両津港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
両津港
Ryotsu Port.JPG
カーフェリー「おおさど丸」から見た両津港
所在地
日本の旗 日本
所在地 新潟県佐渡市
詳細
種類 重要港湾

両津港(りょうつこう)は、新潟県佐渡市佐渡島)にある港湾。港湾管理者は新潟県。佐渡島では小木港と並んで港湾法上の重要港湾に指定されている。また、両津港は港則法上の特定港に指定されている。

カーフェリー「おおさど丸」とジェットフォイル「すいせい」(写真は新潟港信濃川河口部)
両津港ターミナルビル

概要[編集]

佐渡島東岸の両津湾加茂湖を隔てる砂州上に位置し、新潟港から就航する佐渡汽船が入港する。島内各地へ到るバス・道路が連絡するため、佐渡島の表玄関として機能している。新潟港から伸びる国道350号海上国道区間の終点でもある。

港一帯はみなとオアシスとして登録されていて、道の駅あいぽーと佐渡を代表施設とするみなとオアシス佐渡両津として地域住民や観光客とのふれあいの場、海洋レクリエーション交流拠点となっている。

なお、空の玄関である佐渡空港とは、加茂湖をはさんで約5.5km(道路距離)離れている。

歴史[編集]

古くから漁港となっていた北側のと南側の、この2つの港を合わせて「両津」という地名になった[1][2]

江戸時代には相川金銀山の隆盛に連れて物資の出入りが盛んになり、西廻り航路の船も往来したほか、加茂湖を埋め立てて築地町を作る形で街が拡大していった[1][2]

1868年(明治元年)11月19日に新潟港が開港五港に指定されたのに伴い夷港が新潟港の補助港となり、1885年(明治18年)同港との間に定期船就航、1886年(明治19年)相川 - 両津間県道開設と整備が進められ、それまで佐渡の主要な玄関口となっていた小木港に代わって当港が主要な玄関口として発展した[3][4][5]。やがて新潟県内第一の水産物水揚げ港に発展する。

両津橋付近を走る国道350号

夷・湊の両町の間には1902年(明治35年)に加茂湖の洪水対策のための水路が開削された[6]。夷は1928年(昭和3年)の大火でまち並みの殆どが焼失した[2]が、夷本町通りの商店街には片持ち式アーケードが架けられ、出桁造りの町家建築が立ち並んでいる[6]

旅客航路[編集]

施設[編集]

バス連絡[編集]

  • 新潟交通佐渡「両津港佐渡汽船」バス停 ※着船時に接続する路線のみ掲載。このほか、「学生車」が乗り入れる[7]
    • 1 本線(佐和田バスステーション・相川佐渡金山方面)
    • 2 南線(畑野・佐和田バスステーション方面)
    • 3 東海岸線(水津・多田方面)
    • 4 内海府線(大野亀方面)

両津港周辺[編集]

新潟交通クハ45(2007年4月)

周辺は両津地区(旧両津市)の市街地となっており、北側は夷、南側は湊のまちが広がる。

  • 佐渡東警察署
  • 佐渡市役所 両津支所(旧・両津市役所)
  • 両津郵便局
  • 新潟交通クハ45形電車が保存されていたが、2009年9月ごろに解体された。保存当時は加茂湖遊覧航路の待合室として使われていたが、同航路の廃止に伴い閉鎖された。
  • みなと中央公園(おんでこドーム)

観光[編集]

背後には加茂湖が広がり、水面をはさんで佐渡最高峰の金北山(標高1,171.9m)を望むことができる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 県管理漁港について:両津漁港”. 新潟県農林水産部 漁港課. 2019年9月24日閲覧。
  2. ^ a b c 情報誌「シマイル」 第2号 特集:地域のにぎわいを楽しさに変えて発信 笑顔が広がる両津湊 p.2 - 佐渡市(2020年5月10日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  3. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ). “両津” (日本語). コトバンク. 2020年7月11日閲覧。
  4. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “両津” (日本語). コトバンク. 2020年7月11日閲覧。
  5. ^ 佐渡市歴史文化基本構想 pp.38-40 第3章 3-1 歴史的変遷”. 佐渡市 (2011年3月). 2020年10月8日閲覧。
  6. ^ a b 佐渡市歴史文化基本構想 pp.58-60 第3章 3-2 (2) 集落・都市”. 佐渡市 (2011年3月). 2020年10月8日閲覧。
  7. ^ 路線バス時刻表”. 新潟交通佐渡. 2019年9月24日閲覧。

関連項目[編集]