世界の日本人妻は見た!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
世界の日本人妻は見た!
ジャンル バラエティ番組
演出 新井勝也(総合演出)
出演者 爆笑問題ほか
ナレーター TARAKO
石井貴之、飯田かおり
製作
プロデューサー 越智暁(MBS)、錦信次(IVSテレビ制作)【共にCP
制作 毎日放送
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2013年4月16日 - 2017年9月19日
放送時間 火曜日 19:56 - 20:54
放送分 58分
回数 122
公式サイト
爆笑問題の世界の日本人妻は見た! 海外生活真相リポート どゆこと?(パイロット版)
プロデューサー 東田尚美、太田茂憲
ナレーター 近藤サト、織田っぱ、小坂由里子浅井晴美
放送期間 2012年4月8日
放送時間 日曜19:00 - 20:54
放送分 114分
回数 1

世界の日本人妻は見た!』(せかいのにっぽんじんづまはみた)は、2013年4月16日より2017年9月19日まで毎日放送の製作により、TBS系列で放送されたバラエティ番組である。全122回。放送時間は毎週火曜19:56 - 20:54(JST、以下略)。

なお、2012年4月8日19:00 - 20:54に『爆笑問題の世界の日本人妻は見た! 海外生活真相リポート どゆこと?[1] 異国の珍体験』という単発の特別番組(以下「パイロット版」と略記)が放送されている。

2014年3月25日には、過去最長となる4時間スペシャルを19:00から放送された。在阪局製作の全国ネット番組が4時間スペシャルを組むのは、レアなケースである。なお、4時間スペシャルでは、データ放送が実施された。

同年6月から9月9日までは、19時台の『「それってどんなヒト?」捜査バラエティ Gメン99』(同日終了)と交互に2時間スペシャルで放映されていた[2]。同年11月4日以降は、改編期を除き1時間枠で放送されることが多くなっていたが、2016年以降は19時台の『所さんのニッポンの出番!』→『この差って何ですか?』と交互に2時間SPを放送する割合が増えている。

TBSの改編発表会によると、2017年9月を以て本番組が終了することが決定した。これにより、本番組は4年半の歴史に幕。10月から『教えてもらう前と後』が後番組になる。放送期間は「4年半」ではあるが、回数は2年5ヶ月分の「122回」で、約2年分が休止された事になった。

内容[編集]

  • 外国人と結婚し海外で暮らす日本人妻の生活を取材し、文化の違いによる「珍体験リポート」からトークを展開する。
  • 2017年4月25日放送分から、タイトルロゴを一新し、スタジオセットもニュース番組風のものに一新、番組の内容も、日本人妻が見た世界各国の珍事件・衝撃事件の映像を紹介するものにリニューアルした。

出演[編集]

以下の出演者のほか、「マダム・ザ・ワールド」(日本在住の外国人女性)がパネラーとして出演していたが、現在(2016年時点)では在日外国人の男女がパネラーとして出演している。

司会[編集]

レギュラー版[編集]

以下の出演者は、女性パネラーとして登場。

以下の出演者は、2014年頃より男性パネラーとして登場。

再現VTR出演
過去の出演者(パネラー)

パイロット版[編集]

いずれもパネラーとして登場。

スタッフ[編集]

レギュラー版[編集]

  • ナレーター:TARAKO松元真一郎/石井貴之、飯田かおり
  • 構成:豊村剛/とちぼり元、秋葉高彰猿橋英之、八代丈寛、浅井哲郎/たむらようこ
  • TP:深谷高史
  • SW:横山政照(修司)
  • CAM:小林光行、渡辺健太郎
  • VE:武田和浩、宮本学、山下悠介、土井理沙
  • MIX:松本良道
  • LD:富井泰良、中田学、岩岡正
  • 美術プロデューサー:小美野淳一
  • 美術デザイン:岡嶋正浩
  • 美術制作:松永陽登
  • 編集:立木規之
  • MA:木村亮允
  • 音効:クォンジンホ
  • CG:大森清一郎
  • リサーチ:山下和規、メガバックス7
  • ロケ技術:川島考夫、桜(櫻)居大祐、岩澤治、李承宰、田中勝巳、上田一路、青島幹人、松浦覚、坂口周兵、小西賢輔、平尾徹、岩崎圭介、松浦覚、江藤恭真、奥村知樹、渡部孝二、奥村恭介
  • 技術協力:ニユーテレスティ・エル・シーIMAGICAヴェントゥオノ/Sala、ヴイ・ビジョンスタジオMABU、フォルテ、ワイドスタッフ、関西東通、ジノ・ソニック
  • 美術協力:アックス
  • 番組アドバイザー:鶴本康彦
  • 宣伝:竹山亜紀
  • 編成:木米英治
  • デスク:土橋理恵
  • 制作進行:石川好子
  • AD:西和邦、大野佳理(大野→以前は、制作進行)、富川浩平、杉山剛、田村直之、佐藤駿、林里穂、江守あゆ美、各務彰人、山崎彩子、蓬莱亮、瀬野瑛、中村優介、阿部雄大、鈴木光、倉橋玲奈、中江麻依華、滝澤果子、藤森久敬、藤田紗矢香、阿部雄大
  • AP:須山由佳子
  • ディレクター:山崎勝、小林啓之、山田雅之、川村公人、石本靖二郎、高橋研、財津猛、坂本健一郎、渡邊(辺)大介、渡部一貴(渡部→以前は、AD)、武澤貴之、平山崇、柴田玲奈、新田亮介、阿部高、関麻祐子(関→以前は、AD)、栂良太、嘉納一貴、君島一彦、乙黒剛土、笹野健太郎、新居稚也、飯島冬貴、武田喜栄、徳田浩二、中村卓也、橋向治海、木村綾乃、久富久伸(久富→以前はAD)
  • 演出:前田朗光、福元洋之、三好剛(三好→以前は、ディレクター)、白野勝敏、西川竜介、松本武史、赤坂康一、矢崎ゆうこ(矢崎→以前は、ディレクター)、市川貴弘
  • 監修:中村秀樹(以前は、総合演出)
  • 総合演出:新井勝也(以前は、演出)
  • プロデューサー:原敬一郎/澤井慎幸、須原(藤)美香
  • チーフプロデューサー:越智暁/錦信次
  • 制作協力:LOCOMOTIONフリーピット
  • 製作:MBS、IVSテレビ制作

過去のスタッフ[編集]

  • ナレーター:松岡美佳、明智葵、竹内正男
  • 構成:アリエシュンスケ、加藤淳一郎
  • SW:岩田一己
  • MIX:松原瑞貴
  • 照明:本沢啓史
  • 美術制作:宇賀田暁彦、串岡良太郎、藤田なつみ、羽田一成、芳賀基広
  • デザイン:フレイムグラフィックス
  • 音効:大舘明奈、稲川壮
  • 技術協力:FMT(2013年6月までFLTと表記)
  • 編成:石田敦子、田中良樹、山田陽輔、深迫康之
  • 宣伝:西澤和也、諸冨洋史(諸冨→一時離脱→復帰)
  • デスク:阿部繭子、小谷野沙樹
  • AP:北野佳世、山口芳枝
  • プロデューサー:神尾育代、森栄一郎、長尾真、坂本加恵、後藤喜男、中村和宏、宮沢一道
  • チーフプロデューサー:中野伸二/福浦与一
  • 制作協力:オンリー・ワンジョイマンえむき放送映画製作所、mulholland

パイロット版[編集]

  • ナレーター:近藤サト、織田っぱ、小坂由里子浅井晴美
  • 構成:いとうなお
  • TP:深谷高史
  • SW:河西純
  • CAM:河野昌寿
  • クレーン:古戸佐紀
  • MIX:片山勇
  • VE:武田和浩
  • LD:本沢啓史
  • 美術プロデューサー:小美野淳一
  • デザイナー:岡嶋正浩
  • 美術制作:宇賀田暁彦
  • 装置:森田正樹
  • 電飾:真鍋明
  • 特殊装置:山口貴史
  • メイク:マーヴィ
  • CG:山口大樹(キャニットG)
  • リサーチ:ブルーマウンテン
  • 編集:服部美里
  • MA:松丸裕香
  • 音効:稲川壮(ヴェントゥオノ
  • TK:水越理恵
  • 技術協力:ニユーテレスFLTアックスIMAGICA
  • 広報:内藤史(MBS)
  • 制作進行:渡部一貴
  • ディレクター:大野克己
  • 演出:伊達興男
  • プロデューサー:東田尚巳、太田茂憲
  • 製作:MBS、STEELO

ネット局と放送時間[編集]

『世界の日本人妻は見た!』ネット局
放送対象地域 放送局名(略称) 放送系列 放送時間 ネット状況
近畿広域圏 毎日放送(MBS) TBS系列 火曜 19:56 - 20:54 制作局
北海道 北海道放送(HBC) 同時ネット
青森県 青森テレビ(ATV)
岩手県 IBC岩手放送(IBC)
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
関東広域圏 TBSテレビ(TBS)
山梨県 テレビ山梨(UTY)
長野県 信越放送(SBC)
新潟県 新潟放送(BSN)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 チューリップテレビ(TUT)
石川県 北陸放送(MRO)
中京広域圏 CBCテレビ(CBC)[4]
鳥取県島根県 山陰放送(BSS)
岡山県・香川県 山陽放送(RSK)
広島県 中国放送(RCC)
山口県 テレビ山口(tys)
愛媛県 あいテレビ(itv)
高知県 テレビ高知(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
長崎県 長崎放送(NBC)
熊本県 熊本放送(RKK)
大分県 大分放送(OBS)
宮崎県 宮崎放送(MRT)
鹿児島県 南日本放送(MBC)
沖縄県 琉球放送(RBC)

備考[編集]

  • 2014年1月7日放送のスペシャルについて、第1部(18:45 - 19:00)はTBS・北陸放送の2局のみの放送となり(いずれの局も制作局毎日放送からの裏送りネット)、制作局毎日放送を含む、TBS・北陸放送以外の上記各局では第2部(19:00 - 20:54)のみネット。
  • 2015年4月第3週の放送は『侍プロ野球2015・DeNA×巨人』(TBS制作、横浜スタジアム)をJNN全国ネットで放送し、本番組の制作局である毎日放送は『With Tigers MBSベースボールパーク 中日×阪神』(ナゴヤドーム[5]に差し替えるため当初予定では行われないこととなっていたが、『DeNA×巨人』が中止となったことから18日(土曜日)13:54 - 14:58に臨時枠移動の上放送された。ただし、キー局TBSを含むTBS系列局では雨傘番組として編成本来の放送曜日・時間である14日19:56 - 20:54に裏送り先行ネットされた[6]
  • 2015年9月第2週の放送は、当初制作局の毎日放送では『with Tigers MBSベースボールパーク・阪神 vs 巨人』(阪神甲子園球場)を放送のため、13日(日曜日)15:30 - 16:28に臨時枠移動の上放送し、キー局含む制作局以外のTBS系列局では本体の放送曜日・時間である8日19:56 - 20:54に裏送り先行ネットとする予定であったが、試合が雨天中止になったため、制作局でも本来の放送曜日・時間に放送することとなり、系列局への裏送りとはならなかった。
  • 2016年9月第2週の放送は2時間SPであるが、制作局の毎日放送では『with Tigers MBSベースボールパーク・阪神 vs 巨人』を放送のため、11日(日曜日)13:00 - 14:54に臨時枠移動の上放送し、キー局含む制作局以外のTBS系列局では本体の放送曜日である6日19:00 - 20:54に裏送り先行ネットされた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「どゆこと?」は、2010年に太田が流行させようと多用していたフレーズ(太田光#代表的ギャグを参照)。パイロット版・レギュラー版ともにナレーションで頻繁に使われている。
  2. ^ それも6月までは20:54の『JNNフラッシュニュース』を縮小し、20:57まで拡大して放送した(『Gメン99』も同様)。その後は10月28日の2時間SPで、4ヶ月振りに20:57までの2時間SPが放送された。また2015年2月24日の2時間SPは、『フラッシュニュース』を19:56に短縮繰り上げし、20:00 - 21:54で放送、しかも直前番組『所さんのニッポンの出番!』からの接続は通常はステブレレスだが、この日は「当番組へのジャンクション」→『フラッシュニュース』(ステブレ・前CM無し)と続いた後、ステブレ入りで接続された。
  3. ^ 2017年春のリニューアルまで番組公式サイトの出演者一覧に氏名は非掲載だった。
  4. ^ 2014年3月25日(2013年度最終放送日)までは、認定放送持株会社移行に伴う商号変更ならびに分社化前のため、中部日本放送。
  5. ^ ホームチーム側地元局のCBCテレビは『燃えよドラゴンズ!』として別の実況で放送。
  6. ^ 本番組を含む、『横浜×巨人』戦中継代替の2番組を地元球団の試合に差し替えた局(CBCテレビ・北海道放送)では、本番組を毎日放送よりも遅れて放送もしくはネット返上とした。
毎日放送をはじめとするTBS系列 火曜19:56 - 20:00枠
前番組 番組名 次番組
世界の日本人妻は見た!
この差って何ですか?
※19:00 - 20:00
【ここからTBS制作、4分延長して継続】
毎日放送制作・TBS系列 火曜20:00 - 20:54枠
爆笑学園ナセバナ〜ル!
※19:56 - 20:54
世界の日本人妻は見た!