中・四国フェリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中・四国フェリー(ちゅう・しこく-)は、かつて竹原波方間自動車航送船組合によって運航されていたフェリー。

概要[編集]

1963年竹原市波方町[1]大三島町[1]が一部事務組合竹原波方間自動車航送船組合を設立して運航を開始した。2000年宮浦港への寄港廃止により大三島町が脱退、2009年の航路廃止に伴って組合も解散した。組合管理者には竹原市長が設立以来就任していた。

運航開始以来、多くの利用があり1996年度には自動車の利用台数が約22万台に達したが、1999年しまなみ海道が開通し利用者・利用台数が減少、2008年度には7万5千台まで激減した[2]。しまなみ海道開通後は営業収支が赤字基調となり、1998年度には約41億円あった積立金が2007年度には約16億円まで激減[3]、基金の取り崩しや職員削減といったコスト削減などで航路の維持を進めたが、2008年前半の原油高、高速道路の大幅値下げなどの影響を受け、2009年4月末をもって廃止になった[4]。廃止により波方港に寄港する旅客航路は消滅した。

沿革[編集]

  • 1963年 - 竹原市・波方町・大三島町が竹原波方間自動車航送船組合設立し運航開始。
  • 2000年 - 大三島町が組合から脱退。
  • 2009年 - 運航終了。竹原波方間自動車航送船組合も解散。

航路[編集]

1日12往復運航され、波方・竹原間を約70分で結んでいた。以前は、今治市大三島町宮浦港にも寄港していた。

船舶[編集]

  • 三島
  • 安芸 (初代)
  • 伊予 (初代)
  • 芸予 (初代)
  • 安芸 (2代)
  • 伊予 (2代)
  • 芸予 (2代)
699総トン、全長59.54メートル、2基2軸

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b いずれも市町村合併により現在は今治市
  2. ^ 『朝日新聞』2009年4月30日朝刊
  3. ^ 『朝日新聞』2009年5月1日朝刊
  4. ^ “中・四国フェリーが最終運航”. 47NEWS. (2009年5月1日). http://www.47news.jp/localnews/hiroshima/2009/05/post_20090501120238.html 2011年11月19日閲覧。