世界選手権自転車競技大会BMX2012

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

世界選手権自転車競技大会BMX2012(せかいせんしゅけんじてんしゃきょうぎたいかいBMX2012、2012 UCI BMX World Championships)は、2012年5月24日から5月27日まで、イギリスの旗 イギリスバーミンガムで行われた。

上位入賞者[編集]

種目
男子・エリート
レーシング
詳細
 サム・ウィロビー (AUS)  ジョリス・ドデ (FRA)  モアナ・モー=ケユ (FRA)
タイムトライアル  コナー・フィールズ (USA)  リアム・フィリップス (GBR)  シルヴァン・アンドレ (FRA)
男子・ジュニア
レーシング  カルロス・ラミレス (COL)  マリーク・ブライドロス (USA)  レオポル・トラミエ (FRA)
タイムトライアル  ロマン・マイウ (FRA)  カルロス・ラミレス (COL)  レイン・ヴァン・オーグル (USA)
女子・エリート
レーシング
詳細
 マガリ・ポティエ (FRA)  エヴァ・エルー (FRA)  ロマナ・ラボウンコヴァー (CZE)
タイムトライアル  キャロライン・ブキャナン (AUS)  シャネーズ・リード (GBR)  エヴァ・エルー (FRA)
女子・ジュニア
レーシング  フェリシア・ステンシル (USA)  ナジャ・プリース (GER)  ダニ・ジョージ (USA)
タイムトライアル  フェリシア・ステンシル (USA)  ナジャ・プリース (GER)  シモーネ・クリステンセン (DEN)

結果[編集]

  • 5月24日、年齢別の各決勝[1]が行われ、女子13歳の部で、畠山紗英が優勝。畠山は、2009年に10歳、2011年に12歳のそれぞれの部でも優勝しており、これで当大会3度目の優勝[2]

男子エリート[編集]

  • 決勝 5月26日(土)[3]
選手名 国籍 時間
Jersey rainbow.svg サム・ウィロビー オーストラリアの旗 オーストラリア 25秒923
2 ジョリス・ドデ フランスの旗 フランス 26秒766
3 モアナ・モー=ケユ フランスの旗 フランス 27秒471
4 アンソニー・ディーン オーストラリアの旗 オーストラリア 27秒278
5 デヴィッド・ハーマン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 32秒851
6 ドニー・ロビンソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 39秒417
7 マーク・ウィラーズ  ニュージーランド 53秒103
DSQ マーリス・シュトロムベルグス  ラトビア
日本人選手の予選タイムトライアル結果[4](全員予選進出ならず)

女子エリート[編集]

  • 決勝 5月26日(土)[5]
選手名 国籍 時間
Jersey rainbow.svg マガリ・ポティエ フランスの旗 フランス 29秒646
2 エヴァ・エルー フランスの旗 フランス 29秒732
3 ロマナ・ラボウンコヴァー  チェコ 30秒442
4 アリエル・マーティン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 30秒450
5 マリアナ・パホン スペインの旗 スペイン 33秒624
6 スケル・ステイン ブラジルの旗 ブラジル 34秒493
7 マノン・ヴァレンティーノ フランスの旗 フランス 1分16秒914
8 アリーゼ・ポスト アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1分57秒109
日本人選手のタイムトライアル結果[6]
日本人選手の予選結果[7]
  • 3組5位 三輪郁佳 ここで終了。

脚注[編集]

  1. ^ FINAL RESULTS MAY 24TH 2012 - UCI(英語) (PDF)
  2. ^ BMX世界選手権チャレンジクラスで畠山が2年連続3回目のタイトルを獲得! - 日本自転車競技連盟 5月25日付
  3. ^ 男子決勝 - UCI(英語)
  4. ^ 男子タイムトライアル - UCI(英語) (PDF)
  5. ^ 女子決勝 - UCI(英語)
  6. ^ 女子タイムトライアル - UCI(英語) (PDF)
  7. ^ 女子予選 - UCI(英語)

参考文献[編集]