世界大戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
世界大戦争
The Last War[1]
監督 松林宗恵
脚本
製作
出演者
音楽 團伊玖磨
撮影 西垣六郎
編集 岩下広一
製作会社 東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 1961年10月8日
上映時間 110分[1]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語英語
配給収入 2億8499万円[2]
テンプレートを表示

世界大戦争』(せかいだいせんそう)は、1961年10月8日に公開された、東宝制作の特撮SF映画。監督は松林宗恵カラー東宝スコープ多元磁気立体音響[1][注釈 1]。上映時間110分[1]

昭和36年度芸術祭参加作品[1]。併映は『アワモリ君乾杯!』(原作:秋好馨、監督:古澤憲吾[1]

概要[編集]

「連邦国」と「同盟国」の2大勢力間で勃発した世界最終戦争を、市井に生きる人々の姿を通して描く反戦映画である。また、製作当時は劇場公開直前に起きたベルリンの壁構築や翌年のキューバ危機に代表されるように東西冷戦の危機感が強く、それを反映した人間ドラマでもある[3]。『私は貝になりたい』のテレビドラマ版と映画版の両方に主演したフランキー堺が、理不尽な運命に翻弄される平凡な小市民を熱演している[3]

兵器や軍服のデザインや国章から、連邦国は資本主義陣営、同盟国は社会主義陣営を意識して描かれているが、劇中の台詞には両陣営とも英語が用いられている。準備稿の段階では、アメリカやソビエトといった実在の国名で書かれていた[4]

アメリカでは "The Last War" のタイトルで公開され、メキシコや西ドイツ、イタリアなどでもソフト発売やテレビ放映が行われた。

僧侶でもある松林監督は、本作の根底を流れるテーマとして、仏教の「無常」観を挙げている。

製作経緯[編集]

東宝プロデューサーの田中友幸は、当時の世界情勢から第三次世界大戦を題材とした映画の製作を構想し、橋本忍による脚本で製作準備を行なっていた[5]。しかし、東映でも同様の題材を扱った映画『第三次世界大戦 四十一時間の恐怖』を製作していることが判明したため、東宝側も監督に堀川弘通を立てて『第三次世界大戦 東京最後の日』の製作を急ぎ決定し、両社は競い合う形で製作を進めていった[6][5]。マスコミもこの競合を報道するが、東宝側の脚本が先に完成していた東映側との類似を指摘され、東宝側は脚本の改稿を余儀なくされるも十分な解消には至らず、製作の中止を決定した[5]。その後、内容を一新して製作が再開され、本作の完成に至った[3]

特撮[編集]

ストーリー[編集]

戦後16年が経過し、急速な復興を遂げた日本。主人公・田村茂吉は家族の幸せを願いながら、外国人記者の集まるプレスセンターの運転手として日々働いていた。そんな中、田村の長女・冴子は下宿中の青年航海士・高野と恋仲になっており、長い航海を終えて帰還した彼と久々の再会を喜ぶ。そんな2人はついに茂吉に対して結婚の決意を語り、驚く彼に反して妻のお由も賛同し、2人は結ばれることになる。

一方、世界は連邦国と同盟国の2大陣営に分かれ、両陣営はお互いに核兵器を持ってにらみ合っていた。まもなく、北大西洋で行われた同盟国陣営の軍事演習エリアへ連邦国陣営の潜水艦が侵入したことをきっかけに、両者の関係は緊迫する。田村が担当する記者・ワトキンスもその状況を危惧し始めた。日本政府も国民の間に動揺が広がりつつあることを考慮し、両国の関係改善の道を探ろうとする。だが、ワトキンスが緊迫した朝鮮半島・北緯38度線の情勢を取材に向かったその数日後、小型ながらも実戦で核兵器が使われるという事態が発生し、連邦国・同盟国陣営双方で発射装置のボタンが押されれば弾道ミサイルが発射される状況となっていた。

日本では総理が病身を押して公務を行い、両国の緊張をこれ以上高めまいと懸命の努力を行う。現場にいる軍人たちも最悪の事態だけは避けたいという思いを胸に、想定外の事故や発射装置の故障による開戦を阻止していた。やがて、南北朝鮮間で停戦協定が結ばれたことによって緊張が解け始めるが、北極海上で発生した軍用機同士の戦闘をきっかけに再び悪化し、世界各地で国同士の対立が激化してしまう。政府は核兵器の使用だけはあってはならないと訴え続けるが、日本でもついにミサイルへの警戒が始まり、人々の不安は頂点に達した。

大都市から避難しようとする人々でターミナル駅は大混乱となり、街は無人と化す。しかし、田村一家は自宅に残り、最後の晩餐ばんさんを開く。冴子は数日前に再び長い航海に出た高野へ向け、覚えたてのアマチュア無線で最後のモールス通信を行い、洋上の高野もそれに応える。「サエコ・サエコ・コウフクダッタネ」「タカノサン・アリガトウ」。また、夕陽を前にして茂吉は叫ぶ。「母ちゃんには別荘を建ててやるんだ! 冴子には凄い婚礼をさせてやるんだ! 春江はスチュワーデスになるんだ! 一郎は大学に行かせてやるんだ! 俺の行けなかった大学に……!!」

その夜、東京は核の閃光に包まれ、溶解する。翌朝、洋上の高野たちは自分たちにも残留放射能による死が訪れることを覚悟のうえで、東京へ帰ることを決意するのだった。

キャスト[編集]

※以下ノンクレジット出演者

登場兵器[編集]

連邦国側[編集]

無人戦車[9]
装軌式の車体に、12連装の戦術核搭載ミサイル発射台を装備する[9]。また、回転式のマストがあり、V-107ヘリコプターから遠隔操作される。38度線で同盟国側の砲台を攻撃するが、同盟国側の攻撃機の反撃によって指揮ヘリコプターもろとも全滅する。
核ミサイル
連邦国側のICBMで、核弾頭を装備。運搬車のトレーラーはそのまま垂直に直立し、ミサイルの発射台として使用できるほか、C-130による空輸もできる[9][10]。極東ミサイル基地に6基が配備された後、地下陣地へ格納される。
105戦闘機[11]
連邦国側の戦闘機[11]
SA-42号[11]
連邦国側の潜水艦[11]。涙滴型の艦体上面が平滑になっている。北大西洋で行なわれた同盟国陣営の軍事演習に乱入したために追跡され、防潜網に引っかかって拿捕される。

同盟国側[編集]

モク戦闘機
同盟国陣営の戦闘機。形状はMiG-21をモデルとしているが[9]、主翼が後退翼となっている、機首のピトー管の位置が異なるなどの相違点がある。北極海上空で、連邦国陣営の105戦闘機と空対空核ミサイルを交えた空中戦を展開する。
同盟国攻撃型潜水艦
同盟国側の潜水艦。第二次世界大戦時の潜水艦と同様の艦体をしている。軍事演習に乱入した連邦国攻撃型潜水艦を、2隻で追跡する。

スタッフ[編集]

海外版タイトル[編集]

補足事項[編集]

  • 日本の映画館における上映分の予告編は現存していない。以前から本作の予告編の所在は不明とされてきたが、デアゴスティーニ・ジャパンの『東宝特撮映画DVDコレクション』において、現存していないことが判明した[12]。そのため、東宝ビデオから発売されたDVDには、現存している海外版の予告編のみが映像特典として収録されている。
  • 併映作品『アワモリ君乾杯!』の劇中には、アワモリ(坂本九)、カバ山(ジェリー藤尾)、ギャング団(田武謙三ダニー飯田とパラダイス・キング)が紛れ込んだ東宝砧撮影所で、本作の撮影現場が映し出されるシーンがある。
  • 映画監督の押井守は小学生当時に本作を観賞しており、2019年には日経ビジネス電子版の連載コラム「映画で学ぶ現代史」にてインタビュー形式のレビューを前後編構成で掲載している[13][14]

映像ソフト[編集]

VHSLDDVDは発売されたが、BDは2021年現在でも発売されていない。なお、有料配信はAmazon Prime[15]iTunes[16]で行われている。

VHS
DVD
  • 2004年12月23日 - 監督の松林宗恵によるオーディオコメンタリーが収録されている[18](以降のバージョンも同様)。
  • 2014年2月7日 - 「期間限定プライス版」として再発売された[19]
  • 2015年7月15日 - 「東宝DVD名作セレクション」として再発売された[20]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 本作のDVDには、公開当時に一部の劇場のみ対応した4ch音声も収録されている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 東宝特撮映画大全集 2012, p. 58, 「『世界大戦争』」
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924→2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年、180頁。ISBN 9784873767550。
  3. ^ a b c 東宝特撮映画大全集 2012, p. 59, 「『世界大戦争』作品解説/俳優名鑑」
  4. ^ a b c d e 東宝特撮映画大全集 2012, p. 61, 「『世界大戦争』撮影秘話/川北監督に訊く」
  5. ^ a b c 東宝特撮映画大全集 2012, p. 60, 「『世界大戦争』資料館/撮影秘話-特別編-」
  6. ^ ゴジラ大全集 1994, pp. 58-59, 「東宝特撮映画史 ゴジラ誕生 特撮路線の確立」
  7. ^ a b 東宝特撮メカニック大全 2003, p. 319, 「INTERVIEW 井上泰幸 髙木明法
  8. ^ ゴジラ大全集 1994, p. 174, 「総天然色 東宝空想絵画館 ガス人間第1号」
  9. ^ a b c d e f 東宝特撮メカニック大全 2003, pp. 52-55, 「1960s 連合国/同盟国兵器」
  10. ^ オール東宝メカニック大図鑑 2018, p. 61, 「『世界大戦争』」
  11. ^ a b c d e f オール東宝メカニック大図鑑 2018, pp. 62-63, 「『世界大戦争』」
  12. ^ 『東宝特撮映画DVDコレクション』No.39、デアゴスティーニ・ジャパン、2011年4月12日、 雑誌20692-4/12。DVD収録の「次号作品の予告映像について」より。
  13. ^ 映画は「時代の不安」のタイムカプセルだ”. 日経ビジネス電子版. 日経BP (2019年10月2日). 2020年9月22日閲覧。
  14. ^ 核ミサイルが降る日、日本人は誰と何を食べたいか”. 日経ビジネス電子版. 日経BP (2019年10月9日). 2020年9月22日閲覧。
  15. ^ ASIN B00FIWI6G0
  16. ^ 世界大戦争 - iTunes
  17. ^ ASIN B00005GDVP
  18. ^ DVD 世界大戦争2004/12/23発売 - DVD情報 allcinema
  19. ^ DVD 世界大戦争 <期間限定プライス版>2014/02/07発売 - DVD情報 allcinema
  20. ^ DVD 世界大戦争 <東宝DVD名作セレクション>2015/07/15発売 - DVD情報 allcinema

参考文献[編集]

  • テレビマガジン特別編集 誕生40周年記念 ゴジラ大全集』構成・執筆:岩畠寿明(エープロダクション)、赤井政尚、講談社、1994年9月1日。ISBN 4-06-178417-X。
  • 『東宝特撮メカニック大全1954-2003』監修 川北紘一新紀元社、2003年4月10日。ISBN 978-4-7753-0142-5。
  • 『東宝特撮映画大全集』執筆:元山掌 松野本和弘 浅井和康 鈴木宣孝 加藤まさし、ヴィレッジブックス、2012年9月28日。ISBN 978-4-86491-013-2。
  • 『オール東宝メカニック大図鑑』洋泉社〈洋泉社MOOK 別冊映画秘宝〉、2018年6月14日。ISBN 978-4-8003-1461-1。

関連項目[編集]