世界テコンドー連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ワールドテコンドー
World Taekwondo
略称 WT
設立年 1973年5月28日
種類 スポーツ組織
本部 大韓民国の旗 韓国
ソウル特別市江南区
会長 趙正源
ウェブサイト www.worldtaekwondofederation.net

ワールドテコンドー: World Taekwondo,WT)はテコンドーの競技開催を担う、国際オリンピック委員会 (IOC)の国際競技連盟 (IF) メンバー。韓国ソウルに本部を構える。

概要[編集]

世界テコンドー連盟(WTF)(のちのワールドテコンドー<WT>)が1973年5月28日に世界中の代表者35名が韓国の国技院に集いおこなわれた設立会議で設立された。WTと国技院が混同されることがあるが、これらは別の組織である。WTはオリンピックのほかに世界選手権ワールドテコンドーグランプリの開催を運営しており、各大陸別 (アジア、欧州、アフリカ、オセアニア、パンアメリカ) のテコンドー大陸競技連盟のほか、全日本テコンドー協会、USAテコンドーらのテコンドー国内競技連盟が加盟している。

WTテコンドーは、1988年ソウルオリンピック公開競技となり、2000年シドニーオリンピックにて正式競技に採用された。

国技院の統括の元、WTテコンドーの国際ルールの標準化がおこなわれている。

2017年6月23日、旧名称である世界テコンドー連盟(World Taekwondo Federation)の英語の略称"WTF"が英語圏で悪口"What the fuck!"を連想させ「マイナスのイメージ」が付いてしまったとして、「ワールドテコンドー(World Taekwondo)」に改称したと発表した。[1][2]

[編集]

WTの型「プムセ(品勢)」は国技院による統一教本に準じて標準化されている。世界大会等では標準に準拠した審査がおこなわれる。

2010年時点、日本では充分に標準が浸透しておらず、国内大会での採点時の問題となっており[要出典]、標準に準拠した型の指導者の育成と、標準の浸透が課題となっている。

  • 太極 1章~8章=(八卦の型)
  • 高麗(コリョ)
  • 金剛(クムガン)
  • 太白(テベク)
  • 平原(ピョンウォン)
  • 十進(シップシン)
  • 地胎(チテ)
  • 天権(チョンゴン)
  • 漢水(ハンス)
  • 一如(イルリョ)

スパーリング[編集]

WTのスパーリング「キョルギ (競技)」の試合はポイント制で、その優劣により勝敗が判定される。

  • 下段攻撃 (ローキック等) 禁止
  • 突きは胴部へのみ可、顔面へは禁止
  • 1ポイント - 中段への突き、蹴り
  • 2ポイント - 上段への蹴り
  • 上記の攻撃によりダウンと判定された場合は、さらに1ポイント加算
  • 突きの連打はポイントにならない

階級[編集]

階級名称 男子 女子
フィン級 54kg以下 46kg以下
フライ級 54 - 58kg 46 - 49kg
バンタム級 58 - 63kg 49 - 53kg
フェザー級 63 - 68kg 53 - 57kg
ライト級 68 - 74kg 57 - 62kg
ウェルター級 74 - 80kg 62 - 67kg
ミドル級 80 - 87kg 67 - 73kg
ヘビー級 87kg超 73kg超

なお、オリンピックでは以下の階級分けとなる。

男子
  • 58kg級
  • 68kg級
  • 80kg級
  • 80kg超級
女子
  • 49kg級
  • 57kg級
  • 67kg級
  • 67kg超級

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “世界テコンドー連盟が改称、ネットで略称に「マイナスイメージ」”. AFP. (2017年6月25日). http://www.afpbb.com/articles/-/3133317 
  2. ^ “욕설로 오해” 세계태권도연맹 약자 ‘WT’로 바꾼다”. ヘラルド経済 (2015年12月28日). 2019年10月19日閲覧。

関連記事[編集]