両極譚2017

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
両極譚~RYOGOKUTAN~2017
公式大会曲  
情報
主催 大日本プロレス
開催日 2017年7月17日
(2017年7月17日放送)
観客数 3,179人
会場 両国国技館
都市 東京都墨田区
年表

両極譚2016 両極譚~RYOGOKUTAN~2017 両極譚2018

両極譚20172017年7月17日海の日に両国国技館で行われた3回目の両極譚である。

試合形式[編集]

  • 第1試合が15分一本勝負、第2試合と第3試合は20分、他はすべて30分一本勝負である。
  • 引き分けの場合は規定により王者の防衛成功となる。

結果[編集]

オープニングマッチ ~関札晧太・復帰戦~


関根龍一〇
吉野達彦
7分37秒
アスリート・ジャーマンスープレックスホールド
関札皓太●
青木優也

第2試合 スペシャル6人タッグマッチ


グリーンボーイ・ダンディ小鹿〇
ツトムオースギ
ヘラクレス千賀
7分55秒
スモールパッケージホールド
ケンドー・カシン
バラモンシュウ
バラモンケイ●

第3試合 スペシャルタッグマッチ


船木誠勝〇
菊田一美
11分7秒
ハイブリッドブラスター→体固め
宇藤純久
野村卓矢●

第4試合 鉄檻&K・M・G・T[1]デスマッチ


宮本裕向〇
木髙イサミ
14分6秒
ファイアーサンダー→片エビ固め
塚本拓海
佐久田俊行●

第5試合 初代BJW認定ジュニアヘビー級王座決定戦


忍〇 13分18秒
S.E.Xボンバー→片エビ固め
橋本和樹●

忍が初代王者となる

第6試合 コンクリートブロック全面タッグデスマッチ


“黒天使”沼澤邪鬼
竹田誠志〇
12分12秒
コンクリートブロック上へのリバースUクラッシュ→片エビ固め
藤田ミノル
星野勘九郎●

第7試合 横浜ショッピングストリート6人タッグ選手権試合


<第10代王者組>
浜亮太〇 中之上靖文 将軍岡本
16分16秒
幕下インパクト→体固め
<挑戦者組>
佐藤耕平 橋本大地 神谷英慶●

初防衛に成功

第8試合 BJW認定世界ストロングヘビー級選手権試合


<第10代王者>
鈴木秀樹〇
13分55秒
スリーパーホールド→レフリーストップ
<挑戦者>
河上隆一●

3度目の防衛に成功

セミファイナル BJW認定タッグ選手権試合


<第43代王者組>
関本大介
岡林裕二●
21分9秒
ダイビング・バカチンガーエルボードロップ→体固め
<挑戦者組>
アブドーラ・小林○
伊東竜二

5回目の防衛に失敗 小林・伊東組が第44代王者となる

メインイベント BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合 両国決戦“熱血漢”漢の生き様・血みどろデスマッチ


<第35代王者>
高橋匡哉○
23分42秒
五寸釘ボードへのジャックハマー→体固め
<挑戦者>
植木嵩行●

2度目の防衛に成功

初代BJW認定ジュニアヘビー級王座リーグ戦[編集]

  • 5月25日から6月28日まで行われた。
  • 上位2選手が決定戦に進む。
  • 同勝ち点の場合は対戦成績による。
  • 勝ち点: 勝利2、引き分け1、負け0
試合数 引分 勝点 備考
橋本和樹 (C) 5 4 1 0 8 決定戦へ
5 3 2 0 6
吉野達彦 5 3 2 0 6
佐久田俊行 5 2 3 0 4
野村卓矢 5 2 3 0 4
青木優也 5 1 4 0 2

出典[編集]

  1. ^ キロメガギガテラの頭文字である。それぞれ、佐久田選手が持ってきたキロ芝刈り機塚本選手が持って来たメガ・ハマーイサミ選手が持ってきたメガ・ラダー宮本選手が持ってきたテラ・テーブルのことである