世界拳法会連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

世界拳法会連盟(せかいけんぽうかいれんめい International Kenpo Kai Organization IKKO)は、日本古来の古武道が発展した拳法会の世界組織でヨーロッパの拳法会の提案により設立されて2010年現在は、本部は、日本にあり3年毎に1回、世界拳法選手権大会(WKC World Kenpo Competition)を開催している。世界拳法選手権大会は、各国の親善平和交流の外交場となっている。2011年現在の会長は、大橋千秋(Chiaki Ohashi)範士九段が2005年3月25日にフランスにて選任され再任され現在に至っている。また、ヨーロッパ、アジアオセアニア中東などでは、毎年地域各自が国際拳法選手権大会をIKKO(世界拳法会連盟)が後援し開催している。

全日本拳法会[編集]

全日本拳法会(ぜんにほんけんぽうかい All Japan Kenpo Kai)は、本部を静岡県においている。役員は、会長、副会長は、東日本、中部日本、西日本の三名で構成され10名の理事で構成される。全日本拳法会により、全日本拳法選手権大会、3月と11月には、団体戦である。全国拳法優勝大会(団体戦)が開催されている。