世代 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
世代
Pokolenie
監督 アンジェイ・ワイダ
脚本 ボフダン・チェシコ
原作 ボフダン・チェシコ
音楽 アンジェイ・マルコフスキ
撮影 イェジー・リップマン
配給 日本の旗 シレナフィルム
公開 ポーランドの旗 1955年1月26日
日本の旗 1981年12月19日
上映時間 83分
製作国 ポーランドの旗 ポーランド
言語 ポーランド語
テンプレートを表示

世代』(原題:Pokolenie)は、1954年制作のポーランド映画

アンジェイ・ワイダの監督デビュー作品で、『地下水道』、『灰とダイヤモンド』と共に“抵抗三部作”といわれる。

あらすじ[編集]

1942年ドイツ占領下のポーランドワルシャワ郊外で母と暮らす青年スタフは、ドイツ軍の貨物列車から石炭を盗むという仕事を仲間たちとやっていた。

ある日、スタフは反ナチのレジスタンス運動家のドロタという少女と知り合い、運動に参加するのだが、やがて彼らにも、戦争の現実が忍び寄ってくる。

キャスト[編集]

脚注[編集]