世宗大王 (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
世宗大王
2008년9월27일 해군 세종대왕함기동 (1) (7193823614).jpg
基本情報
建造所 現代重工業
運用者  大韓民国海軍
艦種 ミサイル駆逐艦
級名 世宗大王級
艦歴
発注 2004年8月25日
起工 2006年5月20日
進水 2007年5月25日
就役 2008年12月22日
要目
基準排水量 7,650トン
満載排水量 10,290トン
全長 165.9m
最大幅 21.4m
吃水 6.25m
機関 COGAG方式
主機 LM2500 ガスタービン × 4基
推進  スクリュープロペラ×2軸
出力 75MW
速力 最大速 30ノット
乗員 387名
兵装 Mk-45 127mm砲 × 1基
ゴールキーパー 30mmCIWS × 1基
SSM4連装発射筒 × 4基
RAM近SAM21連装発射機 × 1基
Mk 32短魚雷3連装発射管 × 2基
Mk41VLS 80セル
国産VLS 48セル
搭載機 リンクス × 2機
C4ISTAR KNTDS/リンク 11JTIDS/リンク 16
Mk 7 AWS+ASWCS-K+SLQ-200
レーダー SPY-1D(V) 多機能(4面) × 1基
ソナー DSQS-21 BZ-M 艦首
CAPTAS 曳航式
電子戦
対抗手段
SLQ-200 ソナタ統合電子戦システム
SLQ-261K デコイ・システム
テンプレートを表示

世宗大王(セジョンデワン、日本語読み:せいそう だいおう、朝鮮語세종대왕英名Sejong the Great, DDG-991)は、大韓民国海軍駆逐艦世宗大王級駆逐艦の1番艦。艦名は李氏朝鮮国王世宗に由来する。

艦歴[編集]

「世宗大王」は、KDX-IIIイージスシステム搭載型7,600トン級駆逐艦として現代重工業で建造され、2006年5月20日起工、2007年5月25日進水、2008年12月22日に釜山海軍作戦基地にて就役した後に作戦配備された[1]

2010年7月に行われた環太平洋合同演習(リムパック2010)に潜水艦「SS-071 李億祺」と共に参加する。この帰国途上の8月12日、宮城県金華山沖東方約880キロで世宗大王の水兵(22歳)が胃出血を起こした。韓国大使館経由で日本政府に救助を要請し、海上自衛隊の救難飛行艇US-1厚木航空基地から発進し、水兵を無事救助した。

2012年12月、北朝鮮によるミサイル発射実験に対応して韓国海軍保有の全イージス艦が出動し不測の事態に備える。同月12日、ミサイルは発射され「DDG-992 栗谷李珥」と共に黄海上空を飛翔するミサイルの軌跡を探知した[2]。さらに同日午前、「世宗大王」は辺山半島(扶安郡)の西方約160kmの海上でミサイルの残骸を発見し、潜水艦救難艦「ASR-21 清海鎮」がこれの回収に向かった[3]

2016年7月、リムパックに参加。スタンダードミサイル(SM2)の発射訓練を行ったが、手動モードで発射した1発が不発となり、後日、国会国防委員会所属の国会議員から追及を受けた[4]

2019年8月25日-26日、韓国軍が竹島周辺で行った「東海領土守護訓練」に参加。同海域の軍事訓練でイージス艦が参加したケースは初[5]

脚注[編集]

  1. ^ “国内初のイージス艦「世宗大王」が就役式、作戦配置”. WoW!Korea. 聯合ニュース. (2008年12月22日). http://www.wowkorea.jp/news/Korea/2008/1222/10051896.html 2011年2月28日閲覧。 
  2. ^ 中央日報 北朝鮮ミサイル発射 韓米当局の情報判断に問題点 2012年12月12日
  3. ^ 朝鮮日報オンライン ミサイル:韓国軍、銀河3号の残骸を黄海で発見 2012年12月14日
  4. ^ 韓国軍の誘導ミサイル、9発のうち4発命中せず”. 中央日報 (2016年9月26日). 2018年8月26日閲覧。
  5. ^ 韓国軍、独島防御訓練にイージス艦・特戦司を初めて投入”. 中央日報 (2019年8月26日). 2019年8月28日閲覧。