世れんか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

世 れんか(せい れんか、本名 原田 公子(はらだ きみこ)、 1951年1月30日 - 1980年4月3日[1] )は、元宝塚歌劇団月組男役生徒。後述の病気により在団中のまま死亡。

東京都大田区出身。調布学園出身。身長163センチ、愛称ハム(ちゃん)。

来歴・人物[編集]

1968年4月、宝塚音楽学校入学。芸名は先輩・郷ちぐさが『一世一代の恋歌(=れんか)』から命名。

1970年56期生として宝塚歌劇団に入団。同期には元専科の萬あきら、女優の麻実れい東千晃城月美穂、歌手の小柳ルミ子(当時は夏川るみ)らがいる。雪組公演『四季の踊り絵巻/ハロー!タカラヅカ[1]で初舞台を踏む。宝塚入団時の成績は70人中56位[1]1971年3月8日[1]雪組配属されていたが1974年に月組に組替。

同期で組子同士となった条はるきらと新進男役スターとして注目されるも当時の男役としては小柄であったことや、容貌を生かし男役のみならず娘役としても起用されスターダムにのった。

また外部出演のキャリアも積んだ。1976年関西テレビのドラマ『それぞれの出発』に準主役級で起用され出演。

1980年『アンジェリク』/『仮面舞踏会東京宝塚劇場公演千秋楽(4月30日付)で退団することが劇団から発表された。首にできたしこりの治療などで知り合い、交際を続けていた医師と同年6月結婚することが決まったためだった。

しかし退団発表前後から著しい体調不良に悩まされ、1・2月の大劇場公演を無事終えたものの、直後の2月下旬(東京公演の稽古期間中)に倒れ、骨髄腫瘍と診断された。

劇団を通し東京公演全日程休演を発表、療養に専念も4月3日[1]奇しくも『アンジェリク』~東京公演初日に死去。

現役タカラジェンヌであり、しかも結婚退団間近でまだ29歳の若さであった。また、この日は宝塚でも宝塚歌劇団68期生受験(二次試験)中で多くの受験生などの宝塚ファンが集まっていた中だった。

葬送の際、世の遺体を乗せた霊柩車が宝塚大劇場の周囲を一周したという逸話もある。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

雪組時代[編集]

月組時代[編集]

関連図書[編集]

  • 『サヨウナラ宝塚―タカラジェンヌ世れんかの短くも華麗な生涯』(ISBN: 978-4885190476)
    • 下瀬直子著、中日出版社より1987年7月発行(現在は絶版)
    • スター級として活躍、幸福の絶頂から一転、病魔に倒れた生涯をつづった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、80-81頁。ISBN 9784484146010
  2. ^ 順みつきの代役