世界野球ソフトボール連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界野球ソフトボール連盟
World Baseball Softball Confederation
略称 WBSC
設立年 2013年
種類 野球ソフトボール
本部 スイスの旗 スイス
ローザンヌ
メンバー 140の国と地域
共同代表 イタリアの旗 リカルド・フラッカリ
関連組織 国際野球連盟(IBAF)
国際ソフトボール連盟(ISF)
ウェブサイト 公式サイト(英語)
公式サイト(日本語)

世界野球ソフトボール連盟(せかいやきゅうソフトボールれんめい、英語: World Baseball Softball Confederation, 略称:WBSC)は、国際野球連盟(IBAF)と国際ソフトボール連盟(ISF)を統合する、野球ソフトボール国際組織である[1]

概要[編集]

統合組織設立までの経緯[編集]

2016年リオデジャネイロオリンピックでの実施競技復帰に失敗した、野球国際野球連盟(IBAF)と、ソフトボール国際ソフトボール連盟(ISF)は、今後、単独での復帰は困難であり、これからはお互いが歩み寄り、協力して復帰活動をしたほうが賢明であると判断。2011年10月23日アメリカヒューストンで開催された両者合同会議において、「男子野球」と「女子ソフトボール」が一つの競技として五輪競技復帰を図る構想を確認するに至った[6]。その後、IBAF会長のリカルド・フラッカリとISF会長のドン・ポーターは、復帰条件を確認するため国際オリンピック委員会(IOC)と協議を行い、また組織統合へ向けて両会長も断続的に会談を重ねた[7]

2012年5月22日、IBAFとISFは、「野球・ソフトボール」の男子野球、女子ソフトボールの、1競技として実施することをIOCに対して共同提案[8]、また同年10月15日には、両競技を統括する新たな国際連盟を創設する覚書を交わし、両連盟メンバーで構成される合同委員会を設置した[9]10月30日、ISFがアメリカヒューストンにおいて臨時総会を開き、投票により賛成多数で、IBAFと合併して新たな国際連盟を創設することが承認された[10]12月12日にはIBAF側でも承認され、ついに統合組織設立が決定したのとともに、この新組織の名称が「世界野球ソフトボール連盟WBSC )」となることが発表された[11]

2013年4月14日東京で開催された第27回IBAF総会(会場:グランドプリンスホテル新高輪、ホスト:NPB)において、両競技団体の統合組織「WBSC 」が、共同会長を務めるIBAFのフラッカリ会長と、ISFのポーター会長の、統合規約の調印をもって発足した。記者会見では、新連盟のロゴや、2020年夏季五輪での実施競技復帰を目指したキャンペーン特設サイトの開設、スローガンに「SWING FOR THE FENCES一発を狙え)」を掲げることが発表された[1][12]

今回の統合組織設立に対し、フラッカリ共同会長は「歴史的な日だ。重要な地点にたどり着いた」、ポーター共同会長は「もう一度五輪に復帰するため、われわれは一つになった」と述べた[1]

2020年五輪復帰活動[編集]

復帰へ向けた改善策[編集]

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は、五輪実施競技について検討される2013年5月国際オリンピック委員会(IOC)の理事会で、男子野球と女子ソフトボールを1競技2種目としての五輪復帰を目指して、この度の野球とソフトボールの組織統合の他に、以下の改善案を提示した。

  • 野球、ソフトボールともに8チームずつが参加、6日間開催(予備日1日)とする
  • 野球、ソフトボールともに同一会場とする(先に野球を開催し、マウンドを撤去した後にソフトボールを開催)
  • 野球を7回制とする
  • 野球の準決勝、決勝戦にMLB選手の参加(協議中)

IOCは実施競技に対してテレビ放送に適していることを求めており、野球の7回制導入による時間短縮や、MLB選手参加協議も、この要求に応えるためである。他にも、開催地の負担になっていた球場建設の経費削減のため両競技同一の球場での開催や、開催期間短縮がある。2013年4月14日のWBSC設立記者会見において、ドン・ポーター共同会長は「試合時間の短縮、テレビ放送のため、いい時間にしていく。ルールの変化にも柔軟性を持っていく。できるだけ短くしたい」と、五輪復帰のためならば柔軟に対応していくと述べている。また、今回の統合組織設立を成し遂げたことに加え、これらの改善策を提示することについて、リカルド・フラッカリ共同会長は「IOCに我々の『五輪に復帰する』という決意を感じてほしい」と述べ、両会長ともに五輪復帰に向けて並々ならぬ決意を示した。[13][14]

最終候補3競技決定[編集]

2013年5月29日IOCロシアサンクトペテルブルグで開催された理事会において、2020年夏季五輪から実施させる競技を候補の8競技から審議し、レスリングスカッシュとともに野球・ソフトボールの計3競技が最終候補として選出された。選出は、過半数を獲得する競技が現れるまで最下位または得票数0の競技を除外していく方式で行われ、レスリングは第1ラウンド第1回投票で過半数を超えたため1番に、野球・ソフトボールは第2ラウンドでの空手との決選投票を制して2番に、最後にスカッシュが第3回投票で過半数を獲得して最終候補入りとなった。[2][15]

野球・ソフトボールの下馬評は低く、不安視されていたものの、2番手で最終候補に残ることができた。WBSCのポーター共同会長は声を詰まらせながら歓喜のコメントを述べるとともに、課題であるMLB選手の参加問題について「参加してもらうよう努力していく」と、五輪復帰へ前向きな姿勢を示した。[16]

実施競技落選[編集]

2013年9月8日アルゼンチンブエノスアイレスで開催されたIOC総会において、最終候補3競技から2020年夏季五輪で実施される競技の投票が行われ、レスリング49票、野球・ソフトボール24票、スカッシュ22票により、レスリングの残留が決定するとともに、2020年夏季五輪での野球・ソフトボールの不採用が確定した[3]

2020年復帰への期待[編集]

実施競技不採用が確定し、2020年での復帰は完全に断たれたものと思われていたが、この2020年夏季五輪が、野球・ソフトボールの人気が高く、競技施設もすでに整っている東京が選ばれたこと、これを理由として複数のIOC委員から復帰の可能性が言及されたこと、さらにIOC新会長に選出されたトーマス・バッハが、上限28競技にこだわらず柔軟に改革を進める考えを示したことなどから、野球・ソフトボールの2020年復帰の可能性が湧き上がった。WBSC共同会長のフラッカリは「ドアはまだ開かれている。東京は野球の施設も十分にあり、予算も圧迫しない。アピールを続けたい」と語り、同会長は日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長と会談して協力を要請、竹田会長もできる限りの協力を約束した。またポーター共同会長も、IOC副会長やアジア・オリンピック評議会(OCA)会長と会談して協力への理解を求めるなど、野球・ソフトボール界は引き続き2020年での復帰を目指して積極的に活動している。

しかし、野球・ソフトボールが2020年に復帰するためには、五輪憲章にある「上限28競技」「実施競技は開催7年前までに決定」というこの2項目を改定する必要があり、改定にはIOC委員の3分の2以上の賛成が必要であるためハードルも高く、議論にも時間を要する。IOC競技部長も、バッハ会長の方針次第であると前置きしつつも、競技の再検討は困難であると語っている。この件についてバッハ会長は、「複雑な問題」「全体の調和を乱すリスクがある」と慎重な姿勢を示しつつも、「来年か再来年に提案できるよう努力したい」と改革に前向きな姿勢も示している。11月に来日した際にも「(復帰の)可能性はある」と語っている。

[17][18][19][20][21][22][23]

2020年復帰へ道開く[編集]

前述のとおりIOCのバッハ会長は、選挙公約でもあった五輪改革に着手し、40項目による改革案からなる「五輪アジェンダ2020」を作成した。この改革案の一つに、開催都市が追加種目を提案できる改革案が提案された。この案が採用されれば、2020年東京五輪組織委員会が男子野球や女子ソフトボールを提案すれば、IOC総会での承認を経てそれらが追加種目に採用されることが可能となる。そして2014年12月8日モナコで開催されたIOC臨時総会において「五輪アジェンダ2020」が採決され、この案は満場一致で可決された。これにより、2020年からの「野球・ソフトボール」復帰への道が開かれた。

今後の課題としては、まずは2020年東京五輪組織委員会に野球やソフトボールを開催都市推薦追加種目として提案してもらうことである。追加種目を採用するにあたっては「組織委員会が新たに追加される種目を実施することが可能であること」つまりは運営費を抑制することが求められる。この点は、すでに東京には多くの野球・ソフトボール施設があることから、克服できる可能性が高い。次に、今回の改革では夏季五輪の総選手数は約1万500人に抑えることが可決されており、選手数の抑制が求められる。このため、チームスポーツであり選手数の多い野球、ソフトボールを加えて、いかに選手数を調整するかが問題となっていたが、この件についてバッハ会長は「開催都市の費用負担で追加種目を追加する場合は上限選手数を超えてもよい」という見解を示し賛同を得ていることから、この点はすでに解決したものと思われる。

2020年東京五輪組織委員会から野球、ソフトボールが提案されれば、早ければ2015年7月クアラルンプールで開催されるIOC総会で承認されることになる[24][25]

統計[編集]

WBSCによる推定データ [26]

選手
  • 世界の野球・ソフトボールの競技人口:62,000,000人
  • 北アメリカ地域外においてプレーする子どもたち:7,500,000人
  • 世界のメジャーなユースプログラムでの登録選手数:7,000,000人
  • 2012年のメジャーリーグ・ベースボール(MLB)のロースター登録選手856人中、243人(28.35%)が外国出身選手
  • 2012年のマイナーリーグ・ベースボール(MILB)のロースター登録選手7,278人中、3,882人(46.46%)が外国出身選手
  • 世界のユース世代のチーム数:500,000+チーム
  • 世界のユース世代のリーグ数:40,000+リーグ
  • 世界の障害を持つ選手の数:500,000+人
  • アメリカ合衆国カナダオーストラリアプエルトリコのミラクルリーグでプレーする、障害を持つ子どもたち:200,000+人
  • アメリカ合衆国、イタリアドイツフランス台湾日本の視覚障害を持つ選手の数:3,000+人
ファン
  • 2012年のトッププロリーグ(MLBNPBKBOCPBLLMB)の合計観客動員数:110,000,000+人
  • 2012年のプロリーグ平均観客動員数
MLB:30,895人
NPB:25,000人
KBO:12,800人
ビジネス
  • 2012年のMLBの総収入:7,500,000,000米ドル
  • 近年のMLB球団売却額
ロサンゼルス・ドジャース:2,150,000,000米ドル
ヒューストン・アストロズ:680,000,000米ドル
シカゴ・カブス:845,000,000米ドル
国際大会
開催地:5ヵ国・地域
出場チーム:28チーム
試合数:63試合(本選+予選)
観客動員数:885,212人
スポンサー数:60
テレビ局数:66
テレビ中継国・地域数:200+ヵ国・地域
150,000,000世帯提供
開催地:4ヵ国・地域
出場チーム:16チーム
予選出場チーム:57チーム
試合数:66試合
スポンサー:20

主催大会・公認大会一覧[編集]

野球
ソフトボール
  • 女子世界選手権(2018年大会をもって終了、2021年から女子ソフトボール・ワールドカップを開催[27])
  • 男子世界選手権(2017年大会をもって終了、2019年から男子ソフトボール・ワールドカップを開催[27])
  • U-19女子世界選手権(2017年大会をもって終了、2019年からU-19女子ソフトボール・ワールドカップを開催[27])
  • U-19男子世界選手権(2018年大会をもって終了、2021年からU-19男子ソフトボール・ワールドカップを開催[27])
  • U-16女子ワールドカップ

加盟国・地域一覧[編集]

アジア(24か国・地域)[編集]

アジア野球連盟(BFA)/アジアソフトボール連盟(SCA)

アメリカ大陸(36か国・地域)[編集]

アメリカ大陸野球連盟(COPABE)/アメリカ大陸ソフトボール連盟(CONPASA)

ヨーロッパ(43か国・地域)[編集]

欧州野球連盟(CEB)/欧州ソフトボール連盟(ESF)

アフリカ(23か国・地域)[編集]

アフリカ野球・ソフトボール協会(ABSA)

オセアニア(15か国・地域)[編集]

オセアニア野球連盟(BCO)/オセアニアソフトボール連盟(OSC)

以上、2014年4月時点のデータ[28]

準会員一覧[編集]

後援組織一覧[編集]

WBSCグローバルパートナー[編集]

WBSCシルバーグローバルパートナー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “野球・ソフトの統合団体設立 五輪復帰目指す”. SANSPO.COM. (2013年4月14日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130414/oth13041420060001-n1.html 2013年4月15日閲覧。 
  2. ^ a b “野球&ソフト 粘りの逆転劇”. nikkansports.com. (2013年5月30日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130530-1135107.html 2013年5月30日閲覧。 
  3. ^ a b “レスリング49票/95票で五輪残留”. nikkansports.com. (2013年9月9日). http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20130909-1186275.html 2014年1月28日閲覧。 
  4. ^ “野球ソフト連盟の新会長にフラッカリ氏、宇津木氏が理事就任”. SANSPO.COM. (2013年5月10日). http://www.sanspo.com/sports/news/20140510/oly14051021550002-n1.html 2014年5月11日閲覧。 
  5. ^ “宇津木氏が理事就任=国際野球ソフト連盟”. 時事ドットコム. (2013年5月11日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201405/2014051100003&g=spo 2014年5月11日閲覧。 
  6. ^ “1競技で五輪復帰協力 野球とソフト幹部”. nikkansports.com. (2011年10月24日). http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20111024-854071.html 2013年4月19日閲覧。 
  7. ^ “ソフトと野球、五輪復帰へIOCと協議へ”. nikkansports.com. (2012年4月14日). http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20120414-933836.html 2013年4月19日閲覧。 
  8. ^ “五輪復帰へ共同提案 野球・ソフトボール”. nikkansports.com. (2012年5月13日). http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20120523-955551.html 2013年4月19日閲覧。 
  9. ^ “野球&ソフト 統括団体設立へ覚書”. nikkansports.com. (2012年10月15日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20121015-1032915.html 2013年4月19日閲覧。 
  10. ^ “五輪復帰へソフト、野球統合で新連盟”. nikkansports.com. (2012年10月31日). http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20121031-1040227.html 2013年4月19日閲覧。 
  11. ^ “名称は世界野球ソフト連盟 五輪復帰狙う”. 時事ドットコム. (2012年12月18日). http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20121218-1061153.html 2013年4月19日閲覧。 
  12. ^ “世界野球ソフトボール連盟スローガンは「一発を狙え」”. Sponichi Annex. (2013年4月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/14/kiji/K20130414005612650.html 2013年4月15日閲覧。 
  13. ^ “野球ソフト連盟:新設 20年五輪での競技復帰目指す”. 毎日.jp. (2013年4月14日). http://mainichi.jp/sports/news/20130415k0000m050033000c.html 2013年4月15日閲覧。 
  14. ^ “野球ソフト合体 五輪7回制で競技復帰だ”. nikkansports.com. (2013年4月15日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130415-1112610.html 2013年4月19日閲覧。 
  15. ^ “レスリングいきなり過半数”. nikkansports.com. (2013年5月30日). http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20130530-1135189.html 2013年5月30日閲覧。 
  16. ^ “最終候補に歓喜=野球・ソフトボール-IOC理事会”. 時事ドットコム. (2013年5月30日). http://www.jiji.com/jc/zc?key=%a3%d7%a3%c2%a3%d3%a3%c3&k=201305/2013053000113 2013年5月30日閲覧。 
  17. ^ “野球・ソフト復帰も=複数のIOC委員発言-20年五輪”. 時事ドットコム. (2013年9月9日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201309/2013090900029&g=spo 2014年1月28日閲覧。 
  18. ^ “野球など追い風!?バッハ新会長、改革へ”. nikkansports.com. (2013-09- 11). http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20130911-1187425.html 2014年1月28日閲覧。 
  19. ^ “野球&ソフトの20年五輪復帰へ協力要請”. nikkansports.com. (2013年12月9日). http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20131209-1229237.html 2014年1月28日閲覧。 
  20. ^ “野球、ソフト五輪復帰へ会談”. nikkansports.com. (2013年12月10日). http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20131210-1229420.html 2014年1月28日閲覧。 
  21. ^ “IOC競技部長、野球の20年復帰は困難”. nikkansports.com. (2013年9月11日). http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20130911-1187516.html 2014年1月28日閲覧。 
  22. ^ “バッハ新会長、野球・ソフトの復帰に慎重”. nikkansports.com. (2013年9月12日). http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20130912-1187947.html 2014年1月28日閲覧。 
  23. ^ “野球ソフト五輪復活も 会長が可能性示唆”. nikkansports.com. (2013年11月21日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131121-1220979.html 2014年1月28日閲覧。 
  24. ^ “IOC:五輪改革、40項目全てを全会一致で承認”. 毎日新聞. (2014年12月9日). http://mainichi.jp/sports/news/20141209k0000e050193000c.html 2014年12月10日閲覧。 
  25. ^ “野球・ソフト復活に道=20年東京五輪で追加可能に-IOC臨時総会”. 時事ドットコム. (2014年12月8日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014120800845&g=spo 2014年12月10日閲覧。 [リンク切れ]
  26. ^ “WORLD NUMBERS”. playball2020.com. http://playball2020.com/our-bid/world-numbers/ 2013年5月30日閲覧。 
  27. ^ a b c d “世界最高峰のWBSC世界ソフトボール選手権大会を「ソフトボール・ワールドカップ」に改名”. WBSC. (2018年2月1日). http://www.wbsc.org/ja/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%9C%80%E9%AB%98%E5%B3%B0%E3%81%AEwbsc%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E3%82%92%E3%80%8C/ 2018年2月6日閲覧。 
  28. ^ “Our Members”. World Baseball Softball Confederation. http://www.wbsc.co/members.html 2014年4月21日閲覧。 

関連項目[編集]