両夫婦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
両夫婦
The Rounders
The Rounders poster.jpg
監督 チャールズ・チャップリン
脚本 チャールズ・チャップリン
製作 マック・セネット
出演者 チャールズ・チャップリン
ロスコー・アーバックル
フィリス・アレン
ミンタ・ダーフィ
アル・セント・ジョン
撮影 フランク・D・ウィリアムズ
配給 キーストン・フィルム・カンパニー
公開 1914年9月7日
上映時間 16分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示

両夫婦』(The Rounders) は、1914年公開の短編サイレント映画キーストン社による製作で、主演・監督はチャールズ・チャップリン。1971年に映画研究家ウノ・アスプランドが制定したチャップリンのフィルモグラフィーの整理システムに基づけば、チャップリンの映画出演26作目にあたる[1][注釈 1]

あらすじ[編集]

チャーリーとファッティ、2人の酔客は同じホテルに宿泊している。片方は妻にぶたれ、もう片方は妻をぶっていた。2人は妻の持つ金を失敬してレストランに繰り出し陽気に騒ぐが、トラブルを起こしてレストランや妻から怒られ逃げ出す。2人は湖に向かい、ボートに乗って真ん中まで行ったところでボートを沈める[2][3]

評価[編集]

チャップリンはフレッド・カーノー英語版劇団時代に演じて以来十八番の酔っぱらい役を演じているが、チャップリンの伝記を著した映画史家のデイヴィッド・ロビンソン英語版はこの作品における酔っぱらいは従来のものとは一線を画し、最終的に『街の灯』(1931年)で完成される新しいタイプの酔っぱらい役であると評している[4]

キャスト[編集]

  • チャールズ・チャップリン:陽気な男
  • ロスコー・アーバックル:陽気な男の友人
  • フィリス・アレン:陽気な男の妻
  • ミンタ・ダーフィ:友人の妻
  • アル・セント・ジョン英語版:ボーイ
  • ジェス・ダンディ:食事客
  • ウォレス・マクドナルド英語版:食事客
  • チャーリー・チェイス (コメディアン)英語版:食事客

etc

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1914年製作、2010年発見の『泥棒を捕まえる人』を除く

出典[編集]

  1. ^ #大野 (2007) p.252
  2. ^ #Imdb
  3. ^ 26. The Rounders (1914)” (英語). BFI Homepage - Chaplin Home. 英国映画協会. 2013年5月6日閲覧。
  4. ^ #ロビンソン (上) pp.166-167

参考文献[編集]

  • チャールズ・チャップリン『チャップリン自伝』中野好夫(訳)、新潮社、1966年。ISBN 4-10-505001-X。
  • デイヴィッド・ロビンソン『チャップリン』上、宮本高晴、高田恵子(訳)、文藝春秋、1993年。ISBN 4-16-347430-7。
  • デイヴィッド・ロビンソン『チャップリン』下、宮本高晴、高田恵子(訳)、文藝春秋、1993年。ISBN 4-16-347440-4。
  • 大野裕之『チャップリン再入門』日本放送出版協会、2005年。ISBN 4-14-088141-0。
  • 大野裕之『チャップリン・未公開NGフィルムの全貌』日本放送出版協会、2007年。ISBN 978-4-14-081183-2。