)が消失して無核(0)型となる傾向にあり、Pn=nの体系に近づきつつある。東区と茶花以外の地域ではその中間的な様相を示す[13]

文法[編集]

動詞[編集]

動詞の活用を以下に示す[6]

与論方言の動詞活用
例語 未然形 連用形 接続形 終止形1 終止形2 連体形 条件形
1型 書く kak-a kak-i kat͡ɕ-i kak-juN kak-jui kak-juru kak-i
2型 助ける taɕikir-a taɕikir-i taɕikit-i taɕik-juN taɕik-jui taɕik-juru taɕikir-i
3型 見る m-ja m-i mit͡ɕ-i m-juN m-jui m-juːru m-iː
4型 思う m-a(ː) mu-i muːt-i muː-juN muː-jui muː-juru mu-i
5型 使う t͡ɕiQk-o t͡ɕiQk-eː t͡ɕiQkoːt-i t͡ɕiQk-eN t͡ɕiQk-ei t͡ɕiQk-eːru t͡ɕiQk-eː

特徴的なのは終止形が二つある点である。終止形1(ン終止形)は話者の意志や主観を表現し、終止形2(イ終止形)は話者が目撃したことや、現に身体的に起きていること・感情を客観的に表現するときに使われる。与論方言ではこの使い分けを義務的に行わなければならない。

  1. 「もう宿題は済んだか」と聞かれて「これからするよ」と答える場合[15]
  • namakara sjuN. 可能。
  • namakara sjui. 不可能。
  1. 「見て、あそこから太郎が来る」と言う場合。
  • miQt͡ɕiN, amakara Tarooga kjuN. 不可能
  • miQt͡ɕiN, amakara Tarooga kjui. 可能

未然形に付く接辞には、ɴnu(否定)やd͡ʑi(否定)、ɴ(意志・勧誘)、dana(願望)がある[6]。ɴnuによる否定は自己の判断や推測、d͡ʑiによる否定は客観的な状況に用いられる[6]

形容詞[編集]

形容詞の活用を以下に示す[6]

与論方言の形容詞活用
例語 条件形1 条件形2 終止形1 終止形2 連体形 接続形
ク活用相当 高い takasara takasari takasaN takasai takasaru takasati
シク活用相当 珍しい miziraɕara miziraɕari miziraɕaN miziraɕai miziraɕaru miziraɕati

動詞と同じく終止形が二つある。以下に両者の使い分けを見る。

「この酒は高い」と言う場合。

  • hunu saija takasaN.
  • hunu saija takasai.

前者は他と比較しても高いという客観的な表現であり、後者は自分が高いと思うという主観的な表現である。

脚注[編集]

  1. ^ Yoron at Ethnologue (18th ed., 2015)
  2. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Yoron”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/yoro1243 
  3. ^ 狩俣繁久(2000), 「奄美沖縄方言群における沖永良部方言の位置づけ」『日本東洋文化論集』 6号 p43-69 2000年, 琉球大学法文学部, ISSN 1345-4781
  4. ^ 北奄美方言は大島、徳之島、喜界島北部、南奄美方言は喜界島南部、与論島、沖永良部島とする区分である。
  5. ^ 中本正智・中松竹雄(1984)「南島方言の概説」『講座方言学 10 沖縄・奄美地方の方言』国書刊行会、5頁。
  6. ^ a b c d e 町博光「与論方言の文法」『消滅危機方言の調査・保存のための総合的研究:与論方言・沖永良部方言調査報告書』国立国語研究所2016
  7. ^ 与論島には茶花、立長、城、朝戸、麦屋西区、麦屋東区、古里、叶、那間の9つの集落がある。
  8. ^ 菊千代、高橋俊三 (2005)『与論方言辞典』
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m 木部暢子「与論方言の音韻」『消滅危機方言の調査・保存のための総合的研究:与論方言・沖永良部方言調査報告書』国立国語研究所2016
  10. ^ 中本(1976)、380頁。
  11. ^ 中本(1976)、382頁。
  12. ^ 中本(1976)、387頁。
  13. ^ a b c 上野善道『与論島諸方言のアクセント調査報告』『消滅危機方言の調査・保存のための総合的研究:与論方言・沖永良部方言調査報告書』国立国語研究所2016
  14. ^ a b c d 上野善道(1999)与論島東区方言の多型アクセント体系『国語学』199、pp.188-174。
  15. ^ 菊秀史2007『与論の言葉で話そう(2)』与論民俗村発行

参考文献[編集]

  • 中本正智(1976)『琉球方言音韻の研究』法政大学出版局 ISBN 978-4588445019