世界謎学アカデミー ワンダー☆クエスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
世界謎学アカデミー ワンダー☆クエスト
ジャンル 情報バラエティー
放送時間 25:35-(60分)
放送期間 (1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
出演者 ビビる大木ピエール瀧中川翔子、noonboys(野沢祐樹、真田佑馬)
テンプレートを表示

世界謎学アカデミー ワンダー☆クエスト』は共同テレビ制作、フジテレビの深夜特番枠で2012年1月6日に放送された情報バラエティ番組。なお、関東圏のみの放送である。

概要[ソースを編集]

世界には科学で解明できない事がたくさんある。超科学、超自然現象など、さまざまな不思議に挑む不思議探求バラエティー番組。

2012年12月23日に人類の最後がやってくる。 その説がささやかれるきっかけとなったのは、天文学に長けていた古代マヤ民族。彼らが使っていた長期暦は、2012年12月23日に終わりを告げることとなる。 番組では、既に滅んでしまったマヤ文明と同族の関係性を持つ、ホピ族に着目。ホピ族の残した予言の的中と、2012年12月に迫る人類滅亡説を解き明かす。

出演[ソースを編集]

ビビる大木ピエール瀧中川翔子、noonboys(野沢祐樹、真田佑馬)

  • 取材協力者:アズサ(コーディネーター)、マイク・ウェドル(古代文明研究者)、寺田幸功(埼玉大学)、ゲイリー・デイビッド(天文学者)、ローレンス・ナモキ(陶芸家)、道田豊(東京大学)

番組のスタイル[ソースを編集]

VTRは、「ワンダー」という宇宙人のようなキャラクターが冒険をするスタイルで進行する。ドラゴンクエスト(スクウェア・エニックス)風のコマンドが表示され、そこに「ワンダー」の台詞がゲームメッセージ感覚で流れる。 また、VTRの区切りには選択コマンドが登場し、スタジオにいるビビる大木などにその判断が委ねられる。もしミスジャッジをすればGAME OVERとなるが、その後再び本筋に戻る。

スタッフ[ソースを編集]

  • ナレーター:松元真一郎フジテレビアナウンサー)、高畠俊、シュガー・ドラゴン
  • 編成企画:加藤達也(フジテレビ
  • 構成:伊藤正宏そーたに川野将一、大野ケイスケ、吉田にょろり、原木綿子、若井優介、若林寛朗
  • CAM:玉城悟、村木健児
  • VE:金子英樹
  • 音声:宮下貴志
  • 照明:林広一、村岡春彦
  • 技術協力:ロケット、沖縄映像センター
  • 美術プロデュース:木村文洋
  • 美術進行:横山勇
  • アクリル装飾:鳥居明
  • 装飾:高田修司
  • マルチ:大高貢
  • メイク:武部千里
  • 美術協力:フジアール
  • CG:ポイントピクチャーズ
  • 編集:椿茂之
  • EED:猪狩賢一、林迪晴
  • MA:内田昭弘
  • 音響:山口晃司
  • 撮影協力:沖縄県立博物館美術館、嘉手納町中央公民館民俗資料室、宜野湾市教育委員会文化課、読谷村立歴史民俗資料館
  • 協力:ブレインマックスNASA
  • 衣装:MILK
  • コーディネート:CosmoSpaceOfAmerica
  • 広報:熊谷知子
  • AP:譲原繁
  • TK:山本悦子
  • AD:杉澤智子、澤田和平、根来昭人
  • 監修:月刊ムー
  • ディレクター:吉田真人、山上寛人
  • 演出:たぐちゆたか
  • 企画・プロデューサー・総合演出:河田宣正
  • 制作協力:共同テレビ
  • 制作著作:フジテレビ