中ノ沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 北海道 > 札幌市 > 南区 > 中ノ沢
中ノ沢
中ノ沢の位置(札幌市内)
中ノ沢
中ノ沢
中ノ沢の位置
座標: 北緯42度59分45.21秒 東経141度19分0.15秒 / 北緯42.9958917度 東経141.3167083度 / 42.9958917; 141.3167083
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Hokkaido Prefecture.svg 北海道
市町村 Flag of Sapporo, Hokkaido.svg 札幌市
行政区 南区
人口 (2017年(平成29年)1月1日現在[1])
 - 計 3,432人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 005-0831
市外局番 011[2]
ナンバープレート 札幌

中ノ沢(なかのさわ)は北海道札幌市南区の地名。条は設定されず、1丁目から7丁目までが置かれている。

地理[編集]

川沿南沢北ノ沢硬石山とともに藻岩地区を構成する。藻岩地区の北西部に位置し、豊平川支流の中の沢川流域の坂の多い場所にある。川沿地区より一段高い丘陵地帯となっており、南沢と山つづきになっている。中ノ沢川の上流には八垂別の滝がある。

住所[編集]

町丁 郵便番号
中ノ沢1丁目~7丁目 005-0831
中ノ沢○番地

歴史[編集]

1941年札幌市に編入された際五号の沢から中ノ沢(なかのさわ)に改称された。 1980年代後半までは農業・畜産業が盛んで、住宅も殆どなく、バスの本数も1日3往復程度であったが、1990年に南沢地区とを結ぶ道路が開通したのをきっかけに急速に宅地開発が進み、住居表示も行われた。「中沢」と表記されることも多い。

沿革[編集]

交通[編集]

施設[編集]

  • 中の沢団地
  • 本行寺
  • 中ノ沢神社

参考文献[編集]

  • 『さっぽろ藻岩郷土史』‐1982年・藻岩開基110年記念事業協賛会
  • 『郷土誌もいわ』‐1971年、1981年、1991年、2001年、札幌市立藻岩小学校

脚注[編集]

  1. ^ 札幌市 (2017年3月15日). “人口統計” (日本語). 札幌市. 2017年3月20日閲覧。
  2. ^ 総務省総合通信基盤局電気通信事業部電気通信技術システム課番号企画室 (2014年4月3日). “市外局番の一覧 (PDF)” (日本語). 総務省. p. 1. 2016年5月4日閲覧。