世界料理大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
世界料理大賞
Grand Prince Hotel Akasaka.jpg
「世界料理大賞」の公開生放送が行われていた赤坂プリンスホテル
ジャンル 料理番組/バラエティ番組
出演者 関口宏
多岐川裕美
ジュディ・オング
荻昌弘
製作
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域日本の旗 日本
第1回
放送期間1983年4月3日
放送時間日曜日19:00~20:54
放送分114分
第2回
放送期間1988年4月9日
放送時間土曜日19:00~20:54
放送分114分
テンプレートを表示

『世界料理大賞』(せかいりょうりたいしょう)とは、日本テレビで、開局記念番組として公開生放送された単発の料理対決番組。第1回は開局30年の1983年4月3日に放送され、第2回は開局35年の1988年4月9日に放送された。いずれもネッスル(現:ネスレ日本)の一社提供。番組の模様は同局より単行本として出版されている。

概要[編集]

世界の十数ヶ国[1]の一流シェフが赤坂プリンスホテルのクリスタルパレスに集結し、料理世界一の腕を競う模様を、審査風景とともに生中継する。第1回では、「オードブル部門」と「メインディッシュ部門」に分かれ各国の特徴を活かした料理を求め、第2回では、「規定課題」として、指定された日本の旬の素材[2]を必ず使い、また、別のカテゴリ[3]から一つ以上を選んで使う条件、「自由課題」として各国の特徴を活かした料理を求めるという、二つの課題が出された。専門審査員(識者)、特別審査員(女優など)、一般審査員(20人)が審査する。また、世界各国の料理を現地リポートした模様も放送。

第1回では、来賓として当時外務大臣だった安倍晋太郎が途中から出席した。

第1回、第2回ともフランスが優勝した。

先述の通り第1回は同局の開局30周年の記念番組の一つだがスポンサーのネッスルの創立80周年の記念番組でもあり『ネッスルスペシャル 世界料理大賞』として放送された。第2回は同局の開局35周年、同じくネッスルの創立85周年の記念番組として『ネッスルスペシャル 第2回世界料理大賞』のタイトルで放送された。

2021年現在、第2回の開催が最後の開催となっている。

放送日[編集]

第2回の優勝は「タイのキャベツ包みバラ仕立て」を作ったフランスのフィリップ・グルー(34歳)で、同氏の下で修業したフィリップ・バットンは1996年、同種料理対決番組「料理の鉄人」において、二代目“フレンチの鉄人”こと坂井宏行に勝利を収め、同年、全日本フランス人シェフの会会長に就任している[5][6]

第2回はネッスル(現:ネスレ日本)の冠スポンサー番組として放送されたが、広島テレビ放送では、プロ野球広島東洋カープ阪神タイガース中継を全編ローカルスポンサーで放送したため、翌日4月10日の15:25~17:20にスポンサーごと移動して遅れネットされた。このため、番組宣伝のスポットCMも広島テレビが独自に制作したものを使用していた。中継内で、実況を担当した脇田義信アナウンサーは、「スポンサーの御厚意による」旨であることを説明していた。

出演者[編集]

司会[編集]

審査員[編集]


スタッフ[編集]

第1回[編集]

  • 企画:馬場俊明、加藤光夫、杉助浩
  • 制作:太田杜夫
  • プロデューサー:加藤光夫
  • 演出:草野公
  • 監修:白井荘也
  • 構成:出倉宏、長須良一、鈴木桂、杉山文三枝

第2回[編集]

  • 制作:加藤光夫
  • プロデューサー:草野公、関谷勝己
  • 演出:徳山竜一
  • 構成:松井尚、西川晋、長須良一

書籍[編集]

  • 『世界料理大賞―華ひらく旬の饗宴』(日本テレビ放送網、1988年5月刊)ISBN 4-8203-8819-3

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 第1回は14か国、第2回は11か国(日本含む)
  2. ^ 第2回では、<日本の春の味覚>「鯛・かぶ・やまうど・いんげん・新キャベツ」
  3. ^ 第2回では、「納豆・豆腐・味噌・かんぴょう・たけのこ・レンコン・サトイモ・ごぼう」
  4. ^ 土曜スーパースペシャル』扱いはされない(同番組は翌4月16日から開始)。
  5. ^ ル・プティ・トノー - フィリップ バットン
  6. ^ 料理の鉄人 (パレスグランデール プランナーズブログ)
  7. ^ 第2回放送後の同年7月2日に死去した。