世界ボクシング評議会ムエタイ欧州王者一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

世界ボクシング評議会ムエタイ欧州王者一覧(せかいボクシングひょうぎかいムエタイおうしゅうおうじゃいちらん)はプロボクシングの世界王座認定団体「世界ボクシング評議会」(WBC)のムエタイ部門(WBCムエタイ)が認定する欧州王者の一覧表である。

フライ級[編集]

女子[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
イタリアの旗 イリアーナ・ヴァレンティーノ ? ? ?

バンタム級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
フランスの旗 モアメド・ブシャール 2013年5月25日 ? ? ?
フランスイヴリーヌ県トラップの「Complexe Omnisport Paul Mahier」で行われた「ONE VS ONE」において、ネストール・ロドリゲス(スペインの旗 スペイン)に判定勝ちし、空位の王座を獲得。[1][2]

フェザー級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
イギリスの旗イングランドの旗 リース・トムソン 2016年11月19日 ? ? ?
イギリスイングランドウェスト・サセックスの「コプトーン・ホテル・エフィンガム」で行われた「Muay Thai Mayhem」において、カール・ホッジズ(アイルランドの旗 アイルランド)を5R判定で下した。[3][4]

ライト級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
フランスの旗 マダニ・ベルアダー 2017年1月28日 ? ? ?
フランスマルリーのSalle Dumont(Stade Denyaer)で行われた「GO FIGHT 3」において、パヴェウ・シマンスキ(ポーランドの旗 ポーランド/イタリアの旗 イタリア)を判定で下し、空位の王座を獲得。[5][6]

スーパーライト級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
イギリスの旗イングランドの旗 ルーク・ターナー 2016年8月27日 ? ? ?
イギリススコットランドリンウッドの「On-X Arena」で行われた「Muay Thai Boxing」において、アミン・アル・ラディ(フランスの旗 フランス)を5R判定3-0で下し、空位の王座を獲得。[7][8][9]
フランスの旗 オマール・セラミ 2017年2月4日 ? ? ?
フランスムルト=エ=モゼル県ヴァンドゥーヴル=レ=ナンシーの「パルク・デ・スポル」で行われた「Emperor Chok Dee 2017」において、イヴァーノ・シヴィエロ(イタリアの旗 イタリア)を判定で下し、空位の王座を獲得。[10][11][12]

ウェルター級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
フランスの旗 アブドゥライェ・エムベイェ 2013年5月25日 ? ? ?
フランスイヴリーヌ県トラップのComplexe Omnisport Paul Mahierで行われた「ONE VS ONE」において、ルイ・ブリセーニョ(ポルトガルの旗 ポルトガル)を判定で下し、空位の王座を獲得。[1][2]
フランスの旗 イブラヒム・シャーフー 2013年9月7日 ? ? ?
フランス・レユニオンの「スタッド・ヴォルネ・サン=ピエール」で行われた「Millenium Team Fight」において、ファブリス・ムーニアマ(フランスの旗 フランス)を5R判定3-0(49-46/50-47/50-46)で下し、空位の王座を獲得。[13]
フランスの旗 アントニー・ガゼル 2016年6月4日 2017年1月28日 ? ?
フランスマルヌ県シャロン=アン=シャンパーニュの「ジムナーズ・カボ」で行われた「Hurricane Fighting 3」において、ヤシン・ハナチー(フランスの旗 フランス)を4RTKOで下し、王座を獲得。[14][15]
フランスの旗 アブデヌール・アリ・カダ 2017年1月28日 ? ? ?
フランス・ガイヤール・リュ・デュ シャトレの「サル・マルチスポール・エスパス」で行われた「BURNING SERIES 6」において、アントニー・ガゼル(フランスの旗 フランス)を4RTKOで下し、ガゼルの王座を獲得。[16][17]

スーパーウェルター級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
フランスの旗 エクスペディ・ヴァラン 2013年9月7日 ? ? ?
フランス・レユニオンの「スタッド・ヴォルネ・サン=ピエール」で行われた「Millenium Team Fight」において、モアメド・ユメール(フランスの旗 フランス)を5R判定2-1(48-46 47-48 48-46)で下し、空位の王座を獲得。[18]
フランスの旗トルコの旗 アイデン・トゥンジャイ 2016年1月23日 ? ? ?
フランスアルバンの「エスパス・スポルティフ・モーリス・ニコ」で行われた「Burning Series 5」において、ミカエル・ロンジン(フランスの旗 フランス)を3RTKO(レフェリーストップ: 戦意喪失)で下し、空位の王座を獲得。[19][20]
フランスの旗 カイス・ナジュム 2017年2月14日 ? ? ?
フランスオー=ラン県ミュルーズの「Palais des Sports Mulhouse」で行われた「La Nuit Des Challenges 17」において、ルカ・タグリアリーノ(イタリアの旗 イタリア)を判定で下し、空位の王座を獲得。[21][22]

ミドル級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
フランスの旗 カメル・メザトニ 2013年2月23日 ? ? ?
フランスベルフォールの「ジムナーズ・ル・ファール」で行われた「Lion Belt Fight Night 3」において、グレガ・スモレ(スロベニアの旗 スロベニア)を判定で下した。[23][24]
ポルトガルの旗 ディオゴ・カラド 2015年12月12日 ? ? ?
ポルトガル・リスボンの「Pavilhão n.º 1 do Estádio Universitário de Lisboa」で行われた「Diamond League」において、カメル・メザトニ(フランスの旗 フランス)を5R判定で下し、空位の王座を獲得。[25][26][27]
その後、休養王座扱いになった。[28]

スーパーミドル級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
フランスの旗 ウェンディー・アノネ 2012年3月24日 ? ? ?
フランス・ノール県アーズブルックの「サル・アンリ=デビュクオア」で行われた「Thai Boxing Show Time 3」において、ケヴィン・ハース(ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク)を5R判定3-0(47-48/45-50/46-49)で下し、空位の王座を獲得。[29]

ライトヘビー級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
カーボベルデの旗オランダの旗ポルトガルの旗 ルイス・メイリク・タヴァレス 2016年6月4日 ? ? ?
フランスバス=ノルマンディー地域圏ディーヴ=シュル=メールの「ジムナーズ・クエステル・ドゥラポルト」で行われた「MT-DAY」において、ダミアン・オゼンヌ(フランスの旗 フランス)を判定で下し、空位の王座を獲得。[30][31]
2018年6月2日にスペインマラガマルベーリャの「Palacio de Congresos de Marbella」で行われた、「Caesar Internacional Fighting Championship」におけるルベン・リー(ルベン・ガルシア/スペインの旗 スペイン)対マリック・アリアンヌ(フランスの旗 フランス/アルジェリアの旗 アルジェリア)の試合結果は不明。[32]

ヘビー級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
ポルトガルの旗 カルロス・デグラカ(カルロス・モンテイロ・グラカ) 2016年11月19日 ? ? ?
イギリスイングランドウェスト・サセックスの「コプトーン・ホテル・エフィンガム」で行われた「Muay Thai Mayhem」において、リンドン・ノウルズ(イギリスの旗 イギリス)を3R TKO(肘打ち)を下し、王座を獲得。[33][34]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Lanchas, Julien (2013年5月7日). “ONE VS ONE le 25 mai à Trappes” (フランス語). fr.muaythaitv.com. 2018年8月11日閲覧。
  2. ^ a b Lecorre, Michel (2013年5月27日). “4 Français champions WBC au ONE VS ONE” (フランス語). fr.muaythaitv.be. 2018年8月11日閲覧。
  3. ^ Jarvis, John (2016年11月29日). “Lumpini Fight Team at Muay Thai Mayhem: 19th November 2016”. crawleyfitness.com. 2018年5月4日閲覧。
  4. ^ WBC Muaythai EU 2016-11-27” (英語). facebook.com/WBCMuaythaiEU (2016年11月27日). 2018年8月10日閲覧。
  5. ^ Carlier, Daniel (2017年1月29日). “Madani Belhadad, champion d’Europe WBC” (フランス語). va-infos.fr. date=2018-08-11閲覧。
  6. ^ Go Fight 3” (英語). muaythaitv.com. 2018年8月11日閲覧。
  7. ^ Luke turner v Al Amin radhi” (英語). facebook.com/fistsupper (2016年8月28日). 2018年8月10日閲覧。
  8. ^ Luke Turner becomes the first UK WBC Muaythai European champion.” (英語). facebook.com/WBCMuaythaiUK (2016年8月29日). 2018年8月10日閲覧。
  9. ^ MTB” (フランス語). fr.muaythaitv.com. 2018年8月10日閲覧。
  10. ^ Emperor Chok Dee 2017 : les résultats” (フランス語). fightinfos.com (2017年2月5日). 2018年8月11日閲覧。
  11. ^ Angelini, Olivier (2017年2月5日). “Emperor Chok Dee 2017 - HAMEUR-LAIN Champion du Monde WBC - Résultats et Vidéo” (フランス語). boxemag.com. 2018年8月11日閲覧。
  12. ^ Omar SELLAMI VS Ivano SIVIERO” (フランス語) (2017年5月24日). 2018年8月26日閲覧。
  13. ^ KEM, ARANCHAI and Mehdi ZATOUT WBC World Champions MILLENIUM TEAM FIGHT in Reunion Island” (英語). muaythaitv.com (2013年9月8日). 2018年8月13日閲覧。
  14. ^ Lanchas, Julien (2016年5月25日). “Anthony GAZEL et Lou-Anne PIMENTEL tentent un titre européen WBC” (フランス語). fr.muaythaitv.com. 2018年8月11日閲覧。
  15. ^ Lanchas, Julien (2016年6月5日). “Anthony GAZEL et Lou-Anne PIMENTEL champions d'Europe WBC” (フランス語). fr.muaythaitv.com. 2018年8月11日閲覧。
  16. ^ Lanchas, Julien (2016年12月26日). “Un deuxième titre WBC au BURNING SERIES” (フランス語). fr.muaythaitv.com. 2018年8月11日閲覧。
  17. ^ Lecorre, Michel (2017年1月30日). “MANOAWAN et ALI KADA repartent avec les titres WBC” (フランス語). fr.muaythaitv.com. 2018年8月11日閲覧。
  18. ^ KEM, ARANCHAI and Mehdi ZATOUT WBC World Champions MILLENIUM TEAM FIGHT in Reunion Island” (英語). muaythaitv.com (2013年9月8日). 2018年8月13日閲覧。
  19. ^ Angelini, Olivier (2016年1月24日). “Burning Muay Thai 5 - Les résultats” (フランス語). boxemag.com. 2018年8月11日閲覧。
  20. ^ Aydin Tuncay vs Michael Longin - Full Fight Video - Burning MT 5” (フランス語). boxemag.com. 2018年8月11日閲覧。
  21. ^ La Nuit Des Challenges 17” (フランス語). fr.muaythaitv.com. 2018年8月11日閲覧。
  22. ^ Angelini, Olivier (2017年2月6日). “Championnats WBC - Cedric TOUSCH #ANDSTILL et Kaiss NAJM #ANDNEW - VIDEO” (フランス語). boxemag.com. 2018年8月11日閲覧。
  23. ^ Lanchas, Julien (2013年2月26日). “Kamel MEZATNI : objectif ceinture mondiale pour l'année prochaine” (フランス語). fr.muaythaitv.com. 2018年8月13日閲覧。
  24. ^ Lion Belt Fight Night 3” (イタリア語). muaythaitv.it. 2018年8月13日閲覧。
  25. ^ Diamond League” (英語). muaythaitv.com. 2018年8月10日閲覧。
  26. ^ Lanchas, Julien (2015年12月17日). “Kamel MEZATNI perd sa ceinture européenne WBC” (フランス語). muaythaitv.com. 2018年8月10日閲覧。
  27. ^ Diogo Calado vs Kamel Mezatni” (po) (2015年12月17日). 2018年8月10日閲覧。
  28. ^ RANKING EUROPE” (英語). wbc-muaythai-europe.com. 2018年8月10日閲覧。
  29. ^ Machu, Thibaut (2012年3月26日). “Wendy ANNONAY champion d'Europe WBC !” (フランス語). fr.muaythaitv.com. 2018年8月12日閲覧。
  30. ^ MT day” (ドイツ語). muaythaitv.de. 2018年8月22日閲覧。
  31. ^ Lanchas, Julien (2016年6月7日). “Damien OZENNE tire sa révérence” (フランス語). fr.muaythaitv.com. 2018年8月22日閲覧。
  32. ^ xxxxx COMABATE ESTELAR xxxxx” (スペイン語). facebook.com/caesarmarbella (2018年5月7日). 2018年8月10日閲覧。
  33. ^ Jarvis, John (2016年11月29日). “Lumpini Fight Team at Muay Thai Mayhem: 19th November 2016”. crawleyfitness.com. 2018年5月4日閲覧。
  34. ^ WBC Muaythai EU 2016-11-27” (英語). facebook.com/WBCMuaythaiEU (2016年11月27日). 2018年8月10日閲覧。