世界中の誰よりきっと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
世界中の誰よりきっと
中山美穂&WANDSシングル
B面 世界中の誰よりきっと〈PART II〉
リリース
規格 8センチCD
ジャンル J-POP
レーベル キングレコード
作詞・作曲 作詞: 上杉昇中山美穂
作曲: 織田哲郎
プロデュース 長戸大幸
樋口紀男
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(4週連続、オリコン
  • 1992年11月度月間2位(オリコン)
  • 1992年12月度月間3位(オリコン)
  • 1993年1月度月間1位(オリコン)
  • 1993年2月度月間8位(オリコン)
  • 1992年度年間37位(オリコン)
  • 1993年度年間10位(オリコン)
  • オリコン歴代シングルランキング36位
  • 中山美穂 年表
    Mellow
    (1992年)
    世界中の誰よりきっと
    (1992年)
    幸せになるために
    1993年
    WANDS 年表
    もっと強く抱きしめたなら
    (1992年)
    世界中の誰よりきっと
    (1992年)
    時の扉
    (1993年)
    テンプレートを表示

    世界中の誰よりきっと」(せかいじゅうのだれよりきっと)は、日本の歌手である中山美穂と、ロックバンドであるWANDSによるコラボレーション・シングル。

    背景[編集]

    企画時に提出されたデモの段階ではバラード調であったが、中山のプロデューサーが「クリスマス向けのパーティー感が欲しい」と依頼。葉山たけしによる派手な8ビートアレンジがなされ、現在の形となった[1]

    メインボーカルを中山、コーラスを上杉昇(WANDS・当時)が担当したが、2曲目の「PART II」では逆になっている。また、「PART II」では曲調がバラード調にアレンジされており、2コーラス目のサビがラストサビとなっている。

    中山は以前からデュエットをやりたいと思っていたが、これまで自身の感性に触れる男性がいなかったという。作詞にも携わった中山は今作が初めて納得のいく曲になったと語っている[2]

    コラボレーションをしたWANDSは本作より先に発売されていたシングル「もっと強く抱きしめたなら」が後にオリコンチャートの1位を獲得しミリオンセールスを達成するなど、ブレイクを果たしている。

    リリース[編集]

    • 1992年10月28日キングレコードよりリリースされた。
    • 後にWANDSのアルバムに収録された際には、メインボーカルを上杉、コーラスを宇徳敬子が担当した。また、シングルで編曲を手がけた葉山たけしに代わり、明石昌夫が編曲を手がけている。
    • また、WANDSのLIVEで演奏されたアコースティックバージョンの「世界中の誰よりきっと〜Live version〜」が、2000年のバンド解散に伴って発売されたアルバム『BEST OF WANDS HISTORY』に収録されている。
    • オリコンのディスコグラフィーでは中山美穂の単独名義のシングルとされていて[3]WANDSのディスコグラフィーには記載されていない(ランキングには「中山美穂&WANDS」として記載)[4]
    • WANDS名義の作品にはバージョン違いのみで、原曲が収録されていないのは、当シングルが中山美穂所属のレコード会社であるキングレコードから発売されており、原盤権もキングレコードにあるためで、キングレコードの許諾無く原曲を維持したまま他レーベルで発売できないためである。

    プロモーション[編集]

    1992年の『第43回NHK紅白歌合戦』に中山がこの曲で出場した際、正式な出場歌手ではないもののWANDSも参加した。

    チャート成績、受賞歴など[編集]

    • 累計で183万枚を売り上げ、オリコン年間シングルチャートで1992年度では発売が10月末であるにもかかわらず37位を記録し、翌年1993年度でも10位となり、2年連続で50位以内にランクインした。同週間シングルチャートでは初登場2位、8週目にして1位を獲得。1992年末から1993年始にかけて実に4週に亘り首位を維持した。
    • 当時の女性ボーカルのシングル曲として歴代1位の売上を更新。
    • 第7回ゴールドディスク大賞ベスト5・シングル賞、第12回JASRAC賞金賞及び、作詞を担当した中山・上杉が 日本作詞家協会賞を受賞。
    • 織田哲郎が作曲を手がけてきた中では最も売れた作品である。ビーイング関連のアーティストのシングルとしても3番目のヒットとなっている[5]
    • 2005年NHKが実施した『スキウタ〜紅白みんなでアンケート〜』では紅組70位。
    • 1982〜2011年度の過去30年間でCDやカラオケ、放送などの著作権使用料が多かった分配額上位楽曲の23位にランクイン。(日本音楽著作権協会(JASRAC)が2012年11月発表)

    メディアでの使用[編集]

    中山が主演を務めたフジテレビ系列ドラマ誰かが彼女を愛してる』の主題歌。

    1995年頃に三洋電機から発売された電話機「テ・ブ・ラ・コードるす」の機種の一部で、保留メロディとして使われた。

    2007年には『トヨタ・ノア』 のCMソングにこの曲が使用された。

    別バージョン[編集]

    • 世界中の誰よりきっと
      • 中山美穂がメインヴォーカル、WANDSはコーラス担当。
    • 世界中の誰よりきっと〈PART II〉
      • 上杉昇がメインヴォーカル、中山美穂がコーラスを担当。バラード調になっている。
    • 世界中の誰よりきっと〈PART II〉(アコースティック・バージョン)
      • <PART II>をオーケストラ調にアレンジ。
      • 編曲は千住明
    • 世界中の誰よりきっと 〜Album version〜
      • WANDSをメイン、宇徳敬子をコーラスに再録されたもの。中山美穂は参加していない。
      • 編曲は明石昌夫
      • 以降、WANDSのベスト盤には、このバージョンが収録されている。

    カバー[編集]

    • 織田哲郎(セルフカバー)
      アルバム『Songs』、『MELODIES』(このアルバムでは編曲をゴンチチが担当)に収録。
      2009年3月25日発売のオムニバスアルバム『オトナのアイのうた』に『MELODIES』のバージョンが収録。
    • 稲垣潤一
      2009年10月28日に発売されたデュエットカヴァーアルバム『男と女2』に「世界中の誰よりきっと(duet with 寺田恵子)」として収録。
    • エリック・マーティン
      英語詞。デビー・ギブソンとのデュエット。2010年11月3日発売のカバーアルバム『MR. VOCALIST3』に収録。デビー・ギブソンの『MS.VOCALIST』には別バージョンが収録。
    • 酒井法子
      2007年8月22日にシングルとしてリリース。トヨタ・ノアCMソング。
      2007年9月27日発売のベストアルバム『大好き~My Moments Best~』にはVersion2も収録されている。
      オムニバスアルバム『Beautiful Covers』、『Life-Size Music~いつまでも大切にしたいうた[邦楽カバー編]』にも収録。
    • 島谷ひとみ
      2006年に発売されたオムニバスアルバム『Beautiful Woman』にて「世界中の誰よりきっと〜crossover version〜」として収録。
      2009年7月29日発売のベストアルバム『BEST & COVERS』にも同バージョンが収録。
    • 白石涼子&三宅淳一(声優)
      2006年1月18日に発売されたドラマCD『まんすりぃ 萌音 chapter6〜はっぴぃ!バレンタイン〜』に収録。
      白石涼子がメインボーカル、三宅淳一がバックコーラスを担当。
      2006年2月22日発売の『まんすりぃ 萌音 ぼーかるこれくしょん vol.2』にも収録。
    • 坂田おさむ&坂田めぐ美
      坂田めぐ美は坂田おさむの娘。
      2008年6月25日に発売されたオムニバスアルバム『こどもと歌いたい!ファミリーヒットソング〜おしえて・花の子ルンルン・世界中の誰よりきっと〜』に収録。
    • 中西保志
      2008年11月5日に発売されたカバーアルバム『STANDARDS3』に収録。
    • Milini Khan
      チャカ・カーンの娘。
      2008年2月2日に発売されたオムニバスアルバム『E35〜英語で歌おうJ-Pop〜』にて英語詞でカバー。
    • 徳永英明
      2011年4月27日に発売の『VOCALIST & BALLADE BEST』に収録。
    • COVER LOVER PROJECT
      2007年11月21日に発売の『THE BEST OF BOSSA COVERS~青春ポップ~』に収録。
    • jyA-Me
      2013年8月7日発売のカバーアルバム『With. Me -Duet Cover-』に収録。
    • シカゴ
    • Position(韓国
    • Sin Hueyシンガポール
    • 鄭秀文(サミー・チェン香港、「衝動點唱」)
    • 許志安(アンディ・ホイ、香港、「唯獨你是不可取替」)
    • 黎明詩(ステファニー・ライ、香港、「敢恨敢愛」)
    • Dougal & Gammer
    • 王馨平(リンダ・ウォン)&高明駿(ガオ・ミンジュン)(台湾、「今生註定」)
    • The Nuts(韓国、「愛のバカ(사랑의 바보)」)
    • 相川七瀬
      2015年10月28日発売のカバーアルバム『Treasure Box -Tetsuro Oda Songs-』に収録[6]
      つるの剛士がゲストボーカルで参加[6]
    • DAIGO
      2018年12月5日に発売の『Deing』に収録。

    シングル収録曲[編集]

    全作詞: 上杉昇、中山美穂、全作曲: 織田哲郎、全編曲: 葉山たけし
    #タイトル作詞作曲・編曲
    1.「世界中の誰よりきっと」上杉昇、中山美穂織田哲郎
    2.「世界中の誰よりきっと〈PART II〉」上杉昇、中山美穂織田哲郎
    3.「世界中の誰よりきっと(オリジナル・カラオケ)」上杉昇、中山美穂織田哲郎

    スタッフ・クレジット[編集]

    • 長戸大幸ビーイング - プロデューサー
    • 樋口紀男(バーニングパブリッシャーズ - コ・プロデューサー
    • 中島正雄(ビーイング) - ディレクター
    • 福住アキラ - ディレクター
    • オオスミマサト - ディレクター
    • シマダマサヒロ(スタジオバードマン) - レコーディング・エンジニア
    • 近藤誠 - レコーディング・エンジニア
    • 田中邦明 - レコーディング・エンジニア

    収録アルバム[編集]

    中山美穂のアルバム

    WANDSのアルバム

    オムニバスアルバム


    通販CD

    テレビ出演[編集]

    ※下記は中山のみが出演。

    出典[編集]