中世都市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

中世都市(ちゅうせいとし)とは、都市の形態を意味する言葉である。これは西欧中世において成立し繁栄した都市であり、城砦教会が起源となっているようなもののことをいう。中世都市には、城壁、教会、市場、広場といった共通の外観が見られる。特に11世紀13世紀のヨーロッパ北西部や北イタリアで発達[1]ロドスの中世都市トルンのように世界遺産となってる中世都市が存在する。

脚注[編集]