世界ボクシング評議会ムエタイ・女子インターナショナル王者一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

世界ボクシング評議会ムエタイ・女子インターナショナル王者一覧(せかいボクシングひょうぎかいムエタイじょしインターナショナルおうじゃいちらん)はプロボクシングの世界王座認定団体「世界ボクシング評議会」(WBC)のムエタイ部門(WBCムエタイ)が認定する女子インターナショナル王者の一覧表である。

ミニフライ級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
イギリスの旗イングランドの旗 デニス・メラー 2011年7月14日 ? ? ?
イギリスイングランドボーンマスの「O2アカデミー・ボーンマス」で行われた「Muaythai World Series」において、アニー・エリクソン( スウェーデン)を5R判定3-0(50-45/50-45/50-46)で下し、空位の王座を獲得。[1][2]
暫定 日本の旗 Little Tiger(宮内彩香) 2014年7月26日 ? 0 0
タイ・パタヤの「パタヤ・ボクシング・ワールド・スタジアム」において、ファーチャングライ・ソー・サコントン(タイ王国の旗 タイ)を5R判定2-0 (48-47/48-47/48-48)で下し、王座を獲得[3][4][5]

ライトフライ級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
日本の旗 神村エリカ 2011年10月2日 ? ? 0
日本国東京都文京区の「後楽園ホール」において、デニス・メラー(イギリスの旗 イギリス/元WBCムエタイ女子インターナショナル・ミニフライ級王者)を1R1:49 KO(左フック)で下し、王座を獲得[6][7][8]

フライ級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
イギリスの旗スコットランドの旗 エイミー・パーニー 2016年11月19日 ? ? ?
イギリス・スコットランド・グラスゴーの「Stepps Cultural Centre」で行われた「Fight Sport Extreme」において、バルベーラ・ボンテンピ(イタリアの旗 イタリア)を4R1:14 TKO(レフェリーストップ: 右ボディフック)で下し、王座を獲得。[9][10]

スーパーフライ級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
イギリスの旗イングランドの旗 ルース・アッシュダウン 2013年3月9日 ? ? ?
イギリス・イングランド・リヴァプールの「Greenbank Academy」で行われた「Smash Muaythai 3」において、ケイト・ステーブルス(イギリスの旗 イギリス/イングランドの旗 イングランド)を5R判定2-0で下し、空位の王座を獲得。[11][12]

バンタム級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数

スーパーバンタム級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
アメリカ合衆国の旗 ティファニー・ヴァン・スースト 2012年10月13日 ? ? ?
アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスの「ハードロックホテル・アンド・カジノ」で行われた「Lion Fight 7」において、ジェリ・サイツ(アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)を5R判定で下した。[13]

フェザー級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数

スーパーフェザー級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数

ライト級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数

スーパーライト級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数

ウェルター級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数

スーパーウェルター級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数

ミドル級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数

スーパーミドル級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数

ライトヘビー級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数

クルーザー級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数

スーパークルーザー級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数

ヘビー級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数

スーパーヘビー級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ MELLOR BEATS ERIKSON WITH POINTS VICTORY” (英語). wbcmuaythai.com (2011年7月12日). 2018年8月8日閲覧。
  2. ^ WBC Muaythai Female International Title 45kg Denise Mellor UK Vs Annie Errikson Sweden July 2011” (英語) (2014年11月15日). 2018年8月8日閲覧。
  3. ^ Little Tiger、WBCムエタイ女子世界暫定102ポンド王座獲得:7.26 タイ” (日本語). boutreview.com (2014年7月27日). 2018年6月3日閲覧。
  4. ^ 【ムエタイ】Little TigerがWBCムエタイ・インターナショナル王座奪取” (日本語). efight.jp (2014年7月26日). 2018年6月3日閲覧。
  5. ^ 小老虎 VS 蓝清莱” (タイ語). 2018年6月3日閲覧。
  6. ^ 大和哲也、ジョムトーンを攻められず完敗:10.2 後楽園” (日本語). boutreview.com (2011年10月3日). 2018年5月22日閲覧。
  7. ^ WBC Muaythai 2011 Denise Mellor vs Erika Kamimura”. youtube.com. 2018年5月22日閲覧。
  8. ^ 10・2WBCムエタイ神村エリカ完封 ジョムトーンを迎撃したK-1王者大和哲也無念の判定負け” (日本語). miruhon.net (2011年10月3日). 2018年5月22日閲覧。
  9. ^ It's a clean sheet Scotland win 4 straight wins with Amy Pirnie putting a top notch performance and finishing her opponent with a vicious body shot!” (英語) (2016年11月20日). 2018年8月8日閲覧。
  10. ^ Fight Sport Extreme” (英語). muaythaitv.com. 2018年8月8日閲覧。
  11. ^ Jarvis, John (2013年3月12日). “Ruth Ashdown: Crawley’s NEW WBC Title Holder” (英語). crawleyfitness.com. 2018年8月8日閲覧。
  12. ^ Smash Muaythai 3 Kate Stables v Ruth Ashdown” (英語) (2013年3月11日). 2018年8月8日閲覧。
  13. ^ RESULTS AND RECAP OF LION FIGHT MUAY THAI 7: WALKER KO’S SCHILLING” (英語). lionfight.com. 2018年7月19日閲覧。

関連項目[編集]