世界の支配者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
世界の支配者
'Master of the World' by George Roux 01.jpg
著者 ジュール・ヴェルヌ
イラスト Georges Roux
発行日 1904年
発行元 Pierre-Jules Hetzel
ジャンル 冒険小説
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
形態 文学作品
ページ数 317
前作 征服者ロビュール
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

世界の支配者』(せかいのしはいしゃ、原題 : Maître du monde )は、1904年に刊行されたジュール・ヴェルヌ冒険小説。『征服者ロビュール』(1886年)の続編である。

病を患っていたヴェルヌの晩年の作品の一つで、この作品の発表後まもなくヴェルヌは亡くなった。当時、ライト兄弟が有人動力飛行に成功して発展しつつあった飛行機を使用した物語が描かれる。

概要[編集]

1903年夏、不可解な現象がアメリカの東部で続発し、ワシントン警察のジョン・ストロック警部が北カリフォルニアのブルーリッジ山へ調査に乗り出した。彼はそこでその原因が、卓越した技術を有するロビュールによるものだったことを暴く。ロビュールの開発したエプヴァント号[1]は、地上を時速150マイルで走行出来、翼を開いて時速200マイルで飛行することが出来、潜水艦や高速艇としても変形出来る、全長10mの乗り物だった。

海底二万里』や『征服者ロビュール』を踏襲した内容だが、それらの作品とは異なり、エプヴァント号に乗るのはロビュールの他には副長のトム・ターナーともう一人の部下だけである。

登場人物[編集]

  • ジョン・ストロック - ワシントン警察の警部。
  • ロビュール - 卓越した技術を持つ謎の人物。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『エプヴァント』とは、「激しい恐怖」という意味である。