丘珠神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
丘珠神社
Okadama Shrine.JPG
所在地 北海道札幌市東区丘珠町183番地4
位置 北緯43度6分26.8秒
東経141度23分24.5秒
主祭神 天照大神
社格 村社
創建 1882年(明治15年)9月16日
本殿の様式 神明造
例祭 9月15日
テンプレートを表示

丘珠神社(おかだまじんじゃ)は、北海道札幌市東区丘珠町183番地4にある神社である。旧社格は村社。

祭神は天照大神(あまてらすおおかみ)。

歴史[編集]

  • 1870年(明治3年) – このころ、入植者たちによって敬神伊勢講が行われていた[1]
  • 1882年(明治15年)9月16日 – 祠が建立される[2]
  • 1892年(明治25年)10月28日 – 公認される[1]。 
  • 1911年(明治44年)7月22日 – 丘珠村14番地から現在地に移転[1]
  • 1912年(明治45年) – 社殿を改築[1]
  • 1928年(昭和3年)1月 – 村社となる[2]
  • 1945年(昭和20年) – 当時、札幌飛行場関連の兵士の一部は空襲を避けるため分宿しており、当社の社務所は通信隊員の宿舎となっていた。7月15日のアメリカ軍機による空爆の際は、神社そばの民家が流れ弾を受け死傷者を出している[3]
  • 1953年(昭和28年)3月 – 宗教法人となる[2]
  • 1968年(昭和43年) – 社殿を改築[2]

[編集]

征露凱旋記念碑
1906年(明治39年)建立[4]
いつしか「征」の字が消されている。
丘珠開基百二十年記念之碑
1990年(平成2年)建立[4]

丘珠獅子舞[編集]

富山県東礪波郡福野町安居(やつすい)に由来するといわれる獅子舞。当地で初めて行われたのは、丘珠神社が公認された1892年(明治25年)ころとされる[4]

ムカデ獅子舞の一種で、獅子を8人がかりで操る。そのほかに先ぶれが3人、踊り手が3人、笛や太鼓が7人おり、総勢では20名を越える。舞は全部で12種類[4]。よく似た由来の篠路神社の獅子が雌であるのに対し、丘珠の獅子は雄といわれる[5]

1962年(昭和37年)、後継者不足のためいったん途絶えたが、1965年(昭和40年)に「丘珠獅子舞保存会」が結成され、保存と伝承が心がけられている[4]

札幌市の無形文化財第1号に選定されている[4]

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  • 『札幌の寺社』さっぽろ文庫39
  • 札幌郷土を掘る会 『写真で見る札幌の戦跡』 北海道新聞社、2010年12月28日。ISBN 978-4-89453-578-7。
  • 片岡秀郎 『札幌歴史散歩』 ヒルハーフ総合研究所、2012年7月14日。ISBN 978-4-9906400-0-2。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『札幌の寺社』
  2. ^ a b c d 丘珠神社(北海道神社庁)
  3. ^ 掘る会 2010, p. 166.
  4. ^ a b c d e f 片岡 2012, p. 207.
  5. ^ 片岡 2012, p. 179.