世界1のSHOWタイム〜ギャラを決めるのはアナタ〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
世界1のSHOWタイム
〜ギャラを決めるのはアナタ〜
ジャンル 特別番組 / バラエティ番組
企画 髙橋利之
演出 髙橋利之(総合演出)
川邊昭宏
出演者 下記参照
製作
プロデューサー 岩下英恵
田中宏史(CP)
制作 日本テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
第1弾
出演者 島田紳助
檀れい
放送期間 2010年2月1日
放送時間 21:00 - 23:18
放送分 138分
第2弾
出演者 島田紳助
黒木瞳
放送期間 2010年10月3日
放送時間 19:00 - 21:54
放送分 174分
第3弾
出演者 島田紳助
冨永愛
放送期間 2011年4月3日
放送時間 19:00 - 21:54
放送分 174分
第4弾
出演者 松本潤
長谷川潤
羽鳥慎一
放送期間 2011年10月9日
放送時間 19:00 - 21:54
放送分 174分
第5弾
出演者 松本潤(嵐)
黒木瞳
羽鳥慎一
放送期間 2012年1月2日
放送時間 18:30 - 22:48
放送分 258分
第6弾
出演者 松本潤(嵐)
木村多江
羽鳥慎一
放送期間 2012年9月29日
放送時間 19:00 - 21:54
放送分 174分
第7弾
出演者 松本潤(嵐)
真矢みき
羽鳥慎一
放送期間 2013年1月2日
放送時間 18:30 - 23:18
※22:07 - 22:10はローカル枠のため一時中断。
放送分 285分
第8弾
出演者 松本潤(嵐)
羽鳥慎一
水卜麻美(日本テレビアナウンサー)
放送期間 2014年6月23日
放送時間 21:00 - 22:54
放送分 114分

世界1のSHOWタイム〜ギャラを決めるのはアナタ〜』(せかいいちのショータイム ギャラをきめるのはアナタ)は、日本テレビ系列2010年から2014年まで番組改編期に放送されたバラエティー特別番組

概要[編集]

  • 日本と世界の各地から一流のパフォーマーが集まり、自慢のパフォーマンスを披露する。
    • 中には当日のゲストが即興で漫談等を披露することがあり、第1回は磯野貴理(現:磯野貴理子)が漫談を、第2回はデンジャラスがショートコントを披露した。
  • バイヤーである会場の300人の観客とVIPゲストがそれぞれのパフォーマンスに対して値段を付け、合計金額がパフォーマーのギャランティーとなる。
    • 評価額は1組のパフォーマーに対して観客は0円 - 9900円(100円刻み)。VIPゲストは上限なしとされているが、実際は金額を入力する機械の関係上99万円までである(第3回で判明)。
    • バイヤーはそれぞれのパフォーマンスに付けた金額の合計を収録後にキャッシュで支払う。
    • これまでの最高額は第5回のHIDEBOW率いるスーパーリブレイズで231万9500円、最低額は第1回の磯野貴理で2万1800円である[1]
    • 高校生以下のみで構成される個人・団体の場合は「ギャラ」とは呼ばず、活動費名義(楽器代、交通費など)で支払われる。
  • 第3回までのメイン司会だった島田紳助2011年8月23日に芸能界を引退したため、第4回以降は松本潤)がメイン司会を務めている。

放送日・司会・会場・視聴率[編集]

回数 放送日時 メイン司会 司会 視聴率
第1回 2010年2月1日21:00 - 23:18 島田紳助 檀れい - 19.5%
第2回 2010年10月3日19:00 - 21:54 黒木瞳 18.0%
第3回 2011年4月3日19:00 - 21:54 冨永愛 19.3%
第4回 2011年10月9日19:00 - 21:54 松本潤 長谷川潤 羽鳥慎一 15.4%
第5回 2012年1月2日18:30 - 22:48 黒木瞳 第1部:11.3%
第2部:14.8%
第6回 2012年9月29日19:00 - 21:54 木村多江 10.7%
第7回 2013年1月2日18:30 - 23:18[2] 真矢みき 第1部:7.6%
第2部:7.4%
第3部:8.0%
第8回 2014年6月23日21:00 - 22:54[3] 水卜麻美 10.2%

スタッフ[編集]

第8回
  • 企画・総合演出:高橋利之
  • ナレーター:山寺宏一服部伴蔵門
  • 構成:山名宏和
  • TM:江村多加司
  • TD:三沢津代志
  • SW:鎌倉和由
  • カメラ:大庭茂嗣
  • MIX:清水新太郎
  • VE:小峰祐司
  • 技術協力:NiTRo、東京音研、イエローフラッグ、レントアクト昭特
  • 照明:谷田部恵美、掛橋司
  • 編集:生田目隼、高橋毅
  • MA:番匠康雄
  • 音効:加藤つよし(第1 - 5,8回)、須佐崇志
  • 美術:稲本浩
  • デザイン:栗原純二
  • モニター:小内一豊
  • TK:矢島由紀子
  • デスク:宮城知代
  • リサーチ:パンドラ(犬山智香子、川原奈名子、土屋朋子)、ジーワン(伊藤匡)
  • 運営:光岡裕子、後藤範之、脇阪真琴、森田佳苗、植原佳世子
  • 演出補:山田明子、井田美由紀、齋藤健太、冷水真知子、神林直人、山本雄也、鈴木遼太、高見澤弘樹
  • AP:本橋亜土(第7回はディレクター、第8回はAP)
  • 協力:ジャニーズ事務所(第4回から)
  • ディレクター:道下貴之、岩本智也、黒石岳志(黒石→第1回は演出補)、杉本泰規、廣田健介、井上圭、大原正也
  • チーフディレクター:川端鉄也、市川隆(市川→第7回はディレクター、第8回はチーフディレクター)
  • 演出:川邊昭宏(第2回はプロデューサー、第8回は演出)
  • プロデューサー:岩下英恵/八木田祐子(八木田→第2,8回)、黒川こず枝(黒川→第2 - 7回はAP、第8回はプロデューサー)
  • チーフプロデューサー:田中宏史(第8回から)
  • 制作協力:いまじん創輝、アガサス
  • 製作著作:日本テレビ

過去のスタッフ[編集]

  • チーフプロデューサー:松岡至(第5回まで)、菅賢治(第6,7回)
  • プロデューサー:滝澤真一郎(第5回まで)/高松明央、和田隆、小島俊一(小島→第1回)、名田雅哉、中村久美
  • 演出:川本賢一郎(第7回)
  • ディレクター:藤森真実(第2回まで)、中山準士、佐谷直子(第5回まで)、森田篤(第6回)、市川隆、青柳剛、飯高昌宏
  • AP:中田容子(第1回)、成子美里(第2 - 7回)
  • 演出補:市野貴也(第1回)、古田嶋洋平(第1回)、小野喬、安孝貞、吉岡あゆみ、海東亜弥、服部舞(第2回まで)、余語風香、小野喬、阿部ひとみ、渡邊勇介、橋本耕(阿部〜橋本→第7回)
  • 編成:鯉渕友康(第2回まで)、稲垣眞一(第5回まで)、鬼頭直孝(第6回)、横田崇、吉無田剛(横田・吉無田→第7回)
  • 運営:根本浩史、大倉康介(第2回まで)
  • 構成:桜井慎一(第7回まで)、金森直哉、藤澤雅孔(金森・藤澤→第1回のみ)
  • リサーチ:パンドラ(羽柴千晶→第2回まで)、ジーワン(谷田彰吾、小泉暁→第2回まで、梶塚兼利→第7回)
  • SW:米田博之
  • カメラ:日向野崇
  • MIX:今村公威(第1回)
  • VE:田口徹(第1回)、高橋一徳(第2回)、杉本裕治(第5回まで)、山下幸男(第6回)、財津英司(第7回)
  • 照明:内藤晋(第6回まで)
  • 編集:安井純治(第2回まで)、亮木雄太(第6回)、針谷大吾(第7回)
  • MA:丸山輝幸(第1回)、佐渡吉志広(第5回まで)、村松勝弘(第6,7回)
  • 音効:高田智彰(第6,7回)
  • 美術:林健一(第7回まで)
  • デザイン:星野充紀(第7回まで)
  • マルチ:ミジェット(第7回まで)
  • 広報:永井晶子(第1 - 5回,7回)、友定紘子(第6回)
  • デスク:小池智子(第5回まで)
  • 演出補:大場嵩之、太田昌伸、金光豪、鈴木亜那乃、扇畑亘、岡本匡平(第5回まで)、藤田大樹、森琢磨(第6回)
  • 制作進行:冨永祐一(第7回から)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ここには、エキシビション参加や学校の決まりのためにノーギャラと決まっていた出演者は含めない。
  2. ^ 22:07 - 22:10はローカル枠(日本テレビでは『心に刻む風景』を枠縮小して放送)のため一時中断。
  3. ^ 日本テレビでは20:54 - 21:00に予告番組が放送される。