世界プロムエタイ連盟女子世界王者一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

世界プロムエタイ女子世界王者一覧(せかいプロムエタイれんめいじょしせかいおうじゃいちらん)はムエタイ団体である「世界プロムエタイ連盟」(WPMF)が認定する女子の世界王者の一覧表である。

ピン級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
1 日本の旗 ちはる(森川ちはる) 2011年8月28日 2013年6月16日 658 2
2011年6月12日に日本国東京都江東区の「ディファ有明」で行われた「M-1 FAIRTEX ムエタイチャレンジ がんばろうニッポン! RAORAK MUAY vol.2」において、ノーンアーイ・ポーワンパヤナック(タイ王国の旗 タイ)を5R判定3-0 (49-47/49-48/49-48)で下し、WPMF世界ピン級王座決定トーナメントの決勝戦に進出した。同大会ではLittle Tiger日本の旗 日本)がミンマッ・シットノムノーイ(タイ王国の旗 タイ)を4R0:28 KO (左ハイキック)で下し、同じく決勝戦に進出した。[1][2]
2011年8月28日、日本国東京都新宿区の「新宿FACE」で行われた「2011藤原祭り~夏の陣~其の壱 」において、Little Tiger(宮内彩香/日本の旗 日本)を5R判定3-0(50-48/50-47/49-48)で下し、トーナメントで優勝すると共に空位の王座を獲得。[3][4]
2012年3月25日に日本国東京都江東区の「ディファ有明」で行われた「M-1ムエタイチャレンジ Sutt Yod Muaythai Vol.1 Part.1」において、紅絹(山口紅絹/日本の旗 日本)を5R判定0-0(49-49/49-49/50-50)の引分で初防衛に成功。[5]
2012年11月11日に日本国東京都江東区の「ディファ有明」で行われた「M-1 Sutt Yod Muaythai vol.4」において、Little Tiger(宮内彩香/日本の旗 日本)を5R判定3-0(50-48/49-48/49-48)で下し、2度目の防衛に成功。[6][7]
暫定 日本の旗 伊藤紗弥 2012年12月4日 2013年12月4日 365 1
タイ王国バンコクにある「ロイヤル・ターフクラブ競馬場」において、ムアンシンチュー・オー・ワンチュード(タイ王国の旗 タイ)を3RTKOで下し、空位の暫定王座を獲得。[8]
2013年8月11日、タイ王国バンコクにある「WPMF事務局特設会場」において、挑戦者(タイ王国の旗 タイ)を判定で下し、暫定王座の初防衛に成功。[9]
2 タイ王国の旗 テップサー・ソーテップジャルン 2013年6月16日 2013年9月15日 91 0
日本国東京都江東区の「ディファ有明」で行われた「M-FIGHT SUK WEERASAKRECK Ⅱ Part.1」において、ちはる(森川ちはる/日本の旗 日本/王者)を5R判定0-3(50-49/50-48/50-49)で下し、ちはるの王座を獲得。[10][11]
3 日本の旗 Little Tiger(宮内彩香) 2013年9月15日 2015年9月27日 742 1
日本国東京都江東区の「ディファ有明」で行われた「M-FIGHT SUK WEERASAKRECK III Part.2」において、テップサー・ソーティップジャルン(タイ王国の旗 タイ/WPMF&WMC世界ピン級王者)を5R判定3-0(49-48/49-47/50-47)で下し、テップサーの王座を獲得。[12][13]
2014年9月21日、日本国東京都江東区の「ディファ有明」で行われた「M-FIGHT Suk WEERASAKRECK VII」において、ペッタンヤー・モークルンテープトンブリー(タイ王国の旗 タイ/挑戦者)を4R1:23 TKO(セコンドからのタオル投入)で下し、初防衛に成功。[14]
暫定 タイ王国の旗 ザ・スター・ソー・クリンミー 2013年12月4日 ? ? ?
タイ王国バンコクの「サナムルアン(王宮前広場)」で行われた「タイ国王生誕記念キングスカップ2013」において、伊藤紗弥日本の旗 日本)を5R判定で下し、伊藤の暫定王座を獲得。[15]
4 日本の旗 伊藤紗弥 2015年9月27日 2016年 ? 1
日本国東京都江東区の「ディファ有明」で行われた「SUK WEERASAKRECK X」 において、Little Tiger(宮内彩香/王者/日本の旗 日本)を5R判定3-0(50-47/50-47/50-48)で下し、Little Tigerの王座を獲得。[16][17]
2016年3月21日、日本国東京都江東区の「ディファ有明」で行われた「M-ONE」において、Little Tiger(宮内彩香/挑戦者/日本の旗 日本)を5R判定2-0(49-48/49-49/49-48)で下し、初防衛に成功。[18][19]
その後、王座を返上した。[20]
5 日本の旗 Little Tiger(宮内彩香) 2016年9月25日 ? ? ?
日本国東京都江東区の「ディファ有明」で行われた「M-ONE 2016 3rd」において、COMACHI(江口こまち/日本の旗 日本/挑戦者)を5R判定3-0(49-48/49−48/50−48)で下し、空位の王座を獲得。[21][22]
暫定 タイ王国の旗 パヤーフォン・ローンリエンギィラーコラート 2018年2月25日 現行 389 0
日本国大分県別府市の「別府国際コンベンションセンター ビーコンプラザ」で行われた「第3回 KODO -魂動-」において、COMACHI(江口こまち/日本の旗 日本/WPMF日本女子同級王者)を5R判定3-0で下し、空位の暫定王座を獲得。[23]

ミニフライ級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
タイ王国の旗 パヤックイン・シットニワット ? 2009年9月13日 ? ?
日本の旗 神村エリカ(神村江里加) 2009年9月13日 ? ? 1
日本国東京都江東区の「ディファ有明」で行われた「M.I.D Japanプレゼンツ M-1 FAIRTEX SINGHA BEERムエタイチャレンジ2009 Yod Nak Suu vol.3」において、パヤックイン・シットニワット(タイ王国の旗 タイ)を5R判定3-0(50-47/50-46/50-46)で下し、パヤックインの王座を獲得。[24][25]
2010年9月12日、日本国東京都江東区の「ディファ有明」で行われた「M-1 FAIRTEX SINGHA BEERムエタイチャレンジ NAI KANOMTOMvol.3」において、ノングネーン・ソーシリワン(タイ王国の旗 タイ/挑戦者)を5R判定3-0(50-46/50-46/50-45)で下し、初防衛に成功。[26][27]
日本の旗 Little Tiger(宮内彩香) 2012年6月24日 ? ? 0
日本国東京都江東区の「ディファ有明」で行われた「M-1ムエタイチャレンジ Sutt Yod Muaythai vol.2」において、ティチャー・ゴー.アディソン(タイ王国の旗 タイを5R判定3-0(47-50/47-50/47-50)で下し、空位の王座を獲得。同時に自身の持つWMC世界女子ミニフライ級王座も防衛。[28]
日本の旗 神村エリカ(神村江里加) 2012年12月2日 ? ? ?
日本国東京都文京区の「TOKYO DOME CITY HALL」で行われた「RISE/M-1 MC 〜INFINITY〜」において、ローマ・ルックブンミー(タイ王国の旗 タイ)を3R 1:21 KO(左ストレート)で下し、空位の王座を獲得。[29][30]
2013年6月16日、日本国東京都江東区の「ディファ有明」で行われた「M-FIGHT SUK WEERASAKRECK Ⅱ Part.1」において、チュリー・ゴータウインジム(タイ王国の旗 タイ/WPMF同級1位/挑戦者)を1R1:41 TKOで下し、初防衛に成功。[10][11]
暫定 タイ王国の旗 ヨージン・シットムエサヤーム 2012年12月4日 ? ? ?
タイ王国バンコクの「ロイヤル・ターフクラブ競馬場」において、対戦相手(中華人民共和国の旗 中国/香港の旗 香港)を下し、空位の暫定王座を獲得。[31]
2013年3月17日、タイ王国アユタヤ県ランカーカオ寺院で行われた「World Muay Thai Festival 2013」において、Little Tiger(宮内彩香/日本の旗 日本/挑戦者)を5R判定引き分けで暫定王座を防衛した。[32][33]
2013年6月16日、日本国東京都江東区の「ディファ有明」で行われた「M-FIGHT SUK WEERASAKRECK Ⅱ Part.1」において、Little Tiger(宮内彩香/日本の旗 日本/挑戦者)を5R判定3-0(50-47/50-46/50-46)で下し、暫定の防王座衛に成功。[11]
タイ王国の旗 ドゥワンダーウノーイ・ルーククロンタン 2014年12月4日 2015年5月31日 178 0
タイ王国バンコクの「ロイヤル・ターフクラブ競馬場」において、ペークララット・モー・クルンテープトンブリー(タイ王国の旗 タイ)を5R判定で下し、空位の王座を獲得。[34]
日本の旗 田嶋はる(田島佳代子) 2015年5月31日 現行 1390 1
日本国沖縄県宜野湾市の「沖縄コンベンションセンター」の展示棟で行われた「TENKAICHI 76 ~Special Live AK-69~」において、ドゥワンダーウノーイ・ルーククロンタン(タイ王国の旗 タイ/王者)を5R1:40 KO(頭部への右膝蹴り)で下し、ドゥワンダーウノーイの王座を獲得。[35][36]
2018年3月4日、日本国沖縄県沖縄市の「ミュージックタウン音市場」で行われた「TENKAICHI 89」において、ファーチェンライ・ソーセンチャイ (タイ王国の旗 タイ/挑戦者/WPMF同級3位)を5R判定0-1(49-50/49-49/50-50)引分で下し、初防衛に成功。[37]
タイ王国の旗 ペットジージャ・オー・ミークン 2017年4月1日 ? ? ?
タイ王国バンコクの「ロイヤル・ターフクラブ競馬場」において、ペットナーリー・チョー・ペットチョラチャン(タイ王国の旗 タイ)を5R判定3-0で下し、王座を獲得。この際、田嶋はるが現役の正規王者だったにもかかわらず何故か王者決定戦が行われた。[38][39]

フライ級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
タイ王国の旗 サーサ・ソーアリー
日本の旗 いつか(横瀬いつか) 2014年9月21日 ? ? ?
日本国東京都江東区の「ディファ有明」で行われた「M-FIGHT Suk WEERASAKRECK VII」において、ペッベンチャー・モークルンテープトンブリー(タイ王国の旗 タイ)を5R判定3-0(49-48/49-47/49-48)で下し、空位の王座を獲得。[40][41]
タイ王国の旗 タナンチャノック・ゲーオサムリット 2017年3月17日 2017年8月11日 147 0
タイ王国アユタヤ県アユタヤ歴史公園の「ランカーカオ寺院」で行われた「Miracle Muay Thai Festival」において、ファニ・ペロウピー(ギリシャの旗 ギリシャ)を5R判定3-0で下し、空位の王座を獲得。[42]
タイ王国の旗 ノーンビウ・シットヨードシアン 2017年8月11日 2017年10月15日 65 0
タイ王国バンコクの「ロイヤル・ターフクラブ競馬場」において、タナンチャノック・ゲーオサムリット(タイ王国の旗 タイ/王者) を5R判定1-2(48-49/48-49/49-48)で下し、タナチャノックの王座を獲得。[43][44]
日本の旗 白築杏奈 2017年10月15日 2018年12月16日 427 0
日本国岡山県倉敷市の「くらしき山陽ハイツ」で行われた「Japan Kickboxing Innovation 認定 第4回岡山ジム主催興行」において、ノーンビウ・シットヨードシアン(タイ王国の旗 タイ/王者)を5R判定0-2(49-49/47-49/48-49)で下し、ノーンビウの王座を獲得。[45][46][47]
暫定 タイ王国の旗 タナンチャノック・ゲーオサムリット 2018年8月9日 2018年12月16日 129 0
タイ王国バンコクで行われた「王女生誕祭」において、リサ・サンタイ(リサ・ブリーリー/イギリスの旗 イギリス)を5R判定で下し、空位の暫定王座を獲得。[48][49]
タイ王国の旗 タナンチャノック・ゲーオサムリット 2018年12月16日 現行 95 0
日本国岡山県岡山市の「岡山武道館」で行われた「Japan Kickboxing Innovation 認定 第5回岡山ジム主催興行」において、白築杏奈(日本の旗 日本/正規王者)を5R判定0-2(48-49/49-49/48-49)で下し、白築の正規王座を吸収。[50]

バンタム級[編集]

名前 国籍 在位期間 防衛回数
レムベリット・ローティディア フランスの旗 フランス 2010年8月11日 - 現在 0

スーパーフェザー級[編集]

名前 国籍 在位期間 防衛回数
メリサー・イミネントエー イギリスの旗 イギリス 2010年8月11日 - 現在 0

スーパーライト級[編集]

名前 国籍 在位期間 防衛回数
クレイア・ヘイグ ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク 不明 -

ウェルター級[編集]

名前 国籍 在位期間 防衛回数
シャンタル・ウギ イタリアの旗 イタリア 2008年4月5日 - 2009年4月8日
ジュリー・キッチン イギリスの旗 イギリス 2009年4月8日 - 現在 0

出典[編集]

  1. ^ 藤原あらし、タイ強豪をKO。森井はドロー:6.12 有明” (日本語). boutreview.com (2011年6月13日). 2018年9月18日閲覧。
  2. ^ 【M-1】森井洋介がスワノーイと痛恨のドロー、藤原あらしは古豪を撃破!” (日本語). gbring.com (2011年6月11日). 2018年9月18日閲覧。
  3. ^ 山本真弘判定勝ち。一戸総太×伊東拓馬は引分:8.28 新宿” (日本語). boutreview.com (2011年8月30日). 2018年9月18日閲覧。
  4. ^ 【藤原祭り・昼】ちはるが世界タイトルを獲得、三冠王となる” (日本語). gbring.com (2011年8月28日). 2018年9月18日閲覧。
  5. ^ 藤原あらし、ルンピニー査定試合は判定負け:3.25 有明” (日本語). boutreview.com (2012年3月29日). 2018年9月18日閲覧。
  6. ^ 【M-1】女子ダブル世界戦はいずれも王者が防衛に成功” (日本語). efight.jp (2012年11月11日). 2018年9月18日閲覧。
  7. ^ サーオシン&ちはるがWPMF世界女子王座防衛:11.11(昼) 有明” (日本語). boutreview.com (2012年11月11日). 2018年9月18日閲覧。
  8. ^ WPMF Female Pinweight ranking (April 2013)” (タイ語) (2013年4月24日). 2018年9月19日閲覧。
  9. ^ 白鳥大珠、伊藤紗弥らM-FIGHT軍団が7勝3敗:8.10-12 ルンピニー” (日本語). boutreview.com (2013年8月22日). 2018年9月19日閲覧。
  10. ^ a b 梅野源治&神村エリカ、タイ人選手を1R KO:6.16 有明” (日本語). boutreview.com (2013年6月17日). 2018年9月18日閲覧。
  11. ^ a b c 【M-FIGHT】世界5大タイトル戦で神村が秒殺KOで防衛” (日本語). efight.jp (2013年6月16日). 2018年9月18日閲覧。
  12. ^ 【M-FIGHT】強すぎるゲーオ、日本最後の砦・梅野をも粉砕” (日本語). efight.jp (2013年9月15日). 2018年9月19日閲覧。
  13. ^ ゲーオ、肘とパンチで梅野源治を2R KO:9.15 有明” (日本語). boutreview.com (2013年9月16日). 2018年9月19日閲覧。
  14. ^ 【M-FIGHT】梅野、ルンピニー現役ランカーを追い込むもドロー” (日本語). efight.jp (2014年9月21日). 2018年9月19日閲覧。梅野源治、ルンピニー元王者のランカーとドロー:9.21 有明” (日本語). boutreview.com (2014年9月23日). 2018年9月19日閲覧。
  15. ^ 伊藤紗弥、サーオシン・ソー・ソピット 結果 タイ国王生誕記念 キングスカップ2013” (日本語). http://qr.livedoor.biz (2013年12月6日). 2018年9月19日閲覧。
  16. ^ 【WSR】16歳の天才ムエタイ少女・伊藤紗弥が世界王者に” (日本語). efight.jp (2015年9月27日). 2018年9月19日閲覧。
  17. ^ 伊藤紗弥、Little Tigerに判定勝ち。ゴンナパー、ハチマキを完封:9.27 有明” (日本語). boutreview.com (2015年9月27日). 2018年9月19日閲覧。
  18. ^ 【M-ONE】ヤスユキ、ハイキックで王者グラつかせるも一歩及ばず” (日本語). efight.jp (2016年3月21日). 2018年9月19日閲覧。
  19. ^ ヤスユキ、ラジャ現王者に惜敗。健太、stop the ゴンナパーに成功:3.21 有明” (日本語). boutreview.com (2016年3月23日). 2018年9月19日閲覧。
  20. ^ 伊藤紗弥、WPMF世界ピン級王座返上。Little Tiger×COMACHIで決定戦:9.25 有明” (日本語). boutreview.com (2016年8月22日). 2018年9月19日閲覧。
  21. ^ 中向永昌、潘隆成、Little Tigerが王座獲得。一戸総太、引退戦で勝利:9.25 有明” (日本語). boutreview.com (2016年9月27日). 2018年9月19日閲覧。
  22. ^ 【M-ONE】K-1から凱旋したゴンナパーがKO圧勝” (日本語). efight.jp (2016年9月25日). 2018年9月19日閲覧。
  23. ^ KODO 2.25 別府ビーコンプラザ:NOBU BRAVELYがWPMF世界スーパーライト級暫定王者に。COMACHIは王座奪取ならず” (日本語). boutreview.com (2018年2月27日). 2018年9月9日閲覧。
  24. ^ 井原, 芳徳 (2009年9月16日). “神村江里加、16歳でWPMF世界王座を獲得” (日本語). boutreview.com. 2018年9月9日閲覧。
  25. ^ 【M-1】引退試合のワンロップを完璧に超えた!藤原あらしが最後の決着戦に勝つ” (日本語). gbring.com (2009年9月13日). 2018年9月9日閲覧。
  26. ^ ゲンナロン、引退戦は黒星。カノンスック、遠藤を返り討ち” (日本語). boutreview.com (2010年9月13日). 2018年9月20日閲覧。
  27. ^ 【M-1】カノンスックが戦慄のヒジ打ちで二冠王に!神村エリカが世界タイトル防衛” (日本語). gbring.com (2010年9月12日). 2018年9月20日閲覧。
  28. ^ 梅野源治、ルンピニー査定試合で2R KO勝ち:6.24 有明” (日本語). boutreview.com (2012年6月25日). 2018年9月20日閲覧。
  29. ^ 吉本光志&山本真弘、GLORY推薦選手から白星:12.2 TDC” (日本語). boutreview.com (2012年12月3日). 2018年9月20日閲覧。
  30. ^ 【ライズ/M-1】吉本と山本がグローリーの刺客を撃退!水落と神村は世界タイトル奪取” (日本語). efight.jp (2012年12月2日). 2018年9月20日閲覧。
  31. ^ WPMF Female Mini-Flyweight ranking (April 2013)” (タイ語) (2013年4月24日). 2018年9月20日閲覧。
  32. ^ 宮内, 彩香 (2013年3月11日). “記者会見” (日本語). ameblo.jp/littletigerj. 2018年9月20日閲覧。
  33. ^ 3月17日 タイ・アユタヤ 「World Muay Thai Festival 2013」” (日本語). www.hx.sakura.ne.jp. 2018年9月20日閲覧。
  34. ^ WPMF Female Mini flyweight ranking (March 2015)” (タイ語) (2015年3月12日). 2018年9月21日閲覧。
  35. ^ 【TENKAICHI】田嶋はる、KO勝ちでWPMF世界タイトル奪取” (日本語). efight.jp (2015年5月31日). 2018年9月21日閲覧。
  36. ^ 田嶋はる、5R KO勝ちでWPMF女子世界王者に。廣虎はTKO負け:5.31 沖縄” (日本語). boutreview.com (2015年6月1日). 2018年9月21日閲覧。
  37. ^ TENKAICHI 3.4 沖縄 音市場:田嶋はる、WPMF世界女子ミニフライ級王座をドロー防衛。ローズ達也、WPMF日本フライ級王者に” (日本語). boutreview.com (2018年9月4日). 2018年9月21日閲覧。
  38. ^ ペットジージャが新王者に!【試合動画】ペットジージャvsペットナーリー☆WPMF女子世界ミニフライ級王座決定戦!☆4.1シリントーン殿下生誕記念興行” (日本語). blog.livedoor.jp (2017年4月2日). 2018年9月21日閲覧。
  39. ^ Press conference of WPMF Championship เฉลิมพระเกียรติสมเด็จพระเทพฯ 62 พรรษา” (タイ語). www.wpmfmuaythai.com. 2018年9月21日閲覧。
  40. ^ 【M-FIGHT】梅野、ルンピニー現役ランカーを追い込むもドロー” (日本語). efight.jp (2014年9月21日). 2018年9月13日閲覧。
  41. ^ 久保, 与志 (2014年9月23日). “梅野源治、ルンピニー元王者のランカーとドロー:9.21 有明” (日本語). boutreview.com. 2018年9月13日閲覧。
  42. ^ Miracle Muay Thai Festival @Ayutthaya”ศึกมหัศจรรย์มวยไทย มรดกโลก”” (英語). wpmfmuaythai.com. 2018年9月13日閲覧。
  43. ^ WPMF Championship results 11 Aug 2017 “มหกรรมมวยไทย เทิดพระเกียรติ มหาราชินี”” (英語). wpmfmuaythai.com. 2018年9月13日閲覧。
  44. ^ Thanonchanok Kaewsamrit vs Nomgbiew Sityodsian (Poptheeratham) for the 112 lbs WPMF world title.” (英語). 2018年12月31日閲覧。
  45. ^ 岩浪悠弥、WPMF世界王座戦は判定負け。白築杏奈は同王者に:10.15 岡山” (日本語). boutreview.com (2017年10月17日). 2018年9月12日閲覧。
  46. ^ Japan Kickboxing Innovation 認定 第4回岡山ジム主催興行” (日本語). okayamakickboxing.blog.jp (2017年10月15日). 2018年9月12日閲覧。
  47. ^ 【イノベーション】岩浪悠弥、WPMF世界タイトル戦で惜敗” (日本語). efight.jp (2017年10月15日). 2018年9月12日閲覧。
  48. ^ สหพันธ์มวยไทยอาชีพโลก W.P.M.F. 09-08-2561 ธนัญชนก แก้วสัมฤทธิ์ vs ลิซ่า ว.สันใต 112lbs 4/4” (タイ語) (2018年8月11日). 2018年12月30日閲覧。
  49. ^ Watthanaya, Frances (2018年8月10日). “BRIERLEY VS THANANCHOK: A VALIANT STEP FORWARD FOR WOMEN’S MUAY THAI” (英語). thefightnation.com. 2018年12月30日閲覧。
  50. ^ [2018/12/16] 第5回岡山ジム主催興行” (日本語). kick-innovation.com. 2018年12月30日閲覧。