世田ヶ谷町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
世田ヶ谷町
廃止日 1932年10月1日
廃止理由 編入合併
世田ヶ谷町駒沢町玉川村松沢村東京市
現在の自治体 世田谷区
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京府
荏原郡
総人口 73,110
(第3回国勢調査、1930年10月1日)
隣接自治体 荏原郡駒沢町、松沢村、玉川村
北多摩郡砧村千歳村
豊多摩郡代々幡町和田堀町
世田ヶ谷町役場
所在地 東京府荏原郡世田ヶ谷町
 表示 ウィキプロジェクト

世田ヶ谷町(せたがやまち)とは、東京府荏原郡にかつて存在した町である。現在の世田谷区の東北部に位置していた。

沿革[編集]

  • 1889年(明治22年)5月1日 - 町村制の施行に伴い、池尻村、三宿村、太子堂村、若林村、下北沢村、代田村、経堂在家村の全域と、以下の5村の各一部を合併して世田ヶ谷村が発足(カッコ内は残部の編入先)。
    • 世田ヶ谷村(駒沢村松沢村
    • 弦巻村(駒沢村)
    • 赤堤村(松沢村)
    • 松原村(松沢村)
    • 瀬田村(玉川村
  • 1923年(大正12年)4月1日 - 世田ヶ谷村が町制施行して世田ヶ谷町となる。
  • 1932年(昭和7年)10月1日 - 荏原郡全域が東京市に編入され、世田ヶ谷町の区域に世田谷区を設置。

交通[編集]

鉄道[編集]

現在の京王井の頭線池ノ上駅、下北沢駅、新代田駅)、小田急小田原線の梅ヶ丘駅は、世田ヶ谷町が存在した当時は開業していなかった。

道路[編集]

いずれも現在の呼称。

名所・旧跡[編集]

松陰神社(東京)の吉田松陰像 
豪徳寺本堂 

現在の地名[編集]

池尻梅丘大原北沢経堂豪徳寺世田谷代沢太子堂代田羽根木三宿宮坂若林(いずれも大体の範囲)

関連項目[編集]