世界ボクシング評議会ムエタイ・ダイヤモンド王者一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

世界ボクシング評議会ムエタイ・ダイヤモンド王者一覧(せかいボクシングひょうぎかいムエタイダイヤモンドおうじゃいちらん)はプロボクシングの世界王座認定団体「世界ボクシング評議会」(WBC)のムエタイ部門(WBCムエタイ)が認定するダイヤモンド王者の一覧表である。


スーパーウェルター級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
1 タイ王国の旗 ブアカーオ・バンチャーメー 2014年8月15日 現行 1374 0
タイチエンラーイ県の「チェンマイ・ラチャパット大学」において、アブドゥル・カリム・トゥーレ(フランスの旗 フランス)を3RTKO(レフェリーストップ:右肘打ち)で下し、王座を獲得[1][2][3]

スーパーライト級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
1 タイ王国の旗 センチャイ・PKセンチャイムエタイジム 2011年8月14日 現行 2471 0
アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスの「Commerce Casino」において、ケヴィン・ロス(アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)を5R判定2-0(48-46/48-46/47-47)で下し、WBCムエタイ初のダイヤモンド王座を獲得。この試合には、空位のMTAA(米国ムエタイ協会)世界スーパーライト級王座も賭けられていた[4][5][6]

関連項目[編集]

出典[編集]